《雑貨店看板ねこ》軽井沢に暮らす悠々自適なねこたち

  • 更新日

ねこ

《軽井沢のねこ》

豊かな自然の中で暮らすねこたち

  ◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆   避暑地として、夏には観光客でいっぱいになる軽井沢。 近頃は夏だけでなく、通年通して人気なイメージもあります。 海外の方も増えていますよね。   自然いっぱいで、買い物もできてゆっくり過ごせる軽井沢に住む のんびりねこさんたちをピックアップ!  

小さな雑貨店のアンティーク窓からひょこっと覗くルツ店長


    こちらは『Day’s +』という水野幸子さんが営む雑貨店。 フランスやイギリスのアンティークの紙製品から、 オリジナル商品、お気に入り作家によるハンドメイド雑貨が販売されています。   そんな素敵なお店の看板ねこがルツ店長。 もとは国道に横たわっていたところを水野さんの知人の方が拾い、 水野さんが引き取りました。   「哀れみ深い友」という意味のヘブライ語からつけられた”ルツ店長”。 避妊手術を終え、落ち着いてから店頭に出たとのことですが 久々の店頭にドキドキしながらもハーネスが届くギリギリの窓のところに立ち 外にいる鳥や木々を眺めているそうです。    

古雑貨あーるのソファに座るココロちゃん


    カラフルでどこか懐かしい昭和レトロな雑貨が並ぶ「古雑貨あーる」。 風格あるクラシックなソファに座っているのはココロちゃん。   店主の柳澤さんが山梨へ向かっている途中で発見した 里親募集の張り紙のココロちゃんに一目惚れしたのがきっかけ。   ココロちゃんとの同居生活が始まる頃、 愛犬のラクちゃんも一緒に過ごしていたそうですが、 ラクちゃんが13歳で息を引き取りました。 突然の出来事にショックで落ち込む柳澤さんを慰めるかのように 急に甘えてきたというココロちゃん。   名前のとおり、ココロの込もった素敵なねこちゃんですね。  
  自然のなかのびのび・悠々自適に暮らし、 観光客にも優しく接するねこたちでした。   いろんなねこちゃんのエピソードや、性格・趣味など 読んでいるとみんなちがって面白いですね。 全8匹の軽井沢のねこたちを本誌でご覧ください♪ ]]>