《NYが生む偶然でない偶然》ニューヨーク拠点の写真家が公開する作品

  • 更新日

ニューズウィーク日本版

《NYが生む偶然でない偶然》

ニューヨーク拠点の写真家が公開する作品

  ◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆   写真家のジョナサン・ヒグビー氏は、ニューヨークを拠点とし、 ストリート写真のほかに、ファイン・アート、商業写真の分野でも活躍しています。 インスタグラムでも彼の作品は公開されており、たくさんのファンがいます。 彼の写真の魅力は『偶然でない偶然』にあるといいます。     世界屈指の大都市で撮影する写真はどんな瞬間に撮ってもそれっぽくなりそうですが 彼は「偶然の一枚」を手にするために時に4ヶ月も費やしたといいます。   「誰のアドバイスだったか、決定的な瞬間を捉えたと思って、そこに何度も通いシャッターを切れという。その教えを守ったら、ウォール街でお気に入りの一枚が撮れた」   住み始めた頃は、どこを見ても目に入る広告に大量消費社会への抵抗を覚えたけれど 撮影を通じてそんな側面を持つニューヨークを楽しむようになったそうです。  
ニューヨーク以外でこんな作品は作れない 商業主義と資本主義と 24時間そこを行き交う人々 それらが重なり合ってこそ 可能になる物語だ
総制作期間は5年。 ジョナサンの最新写真集「COINCIDENCES: New York by Chance」は 2019年11月5日に発売されています。 記事の有効期限: 2020年5月13日 Wednesday]]>