《SHOCK シリーズ20周年》堂本光一がEndlessに駆け抜けた20年

  • 更新日

週刊朝日

《SHOCK シリーズ20周年》

堂本光一がEndlessに駆け抜けた20年

  KinKi Kidsの堂本光一さんが主演を演じるSHOCKは 「日本一チケットの取れない舞台」と言われるほどの人気舞台。 総動員数300万人超、全公演即日完売を続ける作品で 歌やダンス、フライングのほか、22段にも及ぶ”大階段落ち”などを盛り込むミュージカルです。   2000年に「MILLENNIUM SHOCK」として帝国劇場で 初演(作・構成・演出:ジャニー喜多川)、 05年以降は「Endless SHOCK」として内容を一新し 堂本さんは主演を務めるだけではなく、脚本や演出、音楽など 制作の指揮もとっています。     公演を始めた頃は21歳だった堂本さんは40歳を超え、 今も身体を張った演技でその作品を守り続けています。 今年は帝国劇場で上演されていた公演は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため 中止に追い込まれました。   「SHOCKの持つテーマ Show must go on の真髄は 一度立ち止まってしまったとしても しっかり足元を見つめ また走り出すために今なにをやるべきか…まさに今こそ その時だと自分は思っています」(公式SNS 原文まま)   20年も続いているからこそ、中止という事実に落ちこむファンもたくさんいるかと思いますが 来年、再来年とまた公演を目の当たりにできる日が楽しみですね。   今年のゲネプロ時の写真はこちらからご覧いただけます。 ]]>