「ナポレオンちゃん、偉いわね~!」高橋一生×ヤマザキマリのルーヴル美術館

  • 更新日

エル・ジャポン(ELLE JAPON)

「おっぱい吸わしてくれないんだったら、もういいっ!」

  入場者数は世界最多!なんと年間800万人! 2034年までに5回の開催が予定されている一大プロジェクト 【ルーブル美術館展】が六本木・国立新美術館で開幕しました!   誰もが一度は聞いたこと(いったことも?)はあるルーヴル美術館は フランスの世界遺産セーヌ川右岸に位置し、 ダヴィンチの「モナ・リザ」、ミロの「ヴィーナス」をはじめとする 名作・美術品がなんと38万点以上も所蔵されています。 歴史はヨーロッパでもっとも古く、世界最大級。 そんなルーヴル美術館が、なんと日本に出張にきています!!   この大がかりなルーヴル美術館展、 オフィシャルサポーターを務めるのはあの高橋一生さん! そして対談相手はあのローマ風呂マンガでおなじみ、 しゃべりも面白いテルマエロマエ作者、ヤマザキマリさん!   どちらもアートに造詣が深いというこの二人… ナポレオンに焦点を当てた今回の美術展でも 見る部分がやっぱりちょっと変わってていいですね… (このインタビュー読んだらルーヴル美術館展、  ちょっと行きたくなっちゃいました…)   JALでパリのルーヴル美術館へに行こうとすると だいたい¥170’000と12時間以上かかるけど、 国立新美術館なら¥1600!  

彼が死んだとき、画家たちは盛り上がったでしょうね。笑

 ]]>