ねこたちのゴキゲンな部屋づくり《インテリアショップで働く店員さんの自宅》

  • 更新日

ねこ

ねこたちのゴキゲンな部屋づくり

《インテリアショップで働く店員さんの自宅》

  #ねこ と一緒に暮らしていると、ねこにとっていい家作りはどんなものだろう?とか ねこが好きな家ってどんなものだろう?とついつい考えますよね。   今回、雑誌「ねこ」では『ねこと #インテリア 』について特集! その中でもインテリアショップのスタッフさんのご自宅! インテリアも、ねこの主人としてもプロの方の家の中は気になります。     東京・表参道にある『H・P・DECO』のスタッフ、 園部志帆さんのご自宅には2匹のねこが暮らしています。 甘えん坊なねこたちが最もゴキゲンになれるのは 園部さんが「秘密基地」だと話すご自宅でともに過ごす時間でした。  
  鼻のホクロが特徴の、白黒色のぱっちくんはちょっぴり神経質。 布や網戸に飛びつくアクティブな一面もあります。   穏やかな性格で人にも慣れているという茶トラのゆずちゃん。 園部さんが仕事から帰ってくると一目散に駆けつけて思いっきり甘えてくるそうです。   まるで雑貨店のようにお洒落な園部さんの部屋。 レースのテーブルクロス、ワイヤーの椅子、カップや棚に飾られたアクセサリーまで どれも可愛らしくてきゅんとしますね。   園部さん同様、ねこと一緒に暮らしている私からすると レースのテーブルクロスに爪をひっかけたり、 壁のアクセサリーを落としたりしないかとドキドキしますが、 園部さんのねこちゃんたちはいい子なんだなぁと感じます。  
  ほかにもBEAMSに務めている須藤さんの保護猫と暮らしているご自宅インテリアや インテリアのSNSアプリとして有名な「RoomClip」に投稿されている ねこたちのゴキゲンな部屋が紹介されています。 こちらからご覧いただけます! ]]>