ボケ防止・生活習慣病予防に<可愛い猫>が効く!?朝イチ猫写真塾

  • 更新日

健康

猫って可愛いですよね。

その可愛さを味わいつつ、健康になれるなんて最高! 今回そんな一石二鳥の方法を教えてくれたのは、 犬猫写真家の新美敬子さんです。 海外を中心に30年以上に渡って猫の撮影を続けてきた新美さん。 海外ロケでは1日20kmは平気で歩くそう。  
猫の撮影は中腰の姿勢が多いので、 下半身の筋肉を使いますし、 カメラをしっかりかまえるには腕の筋肉も必要。 筋力低下が気になる世代におすすめの趣味なのです。
  もちろん最初は携帯のカメラでOK! 重要なのは、
上手に取ろうとしないで 日ごろから猫をよく観察し 一緒に遊ぶことを楽しむ
こと。   猫と遊ぶための道具が写真であると考えると、楽しく続けられるはずですよ。 じっくり観察していると、その行動が予測できるようになってきます。 そうなればこっちのもの! お気に入りの瞬間をばっちり捉えていきましょう!  

≪撮った写真は猫と遊んだ記録です≫

写真の腕が上がるにつれ、猫ちゃんとも仲良くなり、 しかも健康になるかもなんて── まさに夢のような話ですよね!  

≪猫の活動に合わせて朝活しよう≫

猫の活動時間は基本的に早朝日暮ごろ。 写真撮影にオススメなのは早朝です。 人が動き出す前の静かな時間帯は朝活にも最適! 朝日を浴びながら、ゆっくり歩きつつ猫ちゃんを激写しましょう。   ※夕方以降はフレッシュ撮影にご注意ください。 猫の目を傷つけてしまうかもしれません。    

≪冬場、早朝でも猫の姿が見つからなくなったら≫

狙い目は日当たりの良好な場所です。 猫は日なたぼっこが大好き! 日光に照らされた素敵な写真がGETできるはず。  

≪朝活・運動習慣を身につけるために≫

朝に軽い運動をすることによって脳の動きが活発になる── 生活習慣病予防やダイエットにいい── 「そんなこと分かっているけど、いつも3日坊主だ」 という(猫好きの)方にこそ試してほしい朝イチ猫写真活動宝探しをするように、カメラ片手に歩いてみれば 新たな出会いが待っているかもしれません! ]]>