津軽海峡・北の海に生きるシックな"美雁"『コクガンの生き様』

  • 更新日

BIRDER(バーダー)

津軽海峡・北の海に生きるシックな”美雁”

『コクガンの生き様』

  ◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆   コクガンはカモ科で全体的に羽衣が黒色なのが特徴の鳥です。 非繁殖期は群れで生活し、主に海藻を食べています。   北海道のコクガン越冬地といえば、道南の函館湾周辺が古くから有名だそう。 函館山を背景に見るその景色は北海道らしい魅力的な一コマです。     コクガンはひときわ表情豊かで、好物の海藻が多い採食場では まるで会話しているかのように数羽が情報交換をしています。     こちらは野村湾。 野村湾全域に繁茂しているアマモはコクガンの好物なので 野村湾にもたくさんのコクガンが訪れるそうです。     群れてぷかぷかと浮いているのがなんとも可愛らしいですね。   なかなか間近で見ることのできないコクガンを 生で見るように観察してみませんか?   記事の有効期限: 2020年1月22日 Wednesday]]>