美しき日本の青をめぐる旅【人間に見える青色のメカニズム】

  • 更新日

TRANSIT(トランジット)

美しき日本の青をめぐる旅

【人間に見える青色のメカニズム】

  TRANSIT、発刊第50号の今回は『ブルーに恋して!美しき日本の青をめぐる旅』を特集として さまざまな【青色】を取り上げています。     本誌は「そもそも色ってなに?」のところから始まります。 青を「青色だ」と判別する人間のメカニズムはどんなものなのでしょうか。   目の網膜には光の波長を感知する3種類のセンサーがあります。 それぞれ反応する波長は異なり、長波長に反応する錐体が3つあります。 錐体は明るいところで反応し、受け取った信号の組み合わせが脳に伝えられ 「この色だ」と判断するそうです。   つまり、色というのは波長に応じて「脳が作り出した現象」であり 物体や光に色があるわけではないとのこと。   この時点で「え!?物体自体には色がない?」と疑問が大きくなりました。(笑) また、人間には見える光と見えない光もあり、 この世の中は実際はさらにいろんな色や光があるようです。 不思議な上に、それを見つけた人はすごいですよね。  
    こちらの写真は、徳島で撮影された写真。   徳島県は、藍染めの原料となる蓼藍(タデアイ)の日本最大の産地。 この地に古くより伝わる県の無形文化財「阿波正藍染法」の秘密を追って 蓼藍の刈り取りや製造が行われる秋を取材しています。   染色作業で手に付着した色は、1,2日洗えば落ちるそうですが、爪の色は数週間残るそうです。  
  他にも、 ・東京空色採集 ・沖縄、ケラマンチュの青い春 ・日本伝統の青系色図鑑 ・浮世絵とジャパンブルー などなど本当に様々な視点からの【青色】を特集しています。   今まで知らなかった知識がたっぷりです。 青色好きな方はぜひこちらからご覧ください! ]]>