1週間献立「帰宅後30分で夕食!」1から考えない毎日のごはん

  • 更新日


婦人之友

1週間献立「帰宅後30分で夕食!」

1から考えない毎日のごはん

 
料理研究家の上田淳子さんは、「献立は楽しく!」を忘れずに
1週間の献立パターンを予め決めておいて帰宅後にあわてずにすむことを提案しています。
 
手がかかりすぎない調理法で、何曜日にこれを作る、ということを事前に決めておきます。
帰宅後でもさっさと作り、疲れた頭と体でも無理なく作れます。
 
今回は、簡単なのにおいしさも栄養バランスもかなう、
“魔法の献立”を特集しています。
 


1週間の献立パターン


 

 
1週間の献立をざっとまとめるとこうなります。
月・ひき肉の日
火・かんたん煮込みの日
水・包丁いらずの主菜の日
木・魚の日
金・ゆっくりごはんの日
土・家族リクエストの日
日・大皿料理を囲む日
 
月曜日は、白菜入り麻婆豆腐、わかめスープ、豆苗と豆もやしのナムル、そして白ごはん。
さっと炒めて、茹でてできる簡単メニューですね!
 
水曜は包丁要らずの主菜の日ということで、
手羽中の照り焼きカレー風味はちゃちゃっと材料を入れて焼くだけでできる楽ちん主菜。
だけどお肉で、美味しく食べれるんですよね。
 


 
栄養バランスは1食だけで考えず、1週間単位で整えるのが上田さん流。
毎日のことだからこそ、楽しく、無理なく続けていけるのがいいですね。
詳しい献立はこちらからご覧いただけます!