180センチ超えの黒人である僕がベビーシッターをして泣いた理由

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

愛をテーマにした『ニューヨーク・タイムズ』の人気コラム『モダン・ラブ』

今回は白人の男の子のベビーシッターを務めることになった黒人男性、ケヴィン・レンさんのコラムです。
小さな子どもとの日々のなか、時に泣き、時に笑い、彼が決めたこととは…?

コラムから抜粋して紹介します。

 

 


 

ベビーシッターになることを決意


僕は24歳、ニューヨークに来てしばらく経っていた。

昼は好きでもない仕事をして、夜はウェイターをして、時間を見つけては部屋で脚本を書いている。

 

金銭的にはきつい。

ジーンズもきつくなってきた。

ウェイターの業務を終えると、高カロリーの酒肴を平らげていたからだ。

 

選択肢はそれほどない。

だから堅実だと思って、ある仕事に駆けることにした。

ベビーシッターだ。

 

ハグで出迎えてくれた4歳のルーカス

 

 

僕が育ったインディアナ州、ニュー・アルバニーでの仕事のほとんどは、子どもに関わるものだった。

地元のYMCAで『子どもキャンプ』のカウンセラーとして、夏にはティーチング・アーティストとして7年間働いた。

 

貧乏なアーティストにとって、ベビーシッターは最高の仕事の一つだと誰もが言っていた。

ごっこ遊びをしたり、子どもの想像力に深入りしたり、笑いもあれば楽しみもある。

子どもが空腹になり、不機嫌になり、そして怒りだすまでの話だが。

 

ここで問題なのは、僕自身が良いベビーシッターかどうかなのではない。

身長が6フィート(約183センチ)以上ある黒人の僕に任せる人がいるのか、ということだった。

 

ルーカスの両親は僕に任せてくれた。

初日に彼らのアパートに入ると、髪を束ね、満面の笑みを浮かべた小さな4歳の白人の少年が、予期せぬハグで僕を出迎えてくれた。

 

彼の両親、ジョンとマークは50代前半で、痩せていてタトゥーがあり(一人はスリーブタトゥー)、

どちらもSOHOの美容師で(一人はカラーリング専門、一人はスタイリスト)、

彼らは1日をカットとカラーに費やし、OL、金持ちの主婦、ハリウッド俳優などの髪とエゴを撫で付け、満足させていた。

 

彼らはクールでヒップで、僕もいつか金持ちになれると思わせてくれたものだ。

 

パートナーを持とうというよりも、子どもを持とうということはいつも考えていた。

大人になってからこれまで(6年間ずっと!)、僕はずっと独り身だった。

愛する相手を探す努力もせず、マッチングアプリを使うことはあっても、

それは恋愛というよりも芸術的な協力者を見つけるためだった。

 

やれるもんなら、やってみろ

 

ルーカスとはまるで一緒に成長しているかのように感じていた。

 

パンデミックによって日常が崩れるまでの2年間、僕は毎日同じペースで彼の世話をしたものだ。

学校へのお迎えをしたら、宿題を手伝い、スナックを食べさせ、公園に連れて行き、

テコンドーをして、ディナーにお風呂、そして眠るまで。

 

いつも順調だったわけではない。

遊び場を離れようとしていた時、ルーカスが「悪魔の発作」を起こして泣き始め、僕を追いやろうとしたことがある。

人々は僕らに注目し、とりわけ、ある白人中年女性は介入してこようとしてきた。

 

僕は彼のベビーシッターであることと、慣れていることなので大丈夫だと、彼女に冷静に説明した。

しかし彼女は引き下がらない。

僕を誘拐犯か何かのように扱った。

 

そして言った。

 

「警察を呼ぶわよ」

 

彼女の脅迫、おさまらないルーカスの泣き声、集まる群衆。

この状況に僕は冷静さを失い、言い放った。

 

「やれるもんならやってみろよ」

 

みんな固まっているなか、僕はルーカスを連れてその場を離れた。涙をこらえて。

 

 

本誌では、この後また同じような状況になった際にルーカスがとった言動について述べられています。

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!