松下洸平「常にこのワンシーンで人生が変わるかもしれないと思って臨んでいた」

  • 更新日
  • 有効期限 2024.05.26

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。

 

ドラマ、映画、バラエティーにエッセイの執筆。

加えて一昨年には歌手として再デビューを果たした松下洸平さん。

 

才能の露出が多方面に広がり、注目と評価が高まる今の心境とは。

AERAでは、松下洸平さんにインタビューしています。

 

常にこのワンシーンで人生が変わるかもしれない
と思って臨んでいた

 

 

自らを表現するメディアが多方面に広がっていますが、
どんなに忙しくなっても、優しく実直な人柄にブレがない松下さん。

 

「2019年のNHK連続テレビ小説『スカーレット』に出演させていただいて以降、仕事の量が変わりましたが、最終的に僕がやることは、芝居をすること。そこはずっと同じですし、周囲のスタッフは駆け出しのころから僕を知っている人ばかりで、特別扱いされないことも、ブレずにいられる理由ですね」

 

多くの人から見られていることを意識するようになったといいます。

 

「一方で、良い意味で力の抜けた部分もいっぱいあるんですよ。今までは、ひとつひとつの現場で、それがどんなに小さな役であっても、どんなに短いシーンであっても、どこにチャンスが待っているかわからないという思いが強くて。それはそれはもう、ぐわーっと全力でやってました。常に『このワンシーンで人生が変わるかもしれない』と思って臨んでいましたから。

それが今は、もうそんなに力む必要はない。決して傲慢な意味ではなく、自分で言うのはおこがましいのですが、多少なりとも自信がついたということだと思います。

力の抜けたお芝居とは、より生身の人間に近づいていくことでもあるので、勇気がいるんですけど、ここまであってきた自分の蓄積を信じなくてはいけないなと思っています」

 

あの10年があったから

 

「バラエティーは本当に楽しませてもらっています。先日は、大ファンだったジャルジャルさんとの共演が実現しました。好きな芸人さんとのお仕事は、僕にとってご褒美みたいなもの。ゲラなのでずっと笑っていますね」

 

2008年、21歳で“洸平”名義でCDデビュー。

その後、俳優の道に進み、『スカーレット』に出るまでの約10年間を生き抜いたことが今の支えとなっているといいます。

 

「あの10年がなかったら、僕は今ここにいません。思うようにいかない時期もありましたが、この仕事を続けたいという気持ちがあったし、何よりもその先にある成功を信じていました。いつかきっと光は差す、だから、やめないようにしなきゃ、と。具体的に出たい番組や共演したい方の名前、こんな仕事がしてみたい、と口に出してきました。言霊だけでやってきたわけじゃないですけど、とても大事なことだと思っています」

 


 

本誌では松下洸平さんのインタビューの続きをお読みいただけます。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2024

 

 

期間中に新規で対象誌をご注文をいただいたお客さまから
抽選で合計350名様にプレゼントが当たります!

 

キャンペーン期間中に、I Love Magazines!2024~spring~対象誌をご注文いただくと
Amazonギフトコード、U-NEXTギフトコード、全国のカフェで使えるドリンクチケットなどが当たります!

 

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。