家電批評

《初心者も愛用者も注目!》

iPadの選び方、使い方、面白いことぜんぶ大公開!

 

 

この記事が公開された2019年9月時点で発売されている現行iPadは5機種あります。

「いろんな機種に、第○世代などもう何がなんだかわからない!」

という方のために基本的なことから、

今までiPadを使用してきてこれから買い換えたい方への玄人目線の解説まで

事細かに紹介されている今回の記事!

超超超読み応えがあります!!!

 


《iPad初心者向け》5機種もある現行iPad、まずは2つに分けて覚えて!


 

 

iPadは大きくわけて、2つになります。

それは“ホームボタンがあるか、ないか”です。

 

(1)ホームボタンあり

iPad(6世代)、iPad mini(第5世代)、iPad Air(第3世代)は

ホームボタンがあり、サイズは割と小さめ。

 

(2)ホームボタンなし

iPad Pro(11インチ)とiPad Pro(12.9インチ)はホームボタンがなく、

プロ使用で仕事や創作作業が捗るモデルです。

 

どんな用途でiPadを使いたいかで、(1)と(2)のどちらかを選ぶかが変わります。

(1)はどちらかというと写真や動画を大きく見たい、家の中で固定して音楽を流したい、

スマホよりもディスプレイを大きく使いこなしたい、といった方が向いています。

 

(2)は割と大きく、デザインやイラスト、画像編集などの創作活動向けなので

仕事用に買う方が多いです。

 

詳しい解説はこちらからどうぞ!

 


《iPad愛用者向け》”玄人感”な2画面スキル!


 

iPadを使いこなす”玄人感”を簡単に醸し出せるのが「2画面スキル」!

2つのアプリを同時に起動すれば、作業のイライラも減ります!

 

アプリを起動させた状態で、画面下部から上にスワイプし、ドックを出します。

アプリを画面端にドロップ、中央バーをスライドしサイズも変更可能です。

これを「Split View」と言います。

 

ネットを見ながら、ドキュメントアプリに入力といった使い方ができ、

応用として、「ドラッグ&ドロップ」で、

右のアプリの画像データを左のメールアプリに添付するという

PCのような操作も指先で可能になっています。

 

この機能だけでもさまざまな使い方ができるので仕事でiPadを使う人には嬉しいですね。

 


 

 

この記事内ではお伝えしきれないほど、本誌ではiPadが大特集されています!

趣味を広げたい方も、仕事に役立てたい方もぜひこちらからご覧ください。

記事の有効期限: 2020年10月2日 Friday