flick!(フリック)

《家族のiPhoneセッティング》

ファミリー共有を活かした、子どもと高齢者のための設定

 

家族でファミリー共有の設定をしている人が意外と少ないようです。

さまざまな連携を使いながら、お得なプランを利用できるファミリー共有は

家族なら必ず設定しておいた方がよいようです。

 

フリックではテクニックの枠を尽くして、

子ども用のセッティングと高齢者用のセッティングを紹介しています。

 


ファミリー共有、活用していますか?


 

 

家族で使えるファミリー共有。

これは自分で設定しないと成立しない仕組みで、キャリアのショップでも教えてくれないことです。

しかし、家族でiPhoneを含むアップルデバイスを使うなら必須の仕組みです。

 

まず、最大のメリットは、購入したアプリや音楽などを共有できるところ。

家族のうちの誰かがアプリや音楽を買えば、家族全員が使えるようになります。

 

100円程度ならまだしも、数千円の辞書アプリや高価なアプリを共有するメリットは大きいです。

また、音楽のアルバム、ビデオなども、ひとりが買えば全員が視聴できます。

 


子どものデバイスを管理する


 

買ったアプリや、音楽の通知が家族に行くのがイヤという人もいますが、

通知の設定をオフにすることができます。

また、位置情報の共有もオフにできます。

 

ファミリー共有が効果を発揮するのは、子どもができたときです。

通常、13歳未満はアップルIDを作ることはできませんが、

ファミリー共有の機能を使って保護者が管理する子どもとして登録すれば登録することができます。

 

保護者は子どもアプリ、音楽などの購入を承認制にすることができ、

利用時間帯やアプリの利用時間の限界を設定したりすることもできます。

 


らくらくホンに負けないiPhoneセッティング


 

 

フリック編集長のご両親(80歳超え)がこれまでかたくなにスマホを拒絶して

メールさえできなかったの方が突然iPhoneを手に入れたそうです。

あまりに驚いた編集長は、2台のiPhoneを宅配便で送ってもらい

フリック編集長の威信をかけて高齢者に全振りしたセッティングを考えたそうです。

 

(1)とりあえず、文字は大きく、見やすく

文字を大きく太く、拡大表示にするだけでだいぶ見やすさが増します。

 

(2)セキュリティだけはキチンと

「家に置いてあるだけだから」と言われても、高齢者でも、

というより騙されたりしやすい高齢者だからこそパスコードロックを設定。

指紋認証でログインは簡単に。

(実際にはパスコードロックをしておいて、指紋認証はiPhoneを実家に返送してから電話で指示して作業してもらったそうです)

 

(3)要らないアプリをフォルダ化しておく

不要なアプリがたくさんホーム画面に並んでいると、「わからない感」が増すので

『App Store』や『株価』『Watch』など、使わなそうなアプリをフォルダに分けて2画面以降に。

 

(4)好きな図柄を壁紙にしておく

自分だけの絵柄、自分の好きな写真が壁紙になると、恐怖感が減って親近感が増すはず。

ロック画面には絵が見られるもの、ホーム画面にはなるべくアイコンの邪魔にならない画像を。

 

(5)もちろん親のiPhoneもファミリー共有に

写真をとったりするようであればバックアップをとるために

同居している家族とiCloudを共有するなど設定ができます。

 


 

子どもの使用制限や、高齢者のための簡単な設定など

使う人によって、使い方・設定は臨機応変に変えるのが一番安全なiPhoneの使い方ですね。

本誌ではさらに詳しく、設定について解説されています。

こちらからご覧いただけます。

 

『I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021』

いまならさらにお得。はじめよう、定期購読!

ただいま、Fujisan.co.jpでは定期購読が最大で50%OFF!

割引やプレゼント付きなど、500誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

 

キャンペーン期間:2021年9月15日~2021年11月30日

 

ぜひこちらから詳しいキャンペーン内容をご覧ください!