日経トレンディ (TRENDY)

バルミューダがスマホ事業に参入!

高い価格の理由は独自開発のアプリ

 

他社と一線を画し、驚きのあるデザインや機能性を持つ家電を世に送り出してきたバルミューダ。

次なる新商品は、なんとスマートフォン!!!

 

『BALMUDA Phone』を2021年11月17日から予約開始し、26日に発売しました。

 

発表会でバルミューダの社長・寺尾玄氏は

「今のスマホはiPhoneもAndroid端末も含め画一的。選択肢がほとんどない」

と語っています。

機能が増えて便利になる反面、大きすぎてポケットにも入らないというスマホに疑問を呈しました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

BALMUDA (バルミューダ)(@balmuda)がシェアした投稿

 

そこで提案するスマホの画面サイズは4.9インチ

手になじむ曲線だけでできた筐体が特徴です。

 

しかし、プロセッサーやバッテリー容量、今どき珍しいシングルカメラなどのスペックで見ると、

SIMロックフリー版で10万4800円(税込)とは高すぎるという声があがりました。

 

価格が高い理由の一つが、『BALMUDA App』と呼ぶ独自の基本アプリ。

スケジューラー、メモ、電卓、カメラなどの機能があります。

ピンチイン・ピンチアウトで直感的に操作できるスケジューラー、

日本語の”億・千・万”表示にできる電卓など、他のスマホでは得られない使い勝手を目指しています。

 

これが一世を風靡した扇風機やトースターのように売れるかというと難しそうです。

ですが、これを皮切りに『BALMUDA Technologies』ブランドで、でデジタルの新商品を出していくそうです。

忘れ物防止タグ『Tile』も新ラインアップとなりました。

これからどんな商品が登場するか、さらに楽しみですね!

 

本誌では記事全文をお読みいただけます。