子供の科学

先端技術で楽しくて快適な食事をサポートする

『飲食店のロボット』

 

新型コロナウイルス感染症や人手不足の影響もあり、ここ1年で飲食店の様子が変わってきています。

料理を運ぶウエイター役をはじめ、ロボットたちの活躍が目立っているのです。

特に、たくさんの料理を運ぶロボットの姿は注目の的。

その他、人工知能などの先端技術を活用して、会計を自動で行える店もあります。

 

感染予防に役立つ非接触・非対面という利点の他、

より快適に食事を楽しむためにも、ロボットが活用されてきています。

今回は、飲食店で活躍する最先端ロボットを紹介します!

 


ロボットが料理を持ってきてくれる!


 

 

『焼肉きんぐ府中店』は座ったまま注文でき、

お肉以外にもデザートなどのメニュー数が多く、人気の食べ放題のお店です。

 

2021年4月から注文品を運ぶ配膳のためにロボット『Servi(サービィ)』を使い始めました。

食べ放題の楽しさは料理をたくさん注文できることですが、

店員が皿を運ぶ回数が非常に多くなってしまいます。

焼肉きんぐでは、忙しいときには1時間に30回も厨房とフロア間を往復します。

今ではロボットの配膳回数は1日257回、移動距離の合計はおおよそ8kmにもなります。

これは、ロボットを使う前は人が担っていた労働分です。

 

ロボットがお皿を運べば、店員は焼網交換をしたり、おいしいお肉の焼き方を客にアドバイスしたりできます。

 

府中店店長の永田さんはロボットと人の共存が重要だと語ります。

「どうすればお客様に最高のサービスができるか、ロボット活用を中心に考えるようになりました。手があいた人がキッチンに入って、一気に料理をつくったりもできます。どうすれば店全体が流動的になるのかを考えて使っています」

 

ロボットが通過するタイミングをうまく使って、あいた皿を下げたり、

お誕生日のお客さんに対してロボットを使ってサプライズのサービスを行うなど

いろいろな工夫をしています。

 

ロボットが配膳を運んできてくれたら、お子様も喜びそうですね!

本誌ではさらに詳しい、最先端のロボットについて紹介されています。

 

『I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021』

いまならさらにお得。はじめよう、定期購読!

ただいま、Fujisan.co.jpでは定期購読が最大で50%OFF!

割引やプレゼント付きなど、500誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

 

キャンペーン期間:2021年9月15日~2021年11月30日

 

ぜひこちらから詳しいキャンペーン内容をご覧ください!