flick!(フリック)

知らないと損するiPhone11 Proの

超便利機能《カメラ編》

 

2019年9月20日に発売されたiPhone11 Pro。

カメラが今までとは大きく変わってレンズが3つ付いているのが

話題となった機種です!

(iPhone11には2つのレンズが付いています!)

 

実際に、撮影した写真が見てみたいですよね。

flick!では、食事写真をiPhone11 Proで撮影し

レンズを使い分けて比較しています!

 

《上段:超広角の13mm》

強いバース感、遠近法による強調、

ゆがみ効果を利用したユニークな構図がメリット。

モデルもパスタもゆがんで写っているが

店内の雰囲気も込みで撮影ができます。

 

《下段左:広角の26mm》

顔のゆがみなく収めつつ、手前のパスタも印象的に強調。

顔にピントが合わせられ、パスタは少しボカされています。

これまでのiPhoneの食事写真に多い感じです。

 

《下段右:望遠の52mm》

ひずみのない絵柄、手前ボケ・後ろボケを使って

ピントを浅くし、顔などを見せたい部分に集中させる。

モデルの顔が美しく写り、パスタはボカしているので

モデル中心の写真となります。

 

この場合、広角26mmか望遠52mmがよさそうです。

 


 

他にも階段を使った奥行きのある写真と

全身写真のレンズ別比較も掲載しています!