親子で楽しむAI新時代【人類の繁栄か滅亡か】

FQ JAPAN

「Hey Siri」

「OK Google」

「アレクサ」

確実にAIは私たちの生活に組み込まれています。

SF小説の中での話だったロボットたちとの生活。

今後さらなる発展を遂げた後、待つのは人類の進化?それとも……。

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 


親子で楽しむAI新時代


「AIによって、我々は悪魔を呼び出そうとしている」

これはテスラの創設者イーロン・マスクの言葉です。

このようにAIの驚異的進化に警鐘を鳴らす人物は多く、そこには物理学者のスティーブン・ホーキンスビル・ゲイツなどの世界的リーダも含まれます。

さらにAI研究家の権威レイ・カールツワイルの仮説によれば、2045年にはAIが全人類の知能を追い越し、図りしれない社会変化をもたらすというのです。

 

本当にAIによって人類は窮地に立たされてしまうのでしょうか!?

しかし『2020年人工知能時代 僕たちの幸せな生き方』の著者・藤野貴教氏はその心配はないといいます。

 

本当に大事なのは、目の前の仕事をどう変化させるか、人間がどう進化していくか、ということだから

(藤野氏)

 

AIが進化することによって、人間の可能性がどんどん広がり、より人間らしく生きられるようになる。

そう考えると未来は希望でいっぱいという気分になってきました!

 


「AIが苦手」で見える未来の仕事


「あの人なんだかロボットみたい」

というと、どのような人を想像するでしょうか。

私は感情のない、冷静な(そして時々冷酷な)処理能力が異様に高い人を想像しました。

 

そのイメージ通り、ロボットは仕組化(構造化)されていて論理的・分析的・統計的なことが得意。

逆に、構造化されていない感性的・身体的・直感的なものが苦手です。

つまり型破りで感受性豊かでアクティブな人物は『ロボット的』ではないといえるのですね。

 

表にすると下のようになります。

 

 

■コミュニケーター

常に疑問を持ち、原理原則に立ち戻って考えることができる人物。

仮説を立てる仕事を「コミュニケーター」と定義します。

知的好奇心はAIには簡単に真似できないことです。

 

■モデレーター

人の感情を思いやれるホスピタリティが求められる仕事です。

人間は自分の想いを手ぶり身振り、声、表情で実に豊かに伝えることができますよね。

共感したり感じたことを表現したりするのが得意な人は、場を和ます人、モデレーターになることができるでしょう。

 

■イノベーター

AIと対極にあるのがイノベーターです。

既成概念にとらわれず、新しいものを生み出していく仕事。

これからの子どもたちに最も求められる能力です。

 

人間が本当にやりたいことができる?

AIによって実現される時代を生き抜こう◎

記事の有効期限: 2019年06月16日

 

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。