家電批評

iPadは強化パーツで化ける!

おすすめのデスクワーク周辺機器

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

iPadはとても便利なアイテムですが、周辺機器を使いこなすことで

さらに最強なアイテムと化すことをご存知ですか?

今回の家電批評ではiPadでの作業時に役立つ周辺機器がたくさん紹介されています!

 


iPadに一番似合うハブ

HyperDrive『iPad Pro G-in-1 USB-C Hub』


 

 

4Kクオリティの映像出力、最大5Gbpsのデータ転送など、

近年求められるハイスペックな機能が備わっています。

また、USB-C端子はPD対応のため、最高60W出力で給電が可能です。

 

ハブを使用しながら充電ができる点は

デスク上のメインマシンとして使ううえで心強い機能です。

 

実勢価格 9570円(2020年6月時点の価格)

 


書類送付もスペース最小化

PFU『ScanSnapiX100』


 

 

カバンにすっぽり入ってしまうほどコンパクトで、重量はわずか400g

専用ソフトで管理することで、書類の閲覧や編集はもちろん文字認識による

キーワード検索にも対応しています。

 

バッテリーも内蔵しており、出先で使用可能なのも嬉しいポイント!

 

実勢価格 19800円(2020年6月時点の価格)

 


卓上でも映えるベスト電源

ファーゴ『PTA606BEWD』


 

 

差込口が30度から150度の範囲で開店することであらゆるサイズの端子を受け入れます。

アダプタのサイズによっては差込口がフルに使えないという悩みを解消できます。

高い熱吸収力やホコリの侵入を防ぐフィルター、高性能のヒューズなどを搭載。

基本的な性能以外の安全面の充実もベストバイの理由の一つ!

 

お洒落な木目調で、あたたかな雰囲気がいいですね。

 

実勢価格 3020円(2020年6月時点の価格)

 


 

ベストバイで選ばれた周辺機器たちがたくさん紹介されています。

ご自身の作業内容に合わせて、カスタマイズしてみてはいかがですか?

こちらからご覧いただけます!

記事の有効期限: 2021年7月2日 Friday