MONOQLO(モノクロ)

iPad miniが仕事に最強な10の理由!《効率アップのアプリ》

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

2020年9月16日にAppleの新作発表会が行われました。

毎年注目されているiPhoneの新作は今回はなく、

Apple Watch Series 6、Apple Watch SE、iPad(第8世代)、iPad Airや

その他のサービスが発表されていました。

 

今回の記事は、昨年の9月の内容なのでiPad miniが推されています。

仕事にはiPad miniのサイズ感、手軽さがとても人気です。

しかし今年はiPadの第8世代が発売されているので、

今回は仕事を効率化する超便利なアプリを紹介します!

 


Planner for iPad

アナログ+デジタルの手帳アプリ


 

 

手書きしたほうが覚えられる、ざっくりした予定やメモを書き込めるなどの理由から

紙の手帳を手放せない人も多いはず。

しかしこのアプリならどちらも叶えられます!

 

手書きで予定を書き込めるだけでなく、

デイリーやウイークリーのカレンダーにはメモのためのスペースも用意されています。

さらに付箋やスタンプなどの「文具」ツールを使えるのも紙の手帳っぽいです。

 

デジタルとアナログの良いとこ取りをした最強の手帳アプリです!

 

『Planner for iPad』(無料:App内課金あり)

 


Jooto

タスクを入れるだけで順番をスッキリ整理!


 

 

予定していた仕事をしていたら上司に仕事を頼まれるわ、

急遽別のプロジェクトに駆り出されるわ、トラブル対応に追われるわで

頭の中がぐちゃぐちゃ……。

 

このタスク管理アプリがあれば、そんな状況と決別できるかもしれません。

タスクを書いたカードをリストに貼り付けて視覚化する「かんばん」方式を採用しています。

 

操作も直感的でわかりやすく、日時が設定されたタスクはガントチャートで進捗状況を確認できるなど、

かゆいところに手が届きます。

SlackやChatWorkなど、グループワーク用アプリと連携している点も見逃せません。

 

『Jooto』(無料:App内課金あり)

 


 

2つのアプリを紹介しましたが、もう使っている方も多いのではないでしょうか?

無料アプリはまず、使ってみてフィーリングを試せるのがいいですよね。

そして私はもう一つ愛用しているアプリ「Notability」というものがあるのですが

こちらは簡単に言えば”超最強能力ノート”で、価格は1400円します。

「有料かー!」と思って避ける方も多いかもしれませんが、

このノートは本当にすごいのでまさに”騙されたと思って”

試して欲しいとおすすめできるアプリです。

 

このアプリの詳細も本誌で細かく解説されています。

ぜひお仕事のスタイルや、iPadをどう活用しようか悩んでいる人に読んでほしいです!

こちらからご覧いただけます。

記事の有効期限: 2020年10月1日 Thursday