「般若心経がよくわかる本」雑誌内検索

「般若心経がよくわかる本」を含む記事がこの雑誌に 50件見つかりました

この雑誌で「般若心経がよくわかる本」 を含む検索結果

1.
..分de名著」ブックス般若心経』(以上、NHK出版)、『ゴータマは、いかにしてブッダとなったのか』(NHK出版新書)、『仏教は宇宙をどう見たか』(化学同人)、『科学するブッダ犀の角たち』(角川学芸出版..
2.
..ッチする教えといってよいでしょう。本書では、この原始仏教の教えの一つである『涅ね槃はん経ぎよう』について語っていきますが、最初に言葉の説明をしておきましょう。まずブッダという名称ですが、この本で..
3.
..いう名称ですが、このでは、釈しや迦かという実在した一人の人物を指します。大乗仏教の時代になると阿あ弥み陀だ様とか薬師様とかいろいろなブッダが登場するのですが、原始仏教ではまだそういったブッダ..
4.
..維持・管理していけばよいのか、その基本理念を説いたものだということが新たに見えてくるのです。,{90E86938-A1C2-4516-BAB0-7A36154948D0}13,7はじめに仏教の組..
5.
..をはじめ、数冊の翻訳が出版されているので、興味のある方は是非お読み下さい。ではまず、「お経」というものについて簡単に説明しておきましょう。ブッダは、悟りを開いてから亡くなるまでの間、各地を旅..
6.
..は大小とりまぜて五千にものぼります。このようにして生み出されたお経は、ブッダが実際に語った言葉をベースにしながらも、のちの人たちが独自の解釈や脚色を加えて作っていくわけですから、「それはブッ..
7.
..。先ほど言った、五千以上のお経の集合体ですね。このニカーヤ(阿含経)に対して、『般若心経』とか『法ほつ華け経』とか『阿弥陀経』といった、大乗仏教の中で生み出された「お経」は、区別して大乗経典..
8.
..阿含経)に対して、『般若心経』とか『法ほつ華け経』とか『阿弥陀経』といった、大乗仏教の中で生み出された「お経」は、区別して大乗経典と呼ばれます。「はじめに」で触れた新しいほうの『涅槃経』も、この大乗..
9.
..家」とは、ブッダ*『般若心経』「空」の思想を説く一連の「般若経」の精髄を、二百六十二字の簡潔な文章に凝縮した大乗経典。主人公の観音菩薩は大乗仏教の生み出した理想の救済者で、「釈迦の仏教」には存在しな..
10.
..「出家していなくてもよい」「在家者でも悟りの道を歩むことは可能だ」という思いが強くなり、在家と出家を併あわせ呑のむ形態へと変わっていったのです。仏教を歴史的視点で見るなら、大乗仏教はブッダの教え..
11.
..ていくにはどうしたらよいかを真剣に考え、様々な遺言を残しました。その現れが『涅槃経』です。人の役に立つすぐれた組織を、いつまでも変わらず保っていくための秘訣は、「釈迦の仏教」にこそ大切に伝えられ..
12.
..経典」と言い換えてもよいでしょう。ただここで一点注意していただきたいのが、涅槃という単語の意味です。涅槃には大きく分けて「悟りを開くこと」と、「その悟りを開いた人が死ぬこと」という二つの意味があ..
13.
..具体的になにをしたらよいのか。ブッダは次のように考えました。我々を輪廻させるのは業ごうの*エネルギーである。それを取り除かない限り輪廻は止まらない。では業のエネルギーを作り出す原因はなにか。それ..
14.
..ッダ真理のことば』『般若心経』で詳しく説明しましたのでご参照ください)仏教の自己鍛錬システム「釈迦の仏教」の基本的な考え方を説明しました。次に、その「釈迦の仏教」を支えにして生きるというのが、具体的..
15.
..を送るにはどうしたらよいか、と考えた時、一時のイベントで喜んだり楽しんだりしても結局は元の木もく阿あみ弥。長く続く一生をずっと支え続けてくれる心の拠り所といえば、日々の継続的な努力と、その努力に..
16.
..後どう維持していけばよいのか」と大きな危機感を募らせたと思います。そんな中で「仏教の本質がブッダの教えを実践することだとすると、ありがたい言葉をお経として残すだけでは不十分だ。実践することが大切..
17.
..テーマにしたハウツーの類を連想する方がいらっしゃるかもしれません。しかし『涅槃経』には、たとえば『論語*』のようにビジネスの役に立つ要素はほとんどありません。なぜなら仏教サンガのコンセプトは..
18.
..。マガダ国の大臣が「わかりました、戦うのはやめておきます」と納得して帰った後、ブッダは弟子たちを集めて、「組織が衰亡しないための条件」を細かく説き示します。これはヴァッジ族が戦いに負けない理由をそ..
19.
..生活しろ」と言ってもよかったはずです。にもかかわらず、ここでブッダは「リーダーに従え」とは言わず、「全員で運営していけ」と指示しているのです。言葉には出さずとも、おそらくは「リーダーを置かないこと..
20.
..らすことさえできればよいのです。広さはせいぜい数百メートル四方といったところでしょう。この領域のことを仏教では「界」、インド語で「シーマー」と言います。一つの界が一つのサンガを表します。このよう..
21.
..た生活を守らないと、よくないことが起こりますよ、という戒めの言葉です(精神錯乱とか地獄行きはあんまりだと思いますが)。同時に、戒を守った場合の利点もブッダは語っていて、「戒を守るならば、財産が増..
22.
..らば、財産が増える、よい評判が立つ……」といった、禍いとはすべて逆のことを述べています。パータリ村では、ブッダが超人的な能力を持っていたことを示す興味深いエピソードも登場します。ブッダがこの村を..
23.
..して修行していったらよいのか、という疑問に答えているのです。ブッダ亡き後の弟子たちが、サンガの中で修行していて、「果たして今の状態で私は本当に涅槃に到達できるのだろうか」と迷ったとしてもブッダは..
24.
..である」という教えがよく表現されていると思います。ブッダは王家の皇太子だった人ですが、そのような社会的地位には本質的価値はなにもないと考えて出家します。悟りを開き、多くの弟子や信者が集まってきて..
25.
..それは喜んで受ければよいのです。要は、「世俗の雑事に煩わされずに修行が存分にできること」が大事なのであって、これが実現できる状況はすべて許されるということです。ブッダの設計したサンガの生活は、実..
26.
..り所にして道を歩めばよいのでしょうか」と、ブッダに尋ねます。仏教徒にとって最も切実な質問を切り出したのです。それを聞いたブッダは、次のような驚くべき言葉を口にします。「比丘サンガが私になにを求め..
27.
..いだすにはどうしたらよいか」という問題を自力で解決し、それをまわりの人たちにも教えてくれた、一人の人間です。ですからブッダの言葉というのはすべて、ブッダ本人が自分で見つけ出した真理であって、それ..
28.
..のに、「自分に都合のよいものは好ましく見える」という執着のフィルターをかけて眺めるから錯覚が起こる。いくらそう見えても、現実と願望は違うのですから、いずれそのギャップが心に苦悩を生むということで..
29.
..って涅槃に入ることをよく思わない、仏教嫌いの気持ち」をシンボル化したものです。ブッダが亡くなった後も悪魔はずっと存在していて、隙あらば仏教を滅ぼそうと狙っています。そして実際、この悪魔がいろいろ..
30.
..分の心のあり方をよりよい方向に変えていく、という心の修行ばかりです。ブッダは若い頃、肉体的苦行を試したこともあるのですが、それが「心の苦しみ」を消すためには役に立たないと見抜いて、それ以来、苦行..
31.
..物の行動にたとえるとわかりやすいでしょう。親鳥は子どもの前でエサを取って見せますが、それを見た雛ひなどり鳥は、親に倣ならって自分でエサを取るようになります。,{8FD3092C-B0DB-4234..
32.
..ブッダの教えと考えてよいではないか」と主張する人が、ブッダの死後四、五百年もすると複数現れるようになりました。一見、道理にかなったことを言っているようにも思いますが、「なにが理屈の通ったことで、..
33.
..説です。たしかに火をよく通さない豚肉を食べれば食中毒を起こすでしょう。チュンダは豚肉を差し上げたのかもしれません。「お坊さんは肉を食べてはいけないのでは?」と疑問を抱く方がいらっしゃるかもしれま..
34.
..ところに、その本質がよく表現されていると思います。誰が『涅槃経』を編集したのか知りませんが、仏教の本義を大変深く理解し、それを誰にでも感じ取れる分かりやすいイメージで表現することのできた、智慧深..
35.
..にあるサーラ林の、二並んだ木のところで、私は涅槃に入ろう」「サーラ林の二本並んだ木」──そう、これがいわゆる「沙さら羅双そうじゆ樹」のことです。沙羅双樹とは木の名前だと勘違いしている人もいる..
36.
..ろう」「サーラ林の二並んだ木」──そう、これがいわゆる「沙さら羅双そうじゆ樹」のことです。沙羅双樹とは木の名前だと勘違いしている人もいるようですが、「サーラ(沙羅)の木」という椿つばきの一種..
37.
..の一種です。それが二並んでいるので「双樹」です。ここが、ブッダが自ら選んだ入滅の地というわけです。余談ですが、沙羅双樹といえば『平家物語*』の冒頭部分を思い出す方も多いでしょう。「祇ぎ園おん..
38.
..チュンダは、ブッダによい食事を供養しようと思っていたのですから、なんの過失もありません。ここでブッダは、嫌な役目を背負わせてしまったチュンダに対してねぎらいの気持ちを語っているのです。後でこのこ..
39.
..ご供養すると、どんなよいことがあるか、という具体例です。寿命が伸びる、美形になる、楽が増す、名声が得られる、権力を持てる、と煩悩丸出しの話ばかりですが、これらの言葉は弟子たちにではなく、在家信者..
40.
..還げんぞく俗するのもよくある話です。人は状況に応じて「世俗の幸福が欲しい」と思うこともあれば、「世俗を離れて深遠な涅槃の安らぎを求めたい」と願うこともあります。「釈迦の仏教」が採用した在家と出家..
41.
..うのです。たとえば『般若心経』ならば、それは「空くう」という深遠な法則性を理解することです。それができた人は、在家の生活の中に、悟りへと向かう道を見いだすことができるのです。こういった大乗仏教の考え..
42.
..は「100分de名著般若心経」に詳しく書きましたのでご参照ください。こうしてチュンダへの心遣いを示したあと、ブッダはクシナーラーへと向かいます。ブッダの涅槃はもう目の前です。,{B1BAF9FD-C..
43.
..というところにある二の沙羅の木の間(沙羅双樹)に北枕で静かに横たわり、最期の時を待つことになります。沙羅双樹が時ならぬ花を美しく咲かせたのは、まさにこの時でした。さらには天空から花やお香が降..
44.
..します。それはそれでよいのですが、逆にタイのお坊さんが「日本の僧侶は平気で女性にも触れるし、一緒にお酒だって飲みますよ」と聞けば、「ええーっ」と言って飛び上がるということも知っておく必要がありま..
45.
..も「塔」も、日本ではよく使う単語ですが、もともとは「遺骨を祀まつる祈念碑」という意味なのです。さらにブッダは、「その遺骨のストゥーパを拝む人は誰でも、死んだ後、よいところに生まれることができるで..
46.
..は誰でも、死んだ後、よいところに生まれることができるであろう」と告げます。こういった葬儀の方法を聞くと、「なんだ、さっきは花や音楽で供養しても本当の供養ではない、などと立派なことを言っていたのに..
47.
..ているのですが、このでは説明の都合で順序を逆にしてご紹介しています。先に「お葬式の手順」を言いました。それは伝説の大王と同じ豪華な方法で執とり行い、遺骨はストゥーパに納めて拝め、というもので..
48.
..くなった家族に回せばよいのです。正確に言うなら、遺族が善い行いをしているのを、亡くなった人が、生まれ変わった先で見ていて、「ああうれしい、善い行いをしてくれて有り難いなあ」と共感する、そのパワー..
49.
..細な規則は廃止してもよい。ここで規則というのは、「律」の規則を指しています。サンガの中の法律です。その律の中の細かい規則ならば廃止してもよいと言っているのです。私はこの遺言を読むたびにブッダの智..
50.
..規則ならば廃止してもよいと言っているのです。私はこの遺言を読むたびにブッダの智慧の深さに心打たれます。ブッダは生きる苦しみを消し去るために多くの教えを説きました。それはすべて、どの時代のどの人に..
日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌