「般若心経がよくわかる本」雑誌内検索

「般若心経がよくわかる本」を含む記事がこの雑誌に 50件見つかりました

この雑誌で「般若心経がよくわかる本」 を含む検索結果

1.
..会の魅力特集?数字でわかる仏教語辞典5気村上裕二,{4B147A3C-288E-4B01-91DA-291756AB22A3}2,9平成30年5,{4455F5CB-9207-4442-89E1-..
2.
..5}4,特集=数字でわかる仏教語辞典数字がつく仏教用語は「法数」と呼ばれ、たくさん存在しますが、一般の国語辞典にはほとんど載っていません。本特集は法数を辞典風に紹介し、「数で学ぶ」ことの楽しさを伝..
3.
..んど載っていません。特集は法数を辞典風に紹介し、「数で学ぶ」ことの楽しさを伝えます。表紙「気」(院展)…………………………………………………………………………村上裕二扉絵……………………小泉..
4.
..B6}5,と神日・儒・人仏�K風土論と三教……………………………………森161和也〈自分と向き合う寺社フェス10周年向源を知ってますか?…佐山拓郎140寄口せ絵てに〉神仏霊場会発足神と仏は同..
5.
..五相成身観の仏華六六各94/五位七十五法舎六波羅蜜80/三輪清浄乗五蓋教回教法教千79(見/四依派別宗仏・71 /二身仏77 /三業の向天・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・..
6.
..88ほ/十三宗盛幸規峰哲か76/三車森大乗山全雄田一裕107 81130/真68/二/四80 /三97/滅修▼五▼三▼二/明二▼十二▼十十▼九132/・二仏133/劫数量・距離・時間101/..
7.
..のがあります。例えばほんがん願寺じの山号は龍りゅうこくさん谷山です。もともと中国では権力者が保護する立派なお寺ということを表すために山号を付けたようです。日本人にとってはこの山というのには特..
8.
..か、誰が言い出したかわからないけれど、何百年も前からそういうことになってきた、ということです。この「自然宗教」に対して、仏教やキリスト教というのは始めに説いた人がいます。このように教祖が唱となえた..
9.
..れてきたかがはっきりわかります。ところが「自然宗教」というのは、いつ成立したのかよくわからないのです。死者を「ホトケ」と言うようになったのはいつ頃からなのかはっきりしないのです。日本人の宗教心の大..
10.
..は、いつ成立したのかよくわからないのです。死者を「ホトケ」と言うようになったのはいつ頃からなのかはっきりしないのです。日本人の宗教心の大きな特徴は、みな自分は仏教,{6A5F238C-F7BF-..
11.
..いつ成立したのかよくわからないのです。死者を「ホトケ」と言うようになったのはいつ頃からなのかはっきりしないのです。日本人の宗教心の大きな特徴は、みな自分は仏教,{6A5F238C-F7BF-44B..
12.
..れないので、いわれがわからなくなってきています。ただ大事なのは、三十三回忌までの祭祀をするのは、血を分けた子孫でなければならないという約束事になっていることです。それは「ご先祖」が子孫,{F5B3..
13.
..マをどうお祭りしたらよいかと、「自然宗教」では困っていたのですが、その問題に解決をもたらしたのが仏教だったのです。死者のタマは年に二回、お正月とお盆ぼんに帰ってくるといわれます。本当はお正月も死..
14.
..分の中にある、わけのわからないことを説明する時に、六道輪廻を使うと納得しやすいのです。現実に地獄や餓鬼という世界があるかないかではなく、自己認識の方法として意味のあることを、どうも「自然宗教」のほ..
15.
..と何が棲すんでいるかわからないという意識が強かったのでしょう。村の境をきちんと守っていないと何が入ってくるかわからないから、そこに必ずお地じ蔵ぞうさまが置かれたのです。あの世は、村から続いている一..
16.
..いと何が入ってくるかわからないから、そこに必ずお地じ蔵ぞうさまが置かれたのです。あの世は、村から続いている一本道の先にあるというイメージがありました。死ぬとあの世に行くというのは、その一本道を通っ..
17.
..、村から続いている一道の先にあるというイメージがありました。死ぬとあの世に行くというのは、その一本道を通って行くわけです。行く先は地域や時代によって変わりますが、近くの山に登ると考えたり、海..
18.
..くというのは、その一道を通って行くわけです。行く先は地域や時代によって変わりますが、近くの山に登ると考えたり、海を渡って行くと考えられたりしました。西日本のある地域では、死ぬという言葉を嫌っ..
19.
..があると身に染しみてわかっているから、浄土という世界が願われてくるのでしょう。この世の延長にあの世があるという程度の認識だから、あの世に行ったタマが「ご先祖」になり、あるいはカミになったりモノノケ..
20.
..ちは何を頼りにすればよいのでしょうか。「自然宗教」は大きな危機に直面していると言わざるを得ません。だいたい子孫が自分の供養をしてくれると信じている人など今やいないでしょう。「自然宗教」の約束事が..
21.
..。その時にどうしたらよいのかということに答えてくれるのが、「大きな物語」なのです。近年は、科学技術が発展したからとか、生活が便利になったからといったことで、「大きな物語」の力がそがれているように..
22.
..面した時、どうしたらよいのかという問題はどうしても出てきます。有限で無常である状態を私たちが変えることはできません。私が有限を無限にしたり、無常を常つねなるものにしたりすることはできないけれども..
23.
..一度、対面してみればよいと思います。「自然宗教」については、大事な問題を聞こうにもすべて伝承でここまできているので、それを体現しているお年寄りもすでによくわからなくなっています。科学では解決でき..
24.
..いるお年寄りもすでによくわからなくなっています。科学では解決できない「創唱宗教」を馬鹿にするのは、そろそろやめたほうがよいだろうと思います。日本では江戸時代以来、知識人と呼ばれる人たちは「創唱宗..
25.
..お年寄りもすでによくわからなくなっています。科学では解決できない「創唱宗教」を馬鹿にするのは、そろそろやめたほうがよいだろうと思います。日本では江戸時代以来、知識人と呼ばれる人たちは「創唱宗教」に..
26.
..そろそろやめたほうがよいだろうと思います。日本では江戸時代以来、知識人と呼ばれる人たちは「創唱宗教」に関心を持たないということを自負としてきました。明治以降は国家神道が、「創唱宗教」は天皇制を脅..
27.
..とができないのです。講演のもう一つのテーマである浄土、これは阿弥陀仏の「大きな物語」の中にある世界です。大きな物語は科学的に証明できないから意味がないというのは、まったくナンセンスです。私た..
28.
..逃れるにはどうしたらよいのかを釈尊にお尋ねします。不思議なもので、韋提希はその時にとても苦しんでいたのだから、話を釈尊に直接聞いてもらえばよいのに、釈尊では恐れ多いからと、阿あ難なんや舎しゃ利り..
29.
..に直接聞いてもらえばよいのに、釈尊では恐れ多いからと、阿あ難なんや舎しゃ利り弗ほつなど仏弟子に尋ねています。経典はサラッと書いていますが、これは私たちの真理に照らしてみるとなかなか意味が深いと思..
30.
..分が何を問うべきかがわかるのです。仏教を生きる人と出会う世間では、「創唱宗教」に関わればすぐに救われるという期待感を持っています。そうではなく、仏教においては、自分がどういう存在なのか、自分の今あ..
31.
..しかもこの出会いは、では出会えないのです。必ず人と出会わないといけないのです。読書は自分を問いません。自分はいつも高みに立って見ているだけです。仏教に出会うためには、仏教を現実に生きている人..
32.
..ない自分をどうしたらよいかという問題をお持ちなのでしょうか。さまざまな疑問があって、その疑問をはっきりさせないと、救済ということもはっきりしてこないのです。「阿あ弥み陀だ仏ぶつの物語」がどういう..
33.
..んの法門が成立し、「ほん抄しょう』に、発迹顕本により、真の因いん十じっ本ほん果がの界かい互ご子たちよ、私が無上の正しいさとりを成じょう就じゅしてか本」の文は教学的に重要であることが知られます..
34.
..抄しょう』に、発迹顕により、真の因いん十じっ本ほん果がの界かい互ご子たちよ、私が無上の正しいさとりを成じょう就じゅしてか本」の文は教学的に重要であることが知られます。そ「しかしながら(その考..
35.
..り、真の因いん十じっほん果がの界かい互ご子たちよ、私が無上の正しいさとりを成じょう就じゅしてか本」の文は教学的に重要であることが知られます。そ「しかしながら(その考え方は誤りなのです)、善男..
36.
..成じょう就じゅしてか」の文は教学的に重要であることが知られます。そ「しかしながら(その考え方は誤りなのです)、善男味において、釈尊の寿命が三世にわたるという「発迹顕の仏を中心とする仏教観を樹..
37.
..発ほっ迹しゃく顕けんぽん鎌倉時代の日にち蓮れん聖しょう人にん(一二二二?八二)は、この久遠いどのようなお姿であるのでしょうか。です。寿量品の主眼です。では、釈尊の真実の姿とは、いった迹しゃく..
38.
..いった迹しゃく顕けんぽん」(迹を発ひらいて本を顕わす)とも解釈されているの釈尊に対する認識は、誤りである、というのがこの如来の文もんを、「開かい迹しゃく顕けん本ぽん」(迹を開いて本を顕あらわ..
39.
..ん」(迹を発ひらいてを顕わす)とも解釈されているの釈尊に対する認識は、誤りである、というのがこの如来の文もんを、「開かい迹しゃく顕けん本ぽん」(迹を開いて本を顕あらわす)とも、「発ほっ方に対..
40.
..開かい迹しゃく顕けんぽん」(迹を開いて本を顕あらわす)とも、「発ほっ方に対する認識です。しかし、このように歴史的有限の無辺百千万億那な由ゆ他た劫なり」(『開結』四一六頁)これらが、今日の私た..
41.
..本ぽん」(迹を開いてを顕あらわす)とも、「発ほっ方に対する認識です。しかし、このように歴史的有限の無辺百千万億那な由ゆ他た劫なり」(『開結』四一六頁)これらが、今日の私たちも共有している釈尊..
42.
..姿としての久遠の仏をほん地ぢ仏ぶつ(あるいは本ほん仏ぶつ)と認のほとりの菩薩樹のもとで瞑想され、そのヤー)という都市からそれほど遠くない、尼に金こん剛ご連れうん宝ほう座ざとを垂すい迹じゃく仏..
43.
..地ぢ仏ぶつ(あるいはほん仏ぶつ)と認のほとりの菩薩樹のもとで瞑想され、そのヤー)という都市からそれほど遠くない、尼に金こん剛ご連れうん宝ほう座ざとを垂すい迹じゃく仏ぶつ(あるいは迹しゃく仏ぶ..
44.
..った。(弟子の中に)ほん立りゅうという者がいて、常に(典てん座ぞの補佐として)菜園の管理をしていた。義貞という者は、常に街に出て(布施を集め)寺院経営を助けていた。良全という者は、常に主食の..
45.
..。まことに前世からのよい因縁がそうさせているのであろう。これらの弟子たちはみな、師の勧誘に応じて剃てい髪はつした者たちで、常に師にそば仕づかえして他よ所そには行かず、(泰心院で)生涯をまっとうし..
46.
..者も大勢いた。それが話に列挙される面々である。修行道場では「配役」といって、寺院内のさまざまな部署に僧侶が配属され、寺の仕事を分担する。最初は機械的に、その後は前歴や性格等によって勘かん案あ..
47.
..を行っていた。それが話後半の部分である。面山でさえも僧堂のルールを破って夜中に仏殿に参り、仏ぶつ・菩ぼ薩さつ等に師の回復を祈っていた。同じように人目を忍び祈願していたのが、ふだん寺の掃除を司..
48.
..で結ばれていたことが話から窺うかがわれよう。◆第八十一話法弟・寂光の誓い雲洞寺の寂光力りき生しょうは、時より泰心院にやって来て、宿泊することあるいは十日、あるいは十五日。年に六?七回以上は寺..
49.
..するが、第四十二話(連載第七回目/『損翁禅話』第四十話)で見たように、僧堂経営のためにはまさに��身を削って�@ユんでいた。会え下かの者たちはそんな師の��背中�≠�見て感じ入っていたのであ..
50.
..かに反応しているのがわかる程度で、ほぼ無反応であった。さらに驚いたのが絵筆でくすぐるシーンで、こちらは坐禅中に蚊に刺された経験からわかるが、反応しないことはほぼ不可能のように思われる。我が宗門には..
日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌