「般若心経がよくわかる本」雑誌内検索

「般若心経がよくわかる本」を含む記事がこの雑誌に 50件見つかりました

この雑誌で「般若心経がよくわかる本」 を含む検索結果

1.
..を得ていただきたい。別冊のもとになっているのは『サンガジャパンVol.27「禅—世界を魅了する修行の系譜」』である。新たな記事を大幅に追加し、再掲載の各記事も、著者による加筆修正により改稿し..
2.
..への旅」禅の広がりをでたどる三砂慶明188インタビュー釈宗演の人物像に迫る横田南嶺200日常の中の気づきを育むマインドフルネスとコンパッション220シスター・ラン・ニェムブラザー・ファップ・..
3.
..ム『今を生きるための般若心経の話』刊行記念対談只管打坐とマインドフルネスの対話奥村正博×山下良道246ただ風のように櫛谷宗則284禅・皇道・戦争島薗進295インタビュー今を生きる禅伊吹敦330“ZE..
4.
..389インタビュー「わかる」とは思考・考えの作り事。今、この、在りよう以外にはない。長井自然400井上義ぎ衍えん老師伝星飛雄馬412「村上光照老師と一期一会」講演村上光照老師への六つの質問村上光照..
5.
..があって、そのような作りをしてこられたのでしょうか?おっしゃるように、ぼくの本作りには、「デジタルテクノロジーによる社会の変化」と、「脳や身体性に関するもの」の二軸があると思います。そもそも..
6.
..しゃるように、ぼくの作りには、「デジタルテクノロジーによる社会の変化」と、「脳や身体性に関するもの」の二軸があると思います。そもそも翻訳書というのは、日本の著者には書けない、海外の新しい知見..
7.
..されています。ぼくがの編集者になった二〇〇〇年当時の新しいものと言えば、一つはやはりデジタルテクノロジーです。ご存知のように、グーグルやフェイスブックに代表される「シリコンバレー発」といった..
8.
..全体の仕組みがさらにわかるというような研究も続々と出てきています。いずれもアクチュアルな領域で、ぼく自身も面白くて自然と惹かれ、本作りにもつながっていったのだと思います。実はぼくは、「この新しいテ..
9.
..白くて自然と惹かれ、作りにもつながっていったのだと思います。実はぼくは、「この新しいテクノロジーがすごい」とか、「グーグルやフェイスブックのここがすごい」、「スタートアップのこの会社がすごい..
10.
..『SHARE』というを手がけたのも、「テクノロジーを使うことによって人間性を解放する」、「逆に人間らしさを取り戻す」という六〇年代から続くムーブメントの流れをこれらの本のメッセージに見出した..
11.
..ントの流れをこれらののメッセージに見出したからです。人間は、作られた文明と、人間の本来持っている野性のバランスを常に取ろうとする生き物です。そのバランスを取ろうとするカウンターカルチャー的な..
12.
..ついことですし、都合よく舗装された道路ではなく自然の中を走るとなれば、なおさらです。そういう環境に身一つで対峙することで人は謙虚になれる。それとともに、周りの環境や他人に対しても思いやりの気持ち..
13.
..ぼくらは普段、正確にわかりません。これからもデータはテック企業が自由に使っていいのか。それともこれからは、ユーザー一人ひとりが自分たちのためにデータを取り戻したほうがいいのか。そういうことを、ぼく..
14.
..アを操作できるのかもわかっていないという状況です。人口が多く都市化が急速に進む国で社会を効率的に動かすには、こういった仕組みも有効なのかもしれませんが、それが人間にとって幸せなのかどうかは、わかり..
15.
..幸せなのかどうかは、わかりません。こういった、「技術が先行して社会システムを形づくり、人間の意識がそれを判断するのに追いつかない」という事例は、アメリカや中国に限らず、もちろん日本でも起こり得るこ..
16.
..フル・ワーク』というをきっかけに、それを社会に実装したいというのが根本にある動機です。鎌倉の禅の文化とマインドフルネスという世界的なムーブメントを、いい形で、鎌倉の地で接続していけたらいいな..
17.
..語訳であることからもわかるように、仏教から生まれていることには変わりはありません。「マインドフルネス」は仏教に繋がる精神性を培うきっかけにはなり、その意味では禅が生み出す精神性へ繋がる類似点はある..
18.
..するときに、この図がよく使われますが、見たことがある方はいますか?世界的に有名な脳科学者であるウィスコンシン大学のリチャード・デビッドソンが、二〇一四年に発表した論文(「サイエンティフィック・ア..
19.
..そうすると現実は都合よく説明つきやすくなります。しかし、実情というのは説明がつきにくいのです。「AがあるからBがある」というわけではありません。でも、人間は単純化しやすいので、頭の中で「Aがある..
20.
..)」という単語も最近よく聞くと思うのですが、コンパッションを考えたときに、「ポジティブ感情」「幸せ」「楽しさ」といったほうばかり向いていると、慈悲の心は湧きません。コンパッションというのは、すご..
21.
..インドフルネスの話によく出てくるのが「怒り」です。「怒り」は駄目なものだとして扱われますよね。怒った,{E4A73F30-BFA3-4224-B490-58BDC2B68873}51,049安定..
22.
..解を超えるものだ」とよく言いますが、その日の僕らのトピックは「過激派の連中というのは、とんでもないよね」という話です。人間の理解を超える存在というのはイスラム教だけではありません。多神教のイメー..
23.
..知らないか」を非常によく理解しています。「何をやっているかが分かっているんだったら、それはもう研究にはならない」と言うのです。科学者は「自分がここまでしか分かってない」と分かっているから、興味を..
24.
..教える心が整う掃除の』(ディスカバートゥエンティワン)ほか、著書多数。朝掃除の会「Temple Morning」の情報はツイッター(@shoukeim)にて。荻野淳也おぎの・じゅんや一九七三..
25.
..宅で始めてから次第によくなった経験があります。「Zen2・0」は禅に対してのお礼という意味もあるんです。ただ、最初に禅を学んだのはお寺ではありません。まずYouTubeで「心の落ち着く方法」と検..
26.
..て、だんだんと調子がよくなり、そのあとお寺に行ったという流れなんです。インターネットのない時代だったら、お寺はもう少し一般の人に開かれていて、お寺に直接行って自分の心をケアできたのかもしれません..
27.
..晴らしい方で、結果はよかったのですが。要は、仏教、とりわけ日本の仏教は、循環の仕組みとしての運営モデルが崩壊しつつあるわけですよね。檀家さんも来ないし、代々を継いでいるお坊さんが「明日から食ってい..
28.
..ーションが上がる。松そう思われているから、「Zen2・0」を一生懸命されているわけでしょう。何か、忖そん度たくでしょうかね?勝手に何かして、宗教のことだから、あまり首を突っ込まないほうがいい..
29.
..地雷がどこにあるのかよく分からないんですね(苦笑)。「えっ、これダメだったんだ」みたいなことがある一方、「えっ、これはありなの?」みたいなことも,{042FE20C-052E-4C98-91C8..
30.
..界に広がりますね。松そうですね。でも、宗教、宗教と言ってますが、宗教がいらなくなることはないんですよね。これって、社会の開発レベルとも結びつくと思っています。例えば、これから世界で一番伸びる..
31.
..り、そういうテーマのも書きました。当初は人の心は本当は幻想で、心なんてないんだ、というような研究をしていましたが、あるかないかを問うよりも、心はどう感じるのか、どう生きていくべきなのかという..
32.
..れ以降は幸せに関するも書いています。今年は『幸せの経営学』『幸せの子育て』をテーマにした本を書きました。今日は「幸せと利他と世界平和」と銘打ちましたが、基本,{70490AD9-89BA-4..
33.
..育て』をテーマにしたを書きました。今日は「幸せと利他と世界平和」と銘打ちましたが、基本,{70490AD9-89BA-47BC-8A2C-C2252CC51C22}81,079幸せと利他と世..
34.
..い、自分を鍛えてよりよい自分になりたいという自利の気持ち。これが、二〇代で一番強い。一方の利他的な欲求、人のために何かをしてあげたいという欲求は、年齢とともにじわーっと上がっていきます。私自身の..
35.
..の反動があった。最もよく知られているのはロマン主義であろう。この多面的な運動では、合理主義に不満が向けられ、理性より感情・直観などが重視されていた。一九世紀は、宗教が新しい形で噴出する現象が見ら..
36.
..この傾向は、思想家によく見られる。人数でいうと恐らく—統計はないが—さほど多くはないが、その影響力と行動力は大きい。一例として、ドイツ人で後にアメリカに移住したポール・ケーラス(Paul Car..
37.
..理想の仏教を紹介するを編へん纂さんした。そして、キリスト教の教義が科学と矛盾",{5D56722C-0CAE-4488-9FFE-008382622926}107,"105海を渡った禅2章世..
38.
..と言える。それを最もよく表しているのが、禅堂における、雲水に限定されない、在家—男女—の参禅である。禅宗で広く行われていた在家向けの禅に今北洪川は大きく貢献し、彼を中心に参禅した在家は、日本、そ..
39.
..訳だ。たぶんそのころを読んで、問題にしていた「意志の自由と必然」というようなことが、考えのきっかけであったろう。ネセスィティ(necessity)とフリーダム(freedom)の問題というか..
40.
..概論』)である。このには宗演、さらに広くいえば日本の大乗仏教の見解とケーラスの思想に近い考えも見られる。この書に対する仏教学者の評判は芳しくなく、ベルギー人の著名な研究者であるルイ・ド・ラ・..
41.
..?一九一三)が『茶の』(The Book of Tea)で彼独自の見解を基に禅の良さを訴え、さらに一九一三年には忽ぬか滑り谷や快かい天てん(一八六七?一九三四)The Religion of..
42.
..たものであった。このの影響は極めて大きかった。現在に至るまで、西洋人が鈴木に抱いているイメージはこの書によるところが大きい。また、近年鈴木を批判する研究が多く見られるが、その論拠として『禅と..
43.
..けてしまったという。の影響を考えると、この批判が完全に間違っているとは言えないが、幾つかの研究*1*が明らかにしたように、禅と日本文化を結びつける言説は大拙から始まった訳ではなく、明治・大正..
44.
..ては、以上の引用文がよく表していると言える。では、欧米人に向けて大拙が説いた禅にはどのような特徴があるのか。欧米(まずはアメリカそしてヨーロッパ)に広まった「禅」とは何であったのか。まず、よく指..
45.
..まず思想家であって、や講演などで禅を思想的に語った。無論、その思想の中心に悟りの体験があって、その体験に至るには実践が必要である以上、彼が修行を軽視したはずはない。しかし、英語の著作や欧米人..
46.
..の中で、この人は禅がよく解っているというふうに思われる人がありますか。鈴木:ありません。今までには。久松:そうですか。今までにはね。では、これは有望だという人は。鈴木:それもいないね。久松:禅に..
47.
..『禅と○○』と題するが続々と出版されるようになったが、それは既に日本人から見て禅ならざる「禅」が定着していた事を意味している。もはやそれは禅の伝播の域を超えた、二〇世紀全体の文化であったと言..
48.
..うとする人々は、まずなどで流通していた欧米の禅の理解や理想などに基づいて、禅に対する期待と見解を既に持っていたからである。思想家の禅は、実践者の禅の概念的な基盤を築いていたのである。",{5..
49.
..。金があって少し頭がよくて、何か一種の信仰みたいなものをもって、宗教運動をやっていたが、それが東洋から禅の老師を迎えてやっているといえば、何か箔がつくというようなわけだ。11*大拙の記述によれば..
50.
..プローの著作『禅の三の柱』(The Three Pillars of Zen)は禅のベストセラー作品でもある。三宝教団は宗教的な面をできるだけ排除し、特に禅を仏教から切り離している点が注目に..
日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌