「強く生きる「ドS」55の言葉」雑誌内検索

「強く生きる「ドS」55の言葉」を含む記事がこの雑誌に 50件見つかりました

この雑誌で「強く生きる「ドS」55の言葉」 を含む検索結果

1.
..前05:30~05:55午後00:00~00:25司会:伊集院光(タレント)安部みちこ(NHKアナウンサー)西田幾多郎『善の研究』若松英輔(批評家、東京工業大学教授)放送内容や放送日時等は、変更..
2.
..前05:30~05:55午後00:00~00:25http://www.nhk.or.jp/meicho「善」とは何か……………42第2回10月14日放送/10月16日再放送生きることの「問い」..
3.
../10月16日再放送生きることの「問い」……………10100分de名著第1回10月7日放送/10月9日再放送目次【はじめに】名著を読む真の意味……………4西田幾多郎『善の研究』若松英輔(批評家、東..
4.
..代では「価値」という言葉にもあまり重みがなくなってきました。とします。て西田は、日本語による「哲学」という新しい「価値」を作り出そう月ほど前に亡くなりました。価値観がまったく定まらない時代にあっ..
5.
..魂にふれる大震災と、生きている死者』(トランスビュー)、『生きる哲学』(文春新書)、『霊性の哲学』(角川選書)、『悲しみの秘義』(ナナロク社)、『内村鑑三悲しみの使徒』『『こころ』異聞書かれなか..
6.
..トランスビュー)、『生きる哲学』(文春新書)、『霊性の哲学』(角川選書)、『悲しみの秘義』(ナナロク社)、『内村鑑三悲しみの使徒』『『こころ』異聞書かれなかった遺言』(以上、岩波書店)、『種まく人..
7.
..)、『詩と出会う詩と生きる』『NHK出版学びのきほん考える教室大人のための哲学入門』(以上、NHK出版)など多数。4,{B4828764-A692-43FB-92A8-1AF556034A11}1..
8.
..く一つの「鍵」となる言葉でもあるのです。「善」とは何かを論じた第三編の第四章は、「価値的研究」と題されていて、この章を西田は次の一節で終えています。実在の完全なる説明は、単に如いか何にして存在す..
9.
..わゆる「哲学」という言葉は、「叡えい智ちを愛すること」を意味する「フィロソフィー」という英語の訳語です。この英語も語源をたどれば、古代ギリシア哲学の時代にさかのぼります。「哲学」という考え方が西..
10.
..いものです。それは、言葉によって語ることはできない。それどころか、涙によってすら物語ることができず、ただ、人の心の底から底へと静かに伝わる何ものかである、というのです。,{9D5E3FDA-CF..
11.
..自分の心の中にある、言葉にならない「おもい」を知り、それはほかの人の心にもあることを知らねばならないのではないでしょうか。,{ED07D1A9-B08C-438A-B018-CB31D3726D..
12.
..5,9はじめにいった言葉によって理解し、反論するだけでなく、言葉を超えたところで分かり合う道を模索することができるのではないでしょうか。自分の心を見えない涙が流れることがあるように、他者の心にも..
13.
..反論するだけでなく、言葉を超えたところで分かり合う道を模索することができるのではないでしょうか。自分の心を見えない涙が流れることがあるように、他者の心にも、そうした不可視な涙が流れていることを深..
14.
..を読む、真の意味は、言葉という扉を開あけ、書き手と時空を超えて対話することにほかならないのですから。,{C4F8A8D4-58D0-451C-8D5E-6AD62734F916}16,10「問い..
15.
..よりも、ずっと平易な言葉で哲学について語ることができます。しかしそれが可能なのは私たちが、彼の拓ひらいた生きることの「問い」1Eテレ10/7●月午後10:25 ~ 10:50再放送10/9●水午..
16.
..ちが、彼の拓ひらいた生きることの「問い」1Eテレ10/7●月午後10:25 ~ 10:50再放送10/9●水午前5:30 ~ 5:55午後0:00 ~ 0:25第回,{E3BB147C-412C-..
17.
..前5:30 ~ 5:55午後0:00 ~ 0:25第回,{E3BB147C-412C-4466-93E1-803B42C64AA0}17,1第回生きることの「問い」11「哲学の道」を歩いているか..
18.
..AA0}17,1第回生きることの「問い」11「哲学の道」を歩いているからなのです。今日の私たちにとって「哲学」はすでに存在するものですが、西田にとってはそうではありませんでした。当時の日本に体系だ..
19.
..化させることができる言葉と文体を発明しなくてはなりませんでした。誰も歩いていない困難な「哲学の道」を切り拓いた人だったのです。近代日本において、哲学は西田幾多郎に始まるといわれます。「哲学」をど..
20.
..たかいを経て、新しい言葉によって叡智の世界を語る、という味では西田は、日本で最初の哲学者だといってよいと思います。『善の研究』で西田が取り上げた「知と愛」「宗教」「善」「実在」「純粋経験」という..
21.
..無駄ではありません。言葉を再定義してみる究極的なものを目指して「考える」こと、それを西田は「思しい惟」という言葉で,{A44987B3-69C3-4ED6-A7C3-3616DB8A97E6}1..
22.
..は「思しい惟」という言葉で,{A44987B3-69C3-4ED6-A7C3-3616DB8A97E6}18,12表現します。この言葉は、現代人が『善の研究』を読むうえで、「つまずき」になる言葉..
23.
..12表現します。この言葉は、現代人が『善の研究』を読むうえで、「つまずき」になる言葉かもしれません。哲学の基盤である「考える」あるいは「思惟」するという行為をめぐって西田は次のように書いています..
24.
..、「つまずき」になる言葉かもしれません。哲学の基盤である「考える」あるいは「思惟」するという行為をめぐって西田は次のように書いています。傍線部に注目しながら読んでみてください。……思惟と経験とは..
25.
..0EC}19,1第回生きることの「問い」13て「個」を超えていこうとする試みだというのです。別のいい方をすれば、「経験」とは、「個」を超えた場所で生きることであり、「思惟」は、個人的思考から普遍的..
26.
..「個」を超えた場所で生きることであり、「思惟」は、個人的思考から普遍的思考へと変へんぼう貌していくことだともいえそうです。現代を生きる私たちは、個人がそれぞれの「経験」を深めていく、と考えがちです..
27.
..いえそうです。現代を生きる私たちは、個人がそれぞれの「経験」を深めていく、と考えがちです。しかし、西田は、個は、「人類の経験」によって形成されている、と考えています。現代の私たちに西田の言葉がむず..
28.
..現代の私たちに西田の言葉がむずかしく映るのは、人生の立ち位置が異なるからかもしれません。西田は「個人あって経験あるのではなく、経験あって個人あるのである」と述べています。ここでの「経験」は「人類..
29.
..0B4}21,1第回生きることの「問い」15この一節は、西田が次女幽子を喪うしなったときに書かれたものです。ここで西田は、学問もさまざまな営みも、究極的には「人情」のためにする、と述べています。こ..
30.
..い、たいへん独自性の強い哲学です。後世の人はそれを「西田哲学」と呼ぶようになります。西田哲学の出発点西田幾多郎の『善の研究』を読み始める際には、その出発点や立ち位置を知っておくことが大切です。こ..
31.
..1EA}23,1第回生きることの「問い」17元来真理は一である。知識においての真理は直ただちに実践上の真理であり、実践上の真理は直に知識においての真理でなければならぬ。深く考える人、真しん摯しなる..
32.
..にいます。彼の哲学の言葉は、「考える」ことによってではなく、「行ぎようずる」ことによって生まれてきたものでもあるのです。「認知」と「認識」の違い次に彼が「世界をどう認識していたか」ということにつ..
33.
..AE9}25,1第回生きることの「問い」19(第二編実在第三章実在の真景)『善の研究』が刊行されて、すでに一〇〇年が経過しました。先にも言及しましたが、いくつかの言葉は、現代とは少し異なる意味で用..
34.
..ましたが、いくつかの言葉は、現代とは少し異なる意味で用いられています。先の引用にもありましたが、西田にとっての「知識」は情報としての知識とは違って、頭と身体の両方で知ることを指しています。知は頭..
35.
..別々の世界を認識し、生きているということです。さらにいえば、世界は一つである一方で、一〇〇人いれば一〇〇通りの世界がある。それが、この世界の現実だというのです。*湯川秀樹一九〇七~八一。理論物理..
36.
..298}27,1第回生きることの「問い」21ただ、ここで注意しなくてはならないのは、西田が個々別々の世界を生きることを強調しているだけではないことです。現象的には無数の世界がありながら、実在的には..
37.
..田が個々別々の世界を生きることを強調しているだけではないことです。現象的には無数の世界がありながら、実在的には一なる世界であることにも西田は注意を促します。それは、人間は無数に存在しながら、同時に..
38.
..対応」などの鍵となる言葉から読み解いていくものもあります。しかし、そうした理解は彼の哲学を「概念的」に理解することにつながりかねません。概念によって理解しようとすることは、西田の哲学を難解にして..
39.
..庫)。「動揺」という言葉は、今日では心理状態を示す言葉ですが、西田にとってはまったく異なる意味でした。まさに世界は「動き」、私たちの心が「揺れる」。一瞬たりとも同じ世界は存在しない。これは彼がい..
40.
..日では心理状態を示す言葉ですが、西田にとってはまったく異なる意味でした。まさに世界は「動き」、私たちの心が「揺れる」。一瞬たりとも同じ世界は存在しない。これは彼がいう「実在」の在り方を表現する言..
41.
..」の在り方を表現する言葉でもあります。,{17205733-BFE6-4821-9F33-EB8DB4A0F2A0}28,22『善の研究』を読む態度本を読むときに、ある人は概略や結論、あるいは要..
42.
..3E9}29,1第回生きることの「問い」23に書いたのである。初はじめはこの書の中、特に実在に関する部分を精細に論述して、すぐにも世に出そうという考かんがえであったが、病と種々の事情とに妨さまたげ..
43.
..の意味での読書とは、言葉という船に乗って、「問い」という海を旅することです。プールのような場所で物を眺めることもできます。しかし、そこには生きたものはいないのです。全体像を把握するさらに西田は、..
44.
..す。しかし、そこには生きたものはいないのです。全体像を把握するさらに西田は、この本の成立に関してこうも記しています。この書は第二編〔実在〕第三編〔善〕が先まず出来て、第一編〔純粋経験〕第四編〔宗..
45.
..A98}31,1第回生きることの「問い」25読む人はここを読まなくてもよいというのです。第一編は余の思想の根こんてい柢である純粋経験の性質を明あきらかにしたものであるが、初めて読む人はこれを略する..
46.
..6A0}33,1第回生きることの「問い」27『善の研究』が刊行されたのは、彼が四一歳になる年です。彼は同質のことを亡くなる七五歳のときにも綴つづっているのです。ここで注意したいのは、彼が考えている..
47.
..5F12585CDB55}34,28心理学などさまざまな分野、世界を架橋した人でもありました。大拙の思想を考えるとき、宗教を無視する人はいません。まったく同質なことが西田にもいえます。戦後日本に..
48.
..273}35,1第回生きることの「問い」29第1章第2章第3章第4章純粋経験思惟意志知的直観宗教的要求宗教の本質神神と世界知と愛考究の出立点意識現象が唯一の実在である実在の真景真実在は常に同一の形..
49.
..ABB}37,1第回生きることの「問い」31録した意味も明らかになってきます。「知と愛」の章ほど、よい「西田幾多郎による西田幾多郎入門」はないのです。西田は、自分が書いている文章が、簡単に理解され..
50.
..本当の「哲学」の道を生きるためには、「知」のちからだけでなく、「愛」のはたらきを欠くことができないと西田は考えていました。それが彼の出発点です。西田は「知の巨人」だっただけではありません。深い「愛..
日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌