「我妻栄」雑誌内検索

「我妻栄」を含む記事がこの雑誌に 50件見つかりました

この雑誌で「我妻栄」 を含む検索結果

1.
..論的な考え方/115我妻説について/176良俗・習俗の取り込み/217社会的妥当性の価値判断/228むすび/23,{2C17339C-DB4D-44BF-9D65-55FE46D9F4A5}8,..
2.
..ごろから,末川先生,我妻先生によっていわば180度転換されることになります。それによりますと,公序良俗は,個人の意思を制限する例外ではなくて,法を支配する根本理念である。契約自由も,その枠内での..
3.
..す。この根本理念を,我妻先生が当時の裁判例を手がかりとして具体的に探究した結果が,たいていの教科書に載っている類型,つまり�@人倫に反するもの,�A正義の観念に反するもの,�B暴利行為,�C個人..
4.
..。そこで質問ですが,我妻説のように協同体の理念から公序良俗を考えていくという思想に対して,リベラリズムを採用するのが現行憲法の立場であり,これが山本さんの立場だと思います。そうすると,戦前の裁判..
5.
..。それから第3点の,我妻先生の協同体,私はこの我妻先生のとらえかたについて,山本さんに半分共鳴し,半分違和感をもっているところがあるのですけれども,たしかに我妻法学は,公序良俗以外のところでも団..
6.
..生の協同体,私はこの我妻先生のとらえかたについて,山本さんに半分共鳴し,半分違和感をもっているところがあるのですけれども,たしかに我妻法学は,公序良俗以外のところでも団体主義の理想とか,そういう..
7.
..すけれども,たしかに我妻法学は,公序良俗以外のところでも団体主義の理想とか,そういうのを説くところがあって,事務管理とか,他のところでも説いていらっしゃるのです。ただ,協同体といっても,我妻先生..
8.
..,協同体といっても,我妻先生の場合には,戦前でも,別にファシズムとか何かと結びつくというよりは,むしろ農村協同体的な,非常に微温的な保守主義の感覚だと思うのです。そういう意味で,ここのところは後..
9.
..もかかわる点ですが,我妻先生が,先ほど少しでました協同体主義を戦前においてのみ主張されていたかというと,まったく違います。我妻先生は,戦後,おそらく民法学者としては唯一といっても過言ではないぐら..
10.
..,まったく違います。我妻先生は,戦後,おそらく民法学者としては唯一といっても過言ではないぐらい,日本国憲法の解釈について積極的な発言をされた方です。そして,「個人主義から協同体主義へ」という理解..
11.
..し正確にいいますと,我妻先生が戦前から一貫して主張しておられたのは,「権利本位の法律観から社会本位の法律観へ」という転換です。これは,それまでの権利本位の法律観,つまり個人の権利や自由を尊重する..
12.
..いう転換です。ここで我妻先生が強調される協同体主義とは,国家を一つの協同体とみる考え方です。我妻先生によると,この協同体としての国家においては,「個人と国家とが有機的に結合した個と全との関係に立..
13.
..体とみる考え方です。我妻先生によると,この協同体としての国家においては,「個人と国家とが有機的に結合した個と全との関係に立つ」。そして,「個人の自由は,国家全体とともに文化の向上に尽くすべき責務..
14.
..う」とされています(我妻榮「新憲法と基本的人権」同『民法研究�[』(有斐閣・1970年・初出1948年)172頁以下,とくに175頁を参照)。我妻先生は,まさにこうした協同体主義への転換が日本国..
15.
..に175頁を参照)。我妻先生は,まさにこうした協同体主義への転換が日本国憲法に書いてあるといわれるわけです。我妻先生によると,「主権が国民に在り,その運用が国民の総意に基づいてなされるものとすれ..
16.
..といわれるわけです。我妻先生によると,「主権が国民に在り,その運用が国民の総意に基づいてなされるものとすれば,国家と個人の対立は止揚されるべきである。国家と個人は有機的に結合された全と個との関係..
17.
..断言しておられます(我妻・前掲『民法研究�[』246頁以下を参照)。先ほど,加藤(雅)さんは,我妻先生のいう協同体主義とは,農村協同体的な,微温的な保守主義の感覚だとおっしゃいましたが,もちろん..
18.
..,加藤(雅)さんは,我妻先生のいう協同体主義とは,農村協同体的な,微温的な保守主義の感覚だとおっしゃいましたが,もちろん,そういう側面はあるかもしれません。ただ,我妻先生が一番問題にされたかった..
19.
..もしれません。ただ,我妻先生が一番問題にされたかったのは,権利や自由を形式的に尊重するのでは現代社会は成り立たないということだったのではないでしょうか。そこで,国家を一つの協同体とみて,権利や自..
20.
..ません。その意味で,我妻先生の日本国憲法の理解には大きな問題があると私自身は考えています。4国家・社会の二元論と一元論的な考え方●加藤(雅) そこのところですけれども,我妻先生のとらえかたについ..
21.
..ところですけれども,我妻先生のとらえかたについては,山本さんと私で一致する部分と一致しない部分がありますので,その点は後でお話ししたいと思うのですが,それはさておきまして,山本さんの場合は,憲法..
22.
..るわけです。しかし,我妻先生は,必ずしも一元的な体系として考えていらっしゃるわけではないと思います。先生はこの問題について積極的なかたちの議論を展開しているわけではなく,国家・社会の二元論みたい..
23.
..とったゆえんですし,我妻先生も間接適用説をとっている。私も間接適用説をとっているのですけれども,根本的に国家統制から離れた市民社会がある,先生はそれを積極的なかたちで主張なさるわけではないけれど..
24.
..も,それを前提として我妻法学も展開されているし,多くの民法学も展開されているし,判例も基本的にはその立場をとっております。私が先ほど憲法が規定しなかったら私的自治,自己決定が認められないのかとい..
25.
..。●山本まず,前者の我妻先生の理解ですが,我妻先生が国家・社会の二元論を前提として,社会に対する国家からの介入を許さないという立場をとっているかというと,やはりとっていないと思います。我妻先生の..
26.
..妻先生の理解ですが,我妻先生が国家・社会の二元論を前提として,社会に対する国家からの介入を許さないという立場をとっているかというと,やはりとっていないと思います。我妻先生の理解によりますと,19..
27.
..ていないと思います。我妻先生の理解によりますと,19世紀型の民法は,たしかにそのような前提に立っていた。しかし,20世紀に入ると,そのような国家からの介入を排除した社会という考え方では,とうてい..
28.
..要があるというのが,我妻先生の出発点にある問題意識だろうと思います。そのためには,国家による介入を積極的に認めていくしかないことを,我妻先生ご自身多くのところで明言されています(我妻榮『新訂民法..
29.
..いくしかないことを,我妻先生ご自身多くのところで明言されています(我妻榮『新訂民法総則』(岩波書店・1965年)2頁以下,同『新版民法案内�T』(一粒社・1967年)64頁以下等を参照)。そこで..
30.
..で明言されています(我妻榮『新訂民法総則』(岩波書店・1965年)2頁以下,同『新版民法案内�T』(一粒社・1967年)64頁以下等を参照)。そこでは,国家・社会を分断するのではなくて,両者をい..
31.
..はないかと思います。我妻先生については,多くの方々が我妻先生とはこのようなものだというイメージをもっておられると思いますが,実際に我妻先生が説かれ,考えておられたところは,それとは若干齟齬がある..
32.
..いては,多くの方々が我妻先生とはこのようなものだというイメージをもっておられると思いますが,実際に我妻先生が説かれ,考えておられたところは,それとは若干齟齬がある場合もあるのではないかという感じ..
33.
..と思いますが,実際に我妻先生が説かれ,考えておられたところは,それとは若干齟齬がある場合もあるのではないかという感じがします。我妻先生自身は,国家と社会を区別しないいわば融合論であって,両者に共..
34.
..という感じがします。我妻先生自身は,国家と社会を区別しないいわば融合論であって,両者に共通した基本理念が妥当すると考える。それが,我妻先生の戦後の言葉でいう「民主主義の私法原理」ではないかと思い..
35.
..ると考える。それが,我妻先生の戦後の言葉でいう「民主主義の私法原理」ではないかと思います(我妻榮「民主主義の私法原理」同『民法研究�T』(有斐閣・1966年・初出1949年)41頁以下を参照)。..
36.
..はないかと思います(我妻榮「民主主義の私法原理」同『民法研究�T』(有斐閣・1966年・初出1949年)41頁以下を参照)。●加藤(雅) ここは別に我妻法学を論ずる場ではありませんけれども,我妻..
37.
..藤(雅) ここは別に我妻法学を論ずる場ではありませんけれども,我妻先生の民法のとらえかたは,基本的に,公法は令命服従を指導原理とし,私法は自由平等を指導原理とする。そして生活関係でいえNo.11..
38.
..ありませんけれども,我妻先生の民法のとらえかたは,基本的に,公法は令命服従を指導原理とし,私法は自由平等を指導原理とする。そして生活関係でいえNo.1177(........) 11かとうまさの..
39.
..をしましたけれども,我妻先生は公法・私法の二元的構造を前提としたうえで,その後の融合状況をもとらえている。そういう意味では,決して公法・私法の一元的な把握ではないと私は理解しているのですが……。..
40.
..のですが……。●山本我妻先生をどう理解するかが重要なのは,先ほども少し申しましたように,多くの方々が「これが我妻先生の見解であり通説だ」と思っているものがあって,それが民法の理解を規定しているこ..
41.
..多くの方々が「これが我妻先生の見解であり通説だ」と思っているものがあって,それが民法の理解を規定していることが少なくないからです。実務家の方々には,とくにそれがあてはまるのではないかと推察します..
42.
..と推察します。ただ,我妻先生というと,何となく「伝統的な」見解であって,民法の「オーソドックスな」理解に近いという感じがするかもしれませんが,実際には,当時においても,そして現在からみても,相当..
43.
..点ですが,私も,別に我妻先生が国家と社会の二元論をとっているから,国家と社会の二元論をとっているわけではなくて,私は,もっと内発的に,『「所有権」の誕生』という本では,エンゲルスに倣ったわけでも..
44.
..間接適用論者で,後で我妻先生とくらべながら紹介したいと思いますけれども,私自身も公序良俗論の類型を三つあげておりまして,その一つとしては,「私人による基本的人権の侵害の防止」をあげています。です..
45.
..ているところです。5我妻説について●加藤(雅) 山本さんの公序良俗論を読んだときに,No.1177(........) 17,{9015241E-B329-4DAA-840F-ADB803997..
46.
..997C75}20,我妻先生の7類型論をとりあげて批判していらして,一貫した視点がない,とくに目のついた共通項をピックアップして,関連する裁判例をとりあえずひとくくりにしているだけだ,という叙述..
47.
..う叙述がありまして,我妻先生の公序良俗論にかんしては,たしかに山本さんの批判のとおりなので,私は民法総則の教科書を書くときに,この点の我妻説に従うわけにはいかないと思って書きました。ただ,私自身..
48.
..書くときに,この点の我妻説に従うわけにはいかないと思って書きました。ただ,私自身は,必ずしも憲法一元論をと思っているわけではありませんので,公序良俗の3類型という新しい別の視点をうちだしたのです..
49.
..意味で,私はこの点の我妻先生を支持しているわけでも何でもないのですけれども,我妻説が判例をひとくくりにしたことの意味,要するに一貫した視点がない,その点では山本さんのおっしゃるとおりなのですが,..
50.
..ないのですけれども,我妻説が判例をひとくくりにしたことの意味,要するに一貫した視点がない,その点では山本さんのおっしゃるとおりなのですが,理論が無いまま共通項をひとくくりにした意味を考える必要が..
ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌