COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)の編集長インタビュー

編集長プロフィール

講談社
COURRiER Japon編集長 古賀義章さん

こがよしあき 1964年、佐賀県生まれ。編集者。1989年、講談社入社。
週刊現代、フライデーを経て、01年渡仏。04年、クーリエ・ジャポン編集長に就任し、同誌を立ち上げる。98年、火山災害をテーマにした写真集「普賢岳OFF LIMITS」(平凡社)、00年、オウム事件をテーマにした写真集「場所-オウムが棲んだ杜」(晩聲社)を発表。

編集長写真

第3回 COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)   編集長 古賀義章さん

雑誌ジャーナリズム受難の時代だからこそ、編集者の仕事が重要になっている

――iPhoneでも記事が読めるようになりましたね。

ええ。雑誌のプロモーションの一環として、この2009年3月号からサービスを開始したのですが、2か月間やってみて、無料ダウンロードが3万ほど、有料が1000件ほどですね。まあまあ好調だと思います。5%の人が海外で見ていることも分かりました。

――フランスの「クーリエ・アンテルナショナル」との提携雑誌ということですが、どういう経緯で日本版を出すことになったのですか?


クーリエ・アンテルナショナルはフランスで
「クーリエ・アンテルナショナル」はフランスで
発行されている週刊誌だ

講談社の100周年記念で、オンリーワン・マガジンをつくろうと、その企画の社内公募があって、それにアイディアを応募したのがきっかけです。いままでにないコンセプトをもった国際ニュース誌をつくりたかった。
最初は「ジャナゲン(「ジャーナリストの現場」の略称)」 という名前のプロジェクト名でした。会社に企画を出して、それから取材でバグダッドにいってたときに 「新雑誌のダミーつくっていいよ」 というOKが出た。バグダッドのインターネットカフェで知ったんですよ。嬉しかった。それで、私がかつて「パリマッチ」誌で研修させてもらってた経緯もあり、 友人もいたフランスの「クーリエ・アンテルナショナル」と交渉したのです。
「クーリエ・アンテルナショナル」とは、厳密に言うと、コンセプト提携なんです。 あの雑誌はフランスでは25万部も出ている有名な週刊誌で、 世界中の新聞や雑誌の記事が読めるようになっている。 ただ、コンセプト提携ですので、フランス側に掲載されている記事 をそのまま翻訳してのせるということではありません。世界1500メディアの記事のなかから、クーリエ・ジャポンが独自に 記事を選び、個々にその媒体にあたり、版権交渉をしています。

――フランスに留学されていたのですか?

社の海外研修制度を利用して、フランスの出版社などで研修をしました。
ちょうどユーロが解禁になって、ヨーロッパの中心的役割がフランスでしたので。また、私は旅が好きなので、パリにいると、中東へもアフリカへも出やすいかな、と思って。フランス語は大の苦手だったのですが、フランス語の学校へ通って、一生懸命できるフリして(笑)、「パリマッチ」の編集長にレターを送って、自らパリに出向き、友人に電話してもらって、「パリマッチ」の編集部に潜り込んだんです。

――パリにはどのくらいおられたのですか?

1年です。家族も連れていきました。学ぶことが多かったし、楽しかったです。休日は自宅に子供の友人の家族を招いたりして、異文化交流会の日々です。
これらは「クーリエ・ジャポン」をやる上でおおいに役立ったと思います。それは、いろんなコネクションができた、ということに加え、「外から日本を見る視点」の必要性に気づいたということです。外国人が見る日本の姿は、いまの「クーリエ・ジャポン」にも反映されています。価値の多様性に気づかせてくれたのも、パリでの体験があったからだと思います。

――もとからジャーナリスト指向でした?

写真家としても評価の高い編集長の著書
写真家としても評価の高い編集長の著書

というより、旅が好きだったんですね。大学のときも、インドやチベットを放浪したり、カナダでスノーボードやったり・・・。
講談社に入りたかったのは「デイズ・ジャパン」をやりたかったから。グラフ・ジャーナリズムとでもいうべきものなのですが、でも、入ったらその雑誌がなくなっていた(笑)。同じような雑誌、たとえば「マルコポーロ」や「Bart」「Views」みんな休刊になってしまった。時代を感じますね。いまは「月刊プレイボーイ」までなくなってしまった・・・。
入社f後、私は「Friday」編集部に配属になり、オウム事件や、普賢岳事件を取材、写真で伝えることの面白さにめざめ、写真を撮り始めたのです。おかげさまで写真作品は木村伊兵衛賞の最終候補にまで残りました。
こんな体験も、いまの仕事に役立っているのだと思います。多くのすぐれた写真家と仕事ができましたから。

――いまやインターネット上では世界のニュースがほぼタダで読めますが、「クーリエ・ジャポン」のような雑誌にとって、これはどういう影響を与えるのでしょう?

ネット社会では膨大なナマの情報が氾濫していて、読者が単にキーワード検索をしても、正確な情報にたどり着けない恐れがあります。やはり、それぞれの情報には目利きである編集者が必要で、そういった編集者の目を通して、読者はしっかりした内容の情報を手に入れるのだと思います。こういった時代だからこそ編集者という仕事はもう一度見直されるべき だと考えます。
それと、やはり紙とネット上のデジタル記号の世界とでは信憑性、信頼性にまだまだ大きな差があると思います。紙はいったん刷られてしまえば訂正がききませんから、やはり信頼度が高いわけです。しかし、雑誌は読者のそういったニーズにしっかり応えられなければ、存在が危うくなるのかもしれません。

――愛読者の多くは「クーリエ・ジャポン」のクールな佇まいを褒めますが、つくる上で、気をつけておられることは?

社内でもひときわ広い編集部
社内でもひときわ広い編集部

持っていて、カッコいい雑誌でありたい、と。
中身は当然ですが、外見も大事です。デザインはもちろんですが、背表紙が見えるようにして、自宅の本棚に並べてもらえるような工夫をしたり、紙も特別なものをつかったりして、ちょっと日本の雑誌じゃないような見せ方をしています。
編集面では、さきほど言いましたが、多様性に配慮しています。アメリカ発の記事は、たしかにこなれていて面白いのですが、それが多くならないように、他の国発の記事にも気をつかっています。中東、アジア、東欧、アフリカ…。さまざまな角度からのニュースを取り上げるようにしています。そのため、編集者やスタッフには、語学に長けた人が多いです。この編集部だけで14言語がカバーできます。毎日、世界中から届く、新聞やニュースサービスを読み、気になったニュースはその媒体と交渉して使えるようにし、われわれ独自の視点で編集して読者に届けるようにしています。

編集部では世界中の新聞も読める
編集部では世界中の新聞も読める
クーリエから生まれた本
クーリエから生まれた本

ちょうど「Hope」というテーマで世界中の写真家に写真を撮ってもらって写真集を刊行、写真展を開催したのですが、「Hope」といったっていろんな視点があり、アングルがある。絶望的に見えるものを「Hope」として見せる写真家もいる。これぞ多様性で、面白いです。

――雑誌ジャーナリズムの危機が叫ばれて久しいですが。

既成の雑誌ジャーナリズムは、もうなくなってしまうかもしれませんね。現在の出版の構造を変えないと、存続は難しい。少数で人件費を落としてつくるか、雑誌の値段を上げるか・・・。
いずれにせよ、厳しい現実に直面していると思います。「クーリエ・ジャポン」は、定価以上の価値あるニュースを読者に提供する、ということでこの難局に立ち向かっています。今回のi-phoneへのニュース提供もそうですが、ネットとの共存を上手にやりながら、携帯電話などへの対応も積極的にやっていきます。

――休みの日は過ごされてますか?

スカッシュとスーパー銭湯です。(笑)
ちょうど、近くに有名なスーパー銭湯があるので、そこで次のテーマなどを考えるのです。スカッシュで売れなかった号のことを忘れ、温泉で次の企画を考えるって感じですね。

編集長の愛読誌

  • 1.The New York Times Magazine

    ポピュリズムに左右されず、わが道を行く、なんとも羨ましい雑誌。内容もデザインもズバ抜けている。

  • 2.D Donna di La Repubblica

    イタリアの女性週刊誌。ルポルタージュもある硬派な雑誌で、写真のクオリティがいい。

  • 3.ナンバー(文藝春秋)

    手作り感がいい。写真の質やデザイン性も高い。

  • 4.Pen(阪急コミュニケーションズ)

    隔週でワンテーマ。よくネタが続くと感心させられます。

  • 5.週刊新潮(新潮社)

    あまり時流に迎合しない独自の”角度”がいい。最も週刊誌らしい週刊誌かな。

(2009年5月)

COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)の商品詳細

  • 出版社名:講談社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:A4
海外の人を相手に働くときの「準備」はできていますか?
クーリエ・ジャポンは「ニューヨーク・タイムズ」「ル・モンド」「ガーディアン」など、世界中のメディアから重要な情報だけを厳選してお届けする会員制ウェブメディアです(月額980円・税別)。 海外と仕事をする機会が増えたいま、日本の報道だけに接していては世界の潮流を読み取ることはできません。世界の出来事を海外のメディアはどう報じているのか、世界は日本をどう見ているのか、いま知っておくべきキーパーソンは──。 忙しいビジネスパーソンの代わりに編集部が世界中のメディアに目を通して厳選することで、複雑にして日々変わりゆく世界を理解する“鍵”となる記事を「効率よく読むこと」が可能になります。 ◆◆本サービスはオンラインでご購読頂くサービスです。紙媒体でのご提供はございません。また、Fujisanで販売のデジタル版とも異なります。◆◆

COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)の今すぐ読める無料記事

COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)を買った人はこんな雑誌も買っています!

ビジネス・経済 雑誌の売上ランキング

COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)の所属カテゴリ一覧

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌