GINGER L.(ジンジャー エール)の編集長インタビュー

編集長プロフィール

幻冬舎
「GINGER L。」編集長 菊地朱雅子さん

きくちすがこ 1966年生まれ。立教大学文学部卒。ぴあ株式会社を経て95年1月幻冬舎に入社。「星星峡」編集長、幻冬舎文庫編集長を歴任して現職。唯川恵氏、湊かなえ氏らの文芸、ミステリ作品をはじめ、さだまさし氏、小林聡美氏、などの幅広い執筆陣を担当している。

編集長写真

第53回 GINGER L。 編集長 菊地朱雅子さん

女性に人気のある方々には男女を問わず、どんどん書いてもらえるようにしたい

―ずっと文芸畑を歩いて来られた方とお聞きしているのですが。

菊地編集長が最近つくった単行本
菊地編集長が最近つくった単行本
と文庫の数々
と文庫の数々

いえいえ、最初は私、「ぴあ」に就職して、情報誌を編集していたんです。幻冬舎の公募で95年にこちらにやってきて、それから書籍中心に編集者として働いてきました。
それも文芸だけというわけではなく、けっこう幅広く、いろいろ作っている方だと思います。

―でも本が好きだったんですよね。どういう作家を担当されているのですが。

本を読むことが好きで、時間があればずーっと読んでいたい。小説家の方は唯川恵さん、群ようこさん、井上荒野さんといったベテランから、湊かなえさん、豊島ミホさんといった若手まで、本当にいろんな方々を担当させていただいています。
また、タレントの方々も、小林聡美さん、川原亜矢子さん、さだまさしさん、片桐はいりさん、小雪さん、内田恭子さん、雨宮塔子さん・・・など多彩な方々とも仕事をさせていただいてます。

―そういったタレントの方々には、最初からいきなり本を書いてください、ってお願いするのですか。

そうですね、やはり本にすることを前提にお話させていただきます。これは幻冬舎の伝統かもしれないのですが、まずは書いてもらいたい著者にお手紙を書いて、自分の意図をお伝えします。それでOKがもらえたら会っていただき、どういう形でつくっていくかを相談します。雑誌があれば、まずはそこで連載を持ってもらって、それを本という形にすると説明しやすいのですが、ない場合は最初から1冊の本をイメージして書いていってもらうことになります。
入社したてのころは、まだそのへんの呼吸がわからなくって、先輩の石原(現専務)などにいろんなところに連れて行ってもらって、作家の方々を紹介してもらったりして、勉強しました。
才能のあるタレントさんが、ものを書くという違うジャンルで新しいチャレンジされるのって、すごく面白いし、やりたかったことでした。

―「GINGER L。」って個性的な文芸誌だと思いますが、創刊前夜の話など教えてもらえますか。

創刊の前年まで6年間文庫の編集長をやっていたんです。でもとにかく点数をそろえなければならないし、もちろんそれに見合う成果も要求されます。やはりだんだんネタが不足してきて(笑)。
結局、文庫を作るには、その大元となる原稿をいただかなければならない。幻冬舎にも「papyrus」「星星峡」「PONTOON」といったPR誌など媒体はありますが、他社と比べたら、まだ足りないな、と。そこで、ストレートな文芸誌を創刊することを考えました。それが2年ほど前のことです。
会社にあるブランドをうまく利用しようということで雑誌「GINGER」の名前を使わせてもらい、「GINGER L。(エル)」としたんです。このLはレディとリテラチュアの意味を込めました。

―へー、「ジンジャーエール」じゃなかったってことですか。

読み方を「エール」にしたのは見城(社長)です(笑)。
小説はなるべく書き下ろしで取るようにいわれてましたので、この雑誌には反対されるかもと思っていたのですが、意外とすんなりOKをくれたんです。ただし、ひとつだけ条件がある、と。これは「ジンジャーエール」と読ませろと。
あ、あと、不必要に金をかけるな、と(笑)。

―それはどこのトップも言いますよ(笑)。でも見城さんも必要性は認められたわけですよね。

そうですね。とくにまだ弊社と仕事をしていただいていなかった作家の方々に、参加していただける機会をつくることができたかなと思います。
でも独自の編集部があるわけじゃないし、編集長ひとり部(笑)。自分でももちろん原稿はいただきますが、あとはいろんな編集者にお願いして、私は集めてもらった作品をまとめて形にするのが役目だと思っています。
創刊してみて思ったのですが、ほんと、楽しいです。いただいた作品はどれを読んでも面白いし、大好きです。

―これだけの書き手を揃えられるのも、編集長の力量ですね。それに表紙がお洒落なので、ちょっと持ち歩いてもいい感じです。

第2号の表紙の色校が上がってきた
第2号の表紙の色校が上がってきた

ありがとうございます。でも編集長の力量というよりも、幻冬舎が培ってきた財産だと思います。表紙に関しては、ターゲットは一応20~40代の女性で、どんな感じにしたらいいんだろうとかなり試行錯誤しました。世界的に有名なアーティストにキャラクターを作っていただけないか、また、女性から絶大な人気のある、個人的にも大好きな漫画家さんにお願いできないかなど。
でも、いろいろ難しくて……。考えていくうちにファッション誌やビジネス誌と違って、文芸誌の表紙に分かりやすい「正解」はないんだろうなと思い、だったら、シンプルに、自分が好きだ、と思える表紙にしようと。自由にやっていいってことでしたから、じゃあ私、猫が好きなので、それで行こう!と(笑)。デザイナー(山本知香子さん)と写真家(瀧本幹也さん)と相談して、いまの形になりました。とても気に入ってます。猫はこれからもずっと表紙です。
それと、表紙にあえて執筆陣の名前も入れませんでした。シンプルだけど、オリジナルな世界観が伝わっていたらいいなと思っています。

―私はこの表紙好きです。自由にやっていい、はいいのですが、何か縛りはないのですか。

縛りは別にありません。とにかく、単行本、文庫本に繋がれば。
編集部はありませんが、社内のたくさんの人が協力してくれて、とても助かっています。営業も創刊雑誌ということで、すごく頑張って動いてくれて、お陰で本屋さんでもいいところに並べてもらって、感謝しています。

―男性作家は参入しないのですか。

いえ、そんなことはありません。あくまでターゲットは20~40代くらいの女性においてはいますが、2号では伊坂幸太郎さんが書いて下さったりもしています。女性に人気が高い方にはどんどんお願いしていきたいと思います。

―菊地さんは仕事人間ですか。

菊地さんが局長をつとめる第一編集局のみなさん
菊地さんが局長をつとめる第一編集局のみなさん

どうなんでしょう、でも、仕事以外あんまりやりたいことがないんです。週に2回ジムに行くくらいで。私は比較的規則正しく働くタイプで、デスクワークでタクシー帰りということは滅多にないです。作家さんなどと夜、お食事をご一緒したりして、遅くなることはありますが……。平日無理するより、スケジュールが許すなら、週末出社して作業するほうが好きです。
でも、自分がなまけものだってわかってますから、ある程度ストイックにやらないとダメなんですよ。たぶん仕事しないでいいってことになると、家でずっと本を読んでるだけってことになりそうで(笑)。

編集長の愛読誌

(2011年2月)

取材後記
幻冬舎にお邪魔して、久しぶりに社長の見城さんや専務の石原さんにお会いしました。小さな船出(キューバ革命みたい)であると出版社の設立を新聞広告に出されてからはや18年。いまでは間違いなく出版界のトップランナーです。
「GINGER L。」の菊地さんにお会いしたのは今回が初めてでしたが、幻冬舎という会社の独特なオーラを纏っておられる方だと思いました。さばさばしたなかにあるしっかりした強さ。あっけらかんとした素直さと、本が好きだという思い込みの確かさ。仕事をお願いしたい人にはまず手紙を書いてから始める、という古典的ともいえるスタンス。
これらはすべてこの出版社の個性でもあり、またその個性が出版界に与えた影響は決して小さくありません。どれもみな、「編集者という病」にとりつかれた人たちの業か。
ヒンシュクは金を出してでも買って、元気のないと言われる出版界の革命児で居続けてほしいものです。

インタビュアー:小西克博

大学卒業後に渡欧し編集と広告を学ぶ。共同通信社を経て中央公論社で「GQ」日本版の創刊に参画。 「リクウ」、「カイラス」創刊編集長などを歴任し、富士山マガジンサービス顧問・編集長。著書に「遊覧の極地」など。

小西克博写真

GINGER L.(ジンジャー エール)の商品詳細

  • 出版社名:幻冬舎
  • 発行間隔:季刊
  • サイズ:A5
「読む」悦びが味わえる、充実のラインナップ。魅力溢れる、小説・エッセイ・対談。
毎日をパワフルに楽しく生きようとうる現代の女性たちには、ファッション、メイク、恋愛、財テク。。。の情報が必要不可欠。そこに読書の愉しみが加われば、日々の暮らしに新しい彩りが添えられるのでは?GINGER Lはたくさんの女性に「読む」愉しみを知ってもらいたいという願いで生まれた「GINGER」の姉妹紙です。人生は簡単には変わりません。でも、「読む」ことで毎日の生活が少しずつ変わり、人生はより豊かで深いものに変わっていくはず。。。

GINGER L.(ジンジャー エール)を買った人はこんな雑誌も買っています!

文芸・総合 雑誌の売上ランキング

GINGER L.(ジンジャー エール)の所属カテゴリ一覧

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌