思いっきり踊れる読者交流会『ダンスビュウふれあい舞踏会』レポート

photo

女性も男性も思い切り踊れるパーティが、2月27日に台東区民館で開催されました。主催は、社交ダンス専門誌『ダンスビュウ』を発行しているモダン出版株式会社さん。
『ダンスビュウ』の読者同士が交流し、ダンスの楽しさを心ゆくまで味わえるイベントと聞き興味津々です!

当日の参加者は120名。遠くは青森、岩手からお越しの方もおり、かなり人気の舞踏会のようです。リピーターになる方も多いらしいですよ。

photo

会場は十分に広々としていたので、大きな混雑もなく入場はスムーズ。ぞくぞくと舞踏会の花たちでホールは埋め尽くされていきました。本当に皆さんのドレスが可愛らしくて、見ているだけでも楽しい!
男性はスタンダードなスーツ、女性はドレス姿が多かったです。ただし、中にはワンピースやフレアスカートで来ている方もチラホラといらっしゃいましたよ。とっておきの衣装をお披露目するのにも、気軽に参加するのにもいいチャンスといえそうです。
(会場脇では、ドレスや靴の展示もありました)

photo

13時になり、いよいよイベントスタート。最初はフリーダンスタイムから。ゆったりとしたスムーズな進行で、自然に踊り始めるみなさん。和やかな時間が進んでいきます。

photo
photo
photo

会場が温まったところで、歌手・岡田淳一さんの登場です。生唄によるダンスタイムが始まります。一曲目は代表曲『今夜は踊ろうよ』。ボールルームは岡田さんの美声で満たされ、贅沢なひと時となりました。

photo

プロの生唄って、当たり前ですがCDとは全然違います。心なしか踊っている方々の表情もうっとりとしてきたような……。曲数も多く、スタンダードもラテンも網羅していましたよ。

photo
photo

今回は女性の参加者が多かったので、男性のアテンドさんがついてくれています。自然に誘ってくれるので、壁の花になる心配はご無用です。

photo

休憩をはさんで、いよいよ庄司浩太・名美先生のミニレクチャータイム。デモンストレーションとして最初にワルツを踊ってくださいました。

photo

プロのダンスを見るのは初めての経験だったのですが、こんなにキレイなものなのかと本気で感動しました。席とホールの距離がかなり近く、しかも庄司先生たちが踊りながら寄ってきてくれたので迫力がすごい! お二人のダンスを見ただけで、「あぁ今日はここまで来てよかったなぁ」と、取材中にも関わらず思ってしまいました。

photo

会場も盛り上がり、レクチャー前にも関わらずみなさん満足げなご様子。もちろんこれからミニレクチャーが始まります。
今回の指導内容はふたつ。ひとつはピクチャーポーズ(ワルツ)。もうひとつはホバーコルテ。

photo

庄司先生はお話もとても上手で、冗談を挟みながら分かりやすく教えてくれました。みなさん、リラックスしながらも真剣な様子で聞き入っていましたよ。決して難しいお勉強会という感じではなく、近い距離で一人一人の顔を見ながらの丁寧なレッスンでした。
「なるほど!」「そういうことだったんだ」
会場からはそんな声もときおり聞こえ、中身の詰まったレクチャータイムとなったようです。

その後には、岡田淳一さん・庄司浩太先生・庄司名美先生、それぞれと踊ることのできるトライアルコーナーが!
お相手は会場の中から抽選で選ばれます。ワルツとタンゴの2曲あるので、計6名が選出されることに……。幸運は誰の手に!? ボックスから名前カードが引かれるときはなぜか私もドキドキ。

photo

名前を読み上げられた女性は、口に手を当てて喜んでいました。なんだか王子様に見初められたお姫様を見ているようで、ときめきが凄かったです。乙女なら一度は憧れるような場面ですよね! 会場の温かな拍手とともにホール中央へ。

photo
photo

ダンス終了後、庄司浩太先生と踊った女性にお話を聞きました。
「やっぱりプロですからね。こちらが何もしなくてもうまくリードしてくれました。即席だけど踊れるってことはリードが素晴らしいから。もう、今年はラッキーな年ですよ!!」

トライアルタイムの後は、サインと記念撮影タイムが設けられています。踊ること以外にもお楽しみポイントがたくさんありますね。

photo
photo

ここまでで、イベントはまだ半分を過ぎたところ。いかに内容が充実しているかがお分かりいただけると思います。
会場にいらしたモダン出版株式会社取締役・伊藤宏さんは、「このイベントにはダンスが好きな方はもちろん、以前はやっていたけど今は離れている方にもぜひ参加していただきたいと思っています」とおっしゃっていました。
確かに、会場は始終和やかで和気あいあいとした雰囲気。舞踏会は久しぶりという方でも安心して参加することができるはずです。

その後、フリーダンスタイム・ミキシングを経てお楽しみ抽選会へ。

photo

お楽しみ抽選会では、ダンスシューズ券1万円分やロンドン製のカフス、ダンス競技会のDVDなど豪華な品揃えでした。

フリーダンスタイムを挟み、最後は再び岡田淳一さんの登場。しっとりと名曲ムーンリーバーと共に終演を迎えました。会場のみなさんの顔は晴れ晴れとしており、心行くまで踊りつくせたご様子です。

photo

≪イベント終了後、参加者にお話をうかがいました≫
ご友人と二人で参加したというご婦人方は、大変満足した様子で舞踏会の感想を聞かせてくださいました。
「ここはちょっと世界観が違いますよ。サークルそれぞれの良さってものがありますけど、このイベントは特に華やかでした。ドレスも、会場も。そして男性のリードがとってもお上手」

またダンスイベントの参加をひとつの目標にして、日々の練習に励んでいるという女性もいらっしゃいましたよ。
「目標がないと人間は進まないものですから。目標があると、外に出ていかなきゃいけないですものね。私は、90歳まではダンスを頑張ろうと思っているんですよ」

photo

ダンスビュウの雑誌でダンステクニックを学び、ふれあい舞踏会でその成果を発表する。
そのような良いサイクルが作れたら、練習がもっと楽しくなりそうですね。
読者の方だけでなく、これからダンスの技を磨きたい、なにか目標が欲しいという方はぜひダンスビュウふれあい舞踏会に参加してみてはいかがでしょうか。

イベントは年5回ほど、気候の良い春・秋に開催されています。
詳しいイベント情報は、月刊ダンスビュウまたはダンスビュウHPでご確認ください(https://www.danceview.co.jp/)。

photo

庄司浩太・名美先生
アジア太平洋チャンピオンや統一全日本チャンピオンなど、様々なタイトルを持つ。
JCFプロボールルームSA級。

岡田淳一さん
社交ダンスインストラクターでありながら日本の演歌歌手として活躍する。
競技ダンスのプロ部門に出場している。

特集一覧へ戻る