【世界の人々を魅了する日本式カレー】日本で一番美味しい幸福の黄色いカレー『東嶋屋』

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

日本のカレーライスはおよそ150年前に洋食としてもたらされました。

時の変遷とともに独自のアレンジが加わり、明治の終わり頃にカレー南蛮などが誕生し、
大正の初めに現在のカレーのスタイル、ニンジン、ジャガイモ、タマネギの具材が一般化されていきました。

 

ヤエスメディアムックでは、世界の人々を魅了する日本式カレーについて、特集しています。

 

日本式カレーの源流
それが『黄色いカレー』

 

第二次世界大戦後、各食品メーカーから手軽に作れる即席カレールウが販売されるようになると、
全国の一般家庭に広まり食卓の花形となります。

のちに学校給食にも登場することにより、果たしてカレーライスは日本の国民食として定着しました。

 

カレーの原型はもともと南アジアの調理用ですが、独自の進化を遂げた日本式のカレーは、
ほどよい辛味で旨味の効いた美味しさから、日本を訪れる異国人を魅了するようになり、
今では日本式カレー専門店が世界各国に点在するまでになっています。

 

世界一美味しい
そば屋のカレーライス

 

 

東嶋屋/入谷

 

文:小野員裕(グルメ評論家・横濱カレーミュージアム初代名誉館長)

 

昭和通り沿い、三ノ輪駅と入谷駅の中間におそば屋さん『東嶋屋』がある。

この店は昔々鶯谷に住む友人から、
「小野ちゃんにあのカレーライスの評価聞きたいな」と勧められた店で、その美味しさの虜にさせられた。

 

久しぶりに訪れた。

昼どき、女将さんが厨房でせっせと料理を仕込んでいる。

 

そば、天ぷら、丼各種どれをいただいても穏やかに美味しく、
近隣の商店主、サラリーマンでウイークデーは賑わっている。

 

オススメは何はさておき『ライスカレー(800円 ※2024年6月時点)』だ。

いわゆるおそば屋さんでよく見る平凡なライトイエローのカレーライスだけど、
これ質素ながら美しい絵姿なんだよね。

 

ひと口いただくと、トロミ加減の滑らかさ、塩加減、ほどほどの旨味、わずかな豚肉とタマネギの具、
際立って主張するものはないんだけど「ああ、しみじみ旨い!」と
独り言とため息を漏らしてしまう味わいとでも言おうか。

 

スパイシーなカレーもそれはそれでいいけど、『東嶋屋』のカレーライスは別次元。

そば屋の何気なく美味しいカレーの極致と言っていいだろう。

 

メチャお腹がすいている人は、もりまたはかけとライスカレーがセットになった
『ライスカレーセット(1050円 ※2024年6月時点)』もあるんだけど、
フルサイズでこのカレーを食わなきゃ意味がない。

 

デフォルトでバランスの取れたカレーなので、まずはそのまま食べてほしい(カツカレーもしかり)。

そして少し食べ進んだところで、一緒についてくるウスターソースをかけて食べる。

少しかけるとほんのり酸味が効いていいね。

またこのカレーライスは福神漬けがよくマッチする。

 

それに加えて、ここで働く女将さんと従業員の年配の方の人柄がサイコーで、
いつも気分よく食事が楽しめる。

 

もう何度もここの黄色いライスカレーを食べているけど、食べるたびにそのうまさの虜になる。

やっぱり、ここのが「世界一美味しいそば屋のカレー」だな。

 


 

本誌では、小野さんおすすめの日本中の美味しい幸福の黄色いカレーが紹介されています!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。