※最新号の表紙とは限りません

将棋世界

マイナビ出版
月額払いなら初回3号50%OFF!4号目以降も10%OFF!【12/14迄】
幅広い内容で迫るビジュアルな将棋総合雑誌。※デジタル版についてのご注意: 付録はつきません。棋力認定問題には応募できません。懸賞への応募ができない場合があります。
プロ・アマ問わず将棋界のすべてがわかる格調高い将棋総合雑誌。他誌に類をみない豊富なカラー頁で対局風景、棋士の表情、イベント等をビジュアルに描写。特にタイトル戦の解説は詳しく見やすくをモットーに時には自戦記、あるいは巻頭カラー頁で取り上げたりと趣向が凝らしてある。他にも公式棋戦の動向、初心者から有段者まで楽しめる多様な上達講座、人気棋士の自戦記、硬い話やくだけた内容の読み物等、バラエティーに富んだ連載・特集・企画の充実ぶりも見逃せない。

将棋世界の
定期購読 雑誌・電子書籍(デジタル版)

おすすめの購読プラン
すべての購読プラン
初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
将棋世界のレビューを投稿する
  • 紙版
  • 毎号価格
    50%
    OFF
    最新号は410円(税込)
    (4冊目以降は10%割引です)
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • 紙版
  • 9,840円(税込)
    1冊あたり820円
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 注意事項
    • この購読プランは、ご注文完了後の解約は原則受け付けておりません。
  • デジタル版
  • 毎号価格
    最新号は713円(税込)
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 7,900円(税込)
    20%
    OFF
    1冊あたり658円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • この購読プランは、ご注文完了後の解約は原則受け付けておりません。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。

将棋世界の商品詳細

  • 出版社名:マイナビ出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:[紙版]毎月3日  [デジタル版]毎月5日
  • サイズ:A5
  • 1冊定価:[デジタル版]700円
幅広い内容で迫るビジュアルな将棋総合雑誌。※デジタル版についてのご注意: 付録はつきません。棋力認定問題には応募できません。懸賞への応募ができない場合があります。
プロ・アマ問わず将棋界のすべてがわかる格調高い将棋総合雑誌。他誌に類をみない豊富なカラー頁で対局風景、棋士の表情、イベント等をビジュアルに描写。特にタイトル戦の解説は詳しく見やすくをモットーに時には自戦記、あるいは巻頭カラー頁で取り上げたりと趣向が凝らしてある。他にも公式棋戦の動向、初心者から有段者まで楽しめる多様な上達講座、人気棋士の自戦記、硬い話やくだけた内容の読み物等、バラエティーに富んだ連載・特集・企画の充実ぶりも見逃せない。

将棋世界 2019年12月号 (2019年11月02日発売) の目次

●巻頭カラー
・【ドキュメント】第60期王位戦七番勝負
 「木村の二十一秒 不撓の河を渉れ」文/北野新太
・【インタビュー】木村一基王位
 「百折不撓でつかんだ初タイトル」

・第32期竜王戦七番勝負[第1局] 広瀬章人竜王vs 豊島将之名人
 「力のこもった開幕戦」 自戦解説/広瀬章人竜王 構成/小暮克洋

・折田翔吾さんプロ編入試験挑戦記念座談会
 瀬川晶司六段×今泉健司四段×折田翔吾さん
 「挫折からよみがえった男たち」

●プロ棋戦
・第67期王座戦五番勝負[第3局]斎藤慎太郎王座vs 永瀬拓矢叡王
 「らしさ全開の奪取劇」文/編集部
・第50期新人王戦三番勝負[第1局]増田康宏六段×高野智史四段
 「出るからには、優勝」文/雨宮知典

●戦術特集
現代に生きる矢倉脇システム ―進撃の矢倉!角交換が攻めの合図―
 Chapter1:戦法解説「家元が語る脇システム」解説/脇謙二八段
 Chapter2:基本講座「現代の脇システム」講師/池永天志四段

●特別読み物
・【インタビュー】里見香奈女流六冠「周囲への感謝を忘れずに」
・【人物クローズアップ】西山朋佳女王「盤上の華 奔馬のごとく」大崎善生

●連載講座
・強者の視点 ―棋士たちの藤井将棋論―
 最終回「藤井将棋次の一手」
・定跡最前線パトロール 第11回「角交換振り飛車 ―バリエーション増加中」講師/石田直裕五段

●連載読み物
・清廉 ―八木下征男と八王子将棋クラブの四十一年―
 最終回「四十一年の駒」 文/北野新太
・「我が棋士人生」十六世名人 中原誠
 第16回 タイトルを懸けての巻「梅原画伯の思い出」
・戦国順位戦 ―歴史は棋士たちに何を望むのか! ― 泉正樹八段
・最終回 戦火に消えた幻の天才棋士・関口慎吾六段 渡辺大助
・江戸将棋・次の一手 名人たちの譜跡
 最終回 特別編 天野宗歩(2) 文/田丸昇九段
・将棋めし いま、むかし 第13回「記憶の中の名店たち」小笠原輝

●付録
定跡&実戦次の一手「攻めて楽しい脇システム」北島忠雄七段

将棋世界 2019年11月号(2019-10-03発売) の特集を少しご紹介

里見初代清麗に史上初の女流六冠達成
優 勝 賞 金 は700万
P.38~P.40
里見香奈女流五冠と甲斐智美女流五段で争われた第1期ヒューリック杯清麗戦五番勝負第3局は石川県金沢市で行われ、120手で里見が勝ち、3連勝で初代の清麗を獲得。優勝賞金700万円を手にした。後手の里見はゴキゲン中飛車を採用。 第1局は?3二飛??3三金の力戦だったが、ここでエースを投入した。振り飛車党の甲斐だが、第1局に続き居飛車を選択。超速?3七銀から実戦例のある展開に進んだ。里見が銀桂交換に成功し、ペースをつかんだ。苦しくなった甲斐だが、美濃囲いの急所である9筋の端攻めで勝負形に持ち込む。双方が最善を尽くし、ねじり合いが続いた。 。だが、序盤での長考が響き、持ち時間が少ない甲斐は勝負どころで敗着を指してしまい、里見が優勢に。以降はすばやく寄せて勝ちきった。
天才対決は藤井が勝利
谷川浩司九段 ×藤井聡太七段
P.30~P.36
本局の6日前、谷川浩司九段は王位戦第5局の立会人を務めるため、徳島にいた。ちょうどこの日の夕方、藤井聡太七段が準決勝に勝ち、谷川との二次予選決勝となる本局が実現した。  その夜に行われた徳島対局の前夜祭には、多くのファンが駆けつけていた。何人かのファンから「『藤井さんとの対戦が決まりましたね』といわれました」と、谷川は夕食会で笑っていた。 藤井が「幼少時代からの憧れだった」と公言する谷川との初対戦。中学生棋士 という共通点もある。。待ちに待った一戦ではあるが、谷川は2013年以来、藤井は初のリーグ入りがかかった大一番だ。谷川は対局の後日、「藤井七段との対局というよりも、リーグ入りの一番という意識のほうが強かったです
苦しいときの戦い方
将棋は逆転のゲーム あきらめは最大の敵!
P.93~P.106
将棋はいつも自分の思い通りにはならないし、苦しい場面は必ず訪れるもの。序盤で作戦失敗、中盤で駒損、終盤で非勢。 それはプロアマ問わず誰もが通る道だ。そんなときに簡単にあきらめてしまっては元も子もない。将棋は逆転のゲームであり、人間同士の勝負に100パーセントはない。決定打を 与えない辛抱強い粘りはもちろん、勝負手を繰り出すタイミング、選択肢の多い間違えやすい局面への誘導など、絶対不利な局面では相手のミスを待つ戦い方が求められる。 「根性の棋士」深浦康市九段と佐々木大地五段の師弟が、心理と技術の両面から、将棋の醍醐味である逆転術を伝授する。 今回の戦術特集は「苦しい局面での戦い方」をテーマに、深浦康市九段と佐々木大地五段の師弟でお送りします。お二人は同じ長崎県出身ですが、どのような経緯で師弟になったのですか。 深浦 出身地である佐世保の支部長さんと、長崎のアマチュアの方に、対馬にプ ロ入り志望の子がいると紹介されたのがキッカケですね。

将棋世界 2019年10月号(2019-09-03発売) の特集を少しご紹介

木村は燃えているか
第60期王位戦 七番勝負第3局
P.18~P.29
待望の1勝だった。 開幕戦で木村は後手番で完敗した。序盤から形勢不利に陥ったので力を発揮していなかったが、北海道で指された第2局は違う。貴重な先手番で優位に立ったものの、中盤で崩れて連敗。新聞観戦記を担当した私は終日、対局室で観戦していたが、木村の落胆ぶりは痛々しかった。 なぜこれを勝てないんだ。木村が自分を責めつけていることがはっきり分かった。 第3局は後手番だ。これを落とすとシリーズの趨勢はほぼ決まってしまう。木村が強い思いで本局に臨んだことは容易に想像できるが、好材料もあった。第2局のあとに竜王戦の決勝トーナメントで永瀬拓矢叡王に勝ち、挑戦者決定戦に進出。王位戦とあわせて、豊島と十番勝負を戦うことになった。 「よく勝っている永瀬さんに勝てたのは大きなこと。(第3局に)よい影響はあったと思います」と木村は言う。 それでも「確かに十番勝負と考えることもできますけど、王位戦は連敗していたので早く一つ勝ちたかった」と率直に明かした。
豊島先勝
第32期 竜王戦 挑戦者決定三番勝負第1局
P.30~P.32
第32期竜王戦挑戦者決定戦三番勝負は、豊島将之名人―木村一基九段のカードとなった。両者は並行して行われている、第60期王位戦七番勝負でも戦っており、合わせて真夏の十番勝負となる。 なお同年の竜王戦挑戦者決定戦と、王位戦七番勝負が同一カードとなったのは、これが初めてのケースだ。 第1局は8月13日に、大阪の関西将棋会館で行われた。振り駒の結果はと金が3枚で、木村の先手番となる。 戦型は相掛かりに。先手が金損となる展開への誘いのスキを作る。過去の前例では、後手番を持った側が先手の挑発に乗らない進行だったのだが、本局の豊島は敢然と駒得を目指す進行に。こうなると、もう止まらない。午前中から局面は一触即発の様相を呈してきた。 第1図がその局面で、後手が踏み込めばこうなるだろうと、予想されていた進行である。先手の飛車2枚対、後手の角2枚という構図だが、よく見ると先手陣の金駒が3枚なのに対し、後手陣のそれは5枚である。
師弟
淡路仁茂九段×久保利明九段
P.3~P.10
40年近くも昔のこと、棋士・淡路仁茂が経営する神戸の将棋道場へ父親に連れられてひょっこり現われた4歳の小さな少年。十九枚落ち(上手は王将1枚)で将棋の手ほどきを受けた少年は、プロの強さを知り、棋士を夢見て門をたたいた??。  阪田三??贈名人・贈王将から脈々と続く名門「神戸組」。「不倒流」でA級へ上り詰めた師と、振り飛車一本でタイトルをつかみ「さばき(粘り)のアーティスト」と呼ばれる弟子の半生をたどる。 「もうメンバーも、だいぶ変わったやろうな」 淡路仁茂が神戸将棋センターに顔を出すのは久しぶりのことだ。神戸市中央区元町通り、昔ながらの商店街の並びに将棋センターはある。ビルの4階までの階段を上がると、午後1時の開店と同時に、常連客が盤を挟んでいた。淡路は壁の段級位表を見上げた。「あぁ、まだ松本さんも入江さんも名前があるわ」。盤に向かっていた馴染みの客が「今日もくると思いますよ」と顔を上げた。かつての席主を見る目が穏やかに笑っている。

将棋世界 2019年9月号(2019-08-03発売) の特集を少しご紹介

三冠に復帰!渡辺明、棋聖奪取
第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第4局
P.3~P.14
 ―第90期棋聖戦は渡辺明二冠が3勝1敗で初の棋聖を獲得し、2013年以来の三冠に復帰しました。決着局となった第4局についてお聞きいたします。まず、第3局から第4局までの10日間はどのようにお過ごしだったのでしょうか。 「その間に対局がなかったので、日程としては余裕がありましたね。本局が後手番ですから、その作戦を考えていました」  ―4手目?4四歩から雁木になったことに、まず注目が集まりました。 「普通に指すなら第2局のような角換わりでしょうが、それは避けました。2局目はこちらがうまくいった将棋ですが、当然、修正手順を用意してくるでしょう。また角換わりだと定跡手順が続きますが、カド番で定跡手順を指すのは、自分の経験からすると楽なんですよ。雁木のような力戦形のほうが、相手にプレッシャーを掛けられると思いました」
これが豊島将棋だ
第60期王位戦七番勝負第1局
P.16~P.27
意外な拙戦、というフレーズがこれほどピッタリくる対局も珍しい。 木村にとっては3年ぶりのタイトル戦。「もう出場は叶わないと思っていた」と自分でも言う大舞台に、46歳にして躍り出たのだ。順位戦ではA級に復帰したし、竜王戦も決勝トーナメントに進出。何度目になるのかわからないピークが木村に訪れている。 過去、木村はタイトル戦に6度出場し、いまだ無冠だ。勝てばタイトル獲得という将棋を8局も逃しているのは有名な話である。それだけに、今シリーズにかける思いは尋常でないはずだ。 けれど開幕戦は木村にとっては厳しい結果に終わってしまう。ただの負けではない。初日の午後から非勢が明らかになり、封じ手の時点では「かなり差がついている」という評判だった。2日目も頑張ったが、差は縮まることなく午後3時台に土俵を割ったのである。
驚愕の2連覇超早指し王。藤井聡太
第2回AbemaTVトーナメント決勝
P.47~P.52
AbemaTVのオリジナル早指し棋戦、「第2回AbemaTV(以下、アベマTVと表記)トーナメント」。 予選は、12人の棋士をABCの3つのブロックに分け、それぞれ2人ずつ通過するシステムで、今回は第1回アベマTV女流トーナメントの優勝者である伊藤沙恵女流三段も出場した。 本戦は、予選通過の6人に加えてシードの渡辺明三冠、そして前回優勝の藤井聡太七段を加えて8人で行われた。 そしてついに迎えた決勝戦(7月21日放送)は、連覇を狙う藤井と、早指しの雄・糸谷哲郎八段の対戦となった。 糸谷は、予選で佐々木大地五段、都成竜馬五段に連勝で勝ち上がった。いずれも1局目を落とす不安定な立ち上がりだったが、2、3局を制した。本戦に入ってからは、1回戦の近藤誠也六段に圧勝すると、2回戦でシードの渡辺にも連勝。圧巻の強さを見せての決勝進出だ。「山崎さん(隆之八段)には今回のルールで練習に付き合ってもらい感謝しています。

+   将棋世界の目次配信サービス

将棋世界のレビュー
総合評価: ★★★★★ 4.50
全てのレビュー:118件

レビュー投稿で500円割引!
隅から隅まで読みこなす
★★★★☆2019年09月25日 イッコー 無職
「将棋世界」は、戦前に創刊された、将棋界で最も歴史ある将棋専門月刊誌である。巻頭では、写真や観戦記などでタイトル戦を多角的に取材する。さらに、毎号ひとつの戦法に特化した特集記事を組んでいる。詰将棋コーナーは初級者向けから有段者向けまで用意しているので、棋力に応じて楽しめる。懸賞問題も複数あるので、応募すればさらに楽しみが増える。「公式棋戦の動き」では、各棋戦から熱局をピックアップし、急所の局面での指し手を紹介してくれる。要するにどのページを開いてもためになるので、1ヶ月かけて隅から隅まで読み込めば、間違いなく棋力が上達する。自分の棋力が分かる検定コーナーもあるので、それで確かめるとよい。この内容で741円は安いと思う。
息子の愛読書
★★★★☆2019年09月25日 はる51 主婦
将棋好きの小学4年生の息子のために定期購読しています。漢字もあまり読めないのに、毎号夢中になって読んでいます。あこがれのプロ棋士の世界が身近に感じられるようで、これからも購読したいと言っています。
やめられません
★★★★★2019年09月15日 しょうちゃん 会社員
毎月の楽しみにしています。テレビの将棋講座と将棋世界で将棋の研究をして地域の大会に出ています。将棋世界は奥が深くて楽しい。写真も綺麗で見ごたえがあります。これからも愛読していきたいと思います。将棋世界で将棋の腕を上げていきたいです。
将棋ファン必読の書
★★★★★2019年09月14日 シン 会社員
この一冊で1ヶ月間の将棋のタイトル戦の棋譜、順位戦等の成績、最新形の定跡の講座などの情報が手に入る。 コラム等も面白く、800円なら買いの一手でしょう
将棋世界は内容が豊富
★★★★★2019年09月05日 米沢鷹山 無職
大学時代に「将棋世界」を定期購読しました。初段コースをクリアして免状を申請しようとしましたが、貧乏学生故経済的に諦めた苦い過去があります。 定年退職した今、頭脳を鈍らせまいと書店で当雑誌を購入し初段に改めて挑戦しました。学生時代の勘が戻ったようで三ヶ月で通過して現在二段に挑戦中です。 この雑誌のおかげで、もの凄く張り合いがあります。内容も素晴らしく発刊を心待ちにしています。三段取得目指して頭脳鍛練中。
コスパ抜群
★★★★★2019年07月29日 Fuentes 専門職
内容豊富でハズレ記事がほとんどない。それでこの価格というのは驚異的なコストパフォーマンスである。
半満足
★★★☆☆2019年07月17日 りっきぃい 自営業
棋譜や解説は満足のいくものでプロキシの給与体系や組織の仕組み、将棋連盟公認の普及員や指導棋士のなり方などがあればなおよい。
久しぶりの購読
★★★★★2019年07月15日 むーらん2 自営業
40年近く前に、将棋世界を購読しており、昇段コースに応募し、二段の認定証を取得しました。今回は久しぶりの購読で、三段コースに挑戦しています。
父の趣味
★★★★★2019年06月30日 あお 専業主婦
飽きっぽい父が毎号楽しみにしています。 いろいろな特集があり興味がつきないようです。
毎号楽しみ
★★★★★2019年06月29日 33 会社員
ずっと将棋世界は購読しており毎号楽しみにしています。
レビューをさらに表示

将棋世界をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

将棋世界は日本将棋連盟が発行する、将棋をテーマとした専門誌です。日本将棋連盟は創立から90年以上となる公益社団法人であり、プロ棋士による各種対局やタイトル戦の開催、将棋の普及のための各種活動などを行っています。機関紙である将棋世界にはプロ棋士同士の対局の結果や解説などが掲載されており、将棋界における最新の情報や旬の話題を知ることができるのです。たとえば最新号にはタイトル戦の一つである竜王戦を総括する解説記事や、新竜王へのインタビュー記事などが掲載されています。

さらに各種読み物や将棋に関する講座が充実していることも、将棋世界の特徴だといえるでしょう。読み物としては過去の名人を知ることができる伝記や、有名な対局を分析した将棋論などが掲載されていますし、また講座としては近年プロ棋士の間で流行している戦法の紹介や解説、また各種詰将棋などが掲載されています。さらに懸賞問題や段位認定問題などが掲載されていますし、毎号に棋力向上に役立つ別冊付録がついているのです。プロを目指す人やアマチュア大会での入賞を目指す上級者はもちろんですが、中級者や初心者を含めたすべての将棋ファンが楽しめる充実した内容となっています。

将棋世界の今すぐ読める無料記事

将棋世界を買った人はこんな雑誌も買っています!

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

将棋世界の所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌