月刊体育施設 2011年7月号 (発売日2011年07月15日) 表紙
  • 雑誌:月刊体育施設
  • 出版社:体育施設出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月25日
  • 参考価格:1,650円
月刊体育施設 2011年7月号 (発売日2011年07月15日) 表紙
  • 雑誌:月刊体育施設
  • 出版社:体育施設出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月25日
  • 参考価格:1,650円

月刊体育施設 2011年7月号 (発売日2011年07月15日)

体育施設出版
【巻頭グラビア】
● Sports Event Topics
第95回日本陸上競技選手権大会
IRBパシフィック・ネーションズカップ2011

【特集】 2011 熱戦再来 北東北総体 開催

平成23年度全国高...

月刊体育施設 2011年7月号 (発売日2011年07月15日)

体育施設出版
【巻頭グラビア】
● Sports Event Topics
第95回日本陸上競技選手権大会
IRBパシフィック・ネーションズカップ2011

【特集】 2011 熱戦再来 北東北総体 開催

平成23年度全国高...

ご注文はこちら

2011年07月15日発売号単品
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
10%
OFF
1,485円 / 冊
送料無料
2024年04月25日発売号から購読開始号が選べます。
日本唯一のスポーツ施設の専門誌!

月刊体育施設 2011年7月号 (発売日2011年07月15日) の目次

【巻頭グラビア】
● Sports Event Topics
第95回日本陸上競技選手権大会
IRBパシフィック・ネーションズカップ2011

【特集】 2011 熱戦再来 北東北総体 開催

平成23年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)「2011熱戦再来 北東北総体」が、7月28日から8月20日まで行われる。今大会は、青森県、岩手県、秋田県、宮城県で29協議を実施する。これまでは、基本的に都道府県単位で開催してきたが、昨年の沖縄県で全国を一巡したため、子に大会からブロック開催となる。
初のブロック大会を成功させるため、青森県での総合開会式において開催県が合同で演技・演奏を披露する予定となっているなど、開催県同士が連携を図ってきた。また、過去のインターハイや国体で使用した施設を極力再利用するなど、効率的な大会開催を進める取り組みも行われている。
本特集では、「北の空 君に無限の可能性」というスローガンで開催される今回の総体の概要を4県の実行委員会に紹介していただくとともに、主な海上17施設を紹介する。


【主な照会競技会場】
マエダアリーナ/秋田市北部市民サービスセンター体育館/大仙市仙北ふれあい体育館/新青森県総合運動公園テニスコート/八戸市東体育館/盛岡市立総合プール など


【特集】 ロングパイル人工芝施設最新情報

ロングパイル人工芝の人気は相変わらず衰えを見せない。毎年、新設・改修を含め数多くのロングパイル人工芝グラウンドが誕生している。年間の敷設施設数は、右肩上がりで増え、2009年度には前年度比で若干減少したものの2010年度は再び増加に転じている。
2010年度に誕生したロングパイル人工芝については、3月に発刊した増刊号で紹介した。今回は増刊号での紹介から漏れた3月から4月にかけて供用を開始した施設を中心に16施設を紹介する。

【主な紹介施設】
岩手県フットボールセンター/秋田県フットボールセンター/宮城県サッカー場Cグラウンド/カシマアントラーズFCつくばアカデミーセンター/国学院大学たまプラーザキャンパス競技場/飛騨市古川ふれあい広場人工芝グラウンド/上富田スポーツセンター多目的グラウンドAコート/新見市防災公園サッカー場/フットボールセンター大分きつき/由布市狭間上原グラウンドサッカー場/かどの球場/瑞穂公園野球場/マツゲン有田球場・・・など

【NEWFACE登場】



新規施設の概要、設計施工のポイントを紹介。

● 秋田市北部市民サービスセンター



【連載】 指定管理者制度 導入事例に迫る

創設以来、公共スポーツ施設関係者の話題の中心となってきた指定管理者制度。
経過措置期間が終了して是国的に、”本格始動”し始め、公共スポーツ施設の運営にあたって採算性を無視できなくなり、
利用者へのサービスも質の高さが要求されるようになってきた。
従来、自治体の補填を受けながら施設を管理してきた外郭団体、新たに門戸が開かれた民間企業、またNPO法人や競技団体
などが、それぞれ試行錯誤しながら指定管理者としての管理運営を進めている。この連載は、具体的な導入事例を見て行くこととする。

● 中央区立総合スポーツセンター

【PICKUP注目の話題】


● プールや生けの水をろ過して飲料水に ~日本フィルコン株式会社~



[隔月連載]

指定管理者制度時代の公共スポーツ施設経営
順天堂大学スポーツ健康科学部長 野川春夫

第14回 東日本大震災による総合型地域スポーツクラブ・各施設への影響

● はじめに
● 総合型地域スポーツクラブの窮状
● 震災対応状況の聞き取り調査



えっちゃんの世界スタジアム紀行

● 改修計画進まないロシア スタジアム問題どう解決する?
(スタディオン・ルジニキ/ロシア・モスクワ)




【短期連載】ロングパイル人工芝導入実態調査
ロングパイル人工芝導入による効果検証 ④ 廃棄・再利用に関する認知状態

ロングパイル人工芝は、2009年12月までに1214箇所で導入されている。これまで「ロングパイル人工芝導入実態調査」として、2011年増刊号、4月号、5月号、6月号と連載してきたが、最後にロングパイル人工芝のこれからを考慮し、ロングパイル人工芝の廃棄・再利用に関する調査の結果を記載する。



【短期連載】安全な施設づくりへ~日本体育施設協会への取り組み~
第4回 「CPR&AED講習プログラム」プロバイダー資格取得コースの開催報告

各種認定講習会の最終日に、一定頻度者(体育スポーツ施設の従事者や携わる者)向けの「CPR&AED講習プログラム」プロバイダー資格取得コースを開催している。今回は、第49回体育施設管理士養成講習会最終日に実施した内容について紹介する。



[Column]

Various Sports Scenes

スポーツと環境の関係を考えよう

ここはどこのスタジアム!?

フォトギャラリー

[Information]

News Plaza
日本体育施設協会だより
たいく堂書店
ロスタイム(編集後記)
recommend BOOK&MOVIE

月刊体育施設の内容

日本唯一の体育・スポーツ施設の総合専門誌
スポーツ施設の動向をいち早く取り入れ、新設スポーツ施設の情報をはじめ、施設計画や管理運営に役立つタイムリーな情報を毎月お届けします。内容は体育館、水泳プール、陸上競技場、サッカー場などの各種施設別の整備や維持管理・運営のあり方。全国で建設される最新の施設やリニューアル・リフレッシュされた施設や海外の主要施設等の紹介、効果的な管理・運営を実現している施設や利用者に好評な施設をピックアップする事例紹介等です。「日本唯一のスポーツ施設専門誌」として、どこにも負けない専門性と情報量を携え、望ましい施設へのアプローチを続けています。

月刊体育施設の無料サンプル

2011年9月号 (2011年09月20日発売)
2011年9月号 (2011年09月20日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

月刊体育施設の目次配信サービス

月刊体育施設最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

月刊体育施設定期購読のプレゼント

増刊号2冊とスポーツ施設資材要覧をプレゼント!
対象購読プラン:1年
年間でご購読いただきますと、3月、4月(予定)の増刊号2冊と スポーツ施設資材要覧を無料でプレゼント! ※プレゼントの増刊号及び、スポーツ施設資材要覧は発行次第で お送りできない場合もございます。ご了承いただきますようお願いいたします。
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

月刊体育施設の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.