月刊体育施設 2011年10月号 (発売日2011年10月20日) 表紙
  • 雑誌:月刊体育施設
  • 出版社:体育施設出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月25日
  • 参考価格:1,650円
月刊体育施設 2011年10月号 (発売日2011年10月20日) 表紙
  • 雑誌:月刊体育施設
  • 出版社:体育施設出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月25日
  • 参考価格:1,650円

月刊体育施設 2011年10月号 (発売日2011年10月20日)

体育施設出版
【巻頭グラビア】
●Sports Event Topics
・ 全日本フェンシング選手権大会
・ デビスカップワールドグループ・プレーオフ 日本VSインド

【特集】 東日本大震災後のプールの課題を考える~津波被害からの...

月刊体育施設 2011年10月号 (発売日2011年10月20日)

体育施設出版
【巻頭グラビア】
●Sports Event Topics
・ 全日本フェンシング選手権大会
・ デビスカップワールドグループ・プレーオフ 日本VSインド

【特集】 東日本大震災後のプールの課題を考える~津波被害からの...

ご注文はこちら

2011年10月20日発売号単品
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
10%
OFF
1,485円 / 冊
送料無料
2024年04月25日発売号から購読開始号が選べます。
日本唯一のスポーツ施設の専門誌!

月刊体育施設 2011年10月号 (発売日2011年10月20日) の目次

【巻頭グラビア】
●Sports Event Topics
・ 全日本フェンシング選手権大会
・ デビスカップワールドグループ・プレーオフ 日本VSインド


【特集】 東日本大震災後のプールの課題を考える~津波被害からの復旧と放射線問題への対策~



東北地方を中心に、未曾有の被害をもたらした東日本大震災。地震、津波、そして原子力発電所の事故による放射性物質の飛散と、その被害の内容が実に多種多様に及んだことが、今回の震災の大きな特徴だったと言える。
公共の体育・スポーツ施設も甚大な被害を受けて、その被害の特徴と、特に体育館は震災後の避難場所として大きな役割をはたしてきたことは本誌8月号で報告した。ではプールはどうだろうか。
災害時におけるプールの役割としては、災害時にその水を生活用水として利活用できるという点が最も注目される。さらには千y法の設備があれば飲料水として活用することも可能となる。
しかし放射線災害の大きかった福島県などではプール水の汚染に対する懸念が広がり、今年の夏は屋外プールの運用を見合わせる自治体が多かった。この問題は未だ解決のめどがたっていないのが現状だ。さらに、特に被害の大きかった被災地では、公共体育・スポーツ施設の復旧は後回しとされる傾向があるが、被災者たちの健康維持や心のケアにも好影響があると考えれるスポーツ施設の復旧も求められるようになっている。
今回の特集では、これらのような災害をめぐるプール施設の役割と様々な課題について取り上げる。また宮城県石巻市で唯一残ったプール施設が、市民の熱烈な要望と自治体の英断によって10月1日にプレオープンにこぎつけた。その経緯を紹介する。

【報告】
文部科学省関係施設の被害状況 社会体育施設の被害は19都道県1318ヶ所
文部科学省では、3月11日に発生した東日本大震災による被害情報について同省ホームページにて発表している。
三陸沖を震源としたマグニチュード9.0という観測史上最大の大震災により、宮城県北部(栗原市)の震度7を筆頭に、北海道から新潟県、長野県、静岡県、そしてごく一部だが岐阜県や愛知県にまで及ぶ広範囲において震度4以上を記録した。この地震による文部科学省関係施設の物的被害などについて本誌においても掲載をする。

【調査報告】最近の公共体育館の施設動向~「月刊体育施設」1995年~2010年に掲載された122事例を通して~

体育施設の関するわが国唯一の専門誌である「月刊体育施設」の連載「New Face 登場」において、毎号『全国各地に新しくできたあるいは改修された施設の概要を紹介している。ここでは、1995年1月号~2010年7月号に紹介された122施設を事例にして、建築計画の視点から、ここ15年の施設づくりの傾向と、その中から主な事例を数例紹介する。 【TOPIC】

・ 公共と民間がつくる「公共」の展望 ~日本体育・スポーツ経営学会~
・ 災害時における自治体との連携を提言~指定管理者協会第三回研究報告会~


【NEWFACE登場】
新規施設の概要、設計施工のポイントを紹介。

・ 三条市栄体育館(新潟県三条市)
・ 松山市法上スポーツセンター体育館(愛媛県松山市)

【指定管理者制度 導入事例に迫る】

創設以来、公共スポーツ施設関係者の話題の中心となってきた指定管理者制度。
経過措置期間が終了して是国的に、”本格始動”し始め、公共スポーツ施設の運営にあたって採算性を無視できなくなり、
利用者へのサービスも質の高さが要求されるようになってきた。
従来、自治体の補填を受けながら施設を管理してきた外郭団体、新たに門戸が開かれた民間企業、またNPO法人や競技団体
などが、それぞれ試行錯誤しながら指定管理者としての管理運営を進めている。この連載は、具体的な導入事例を見て行くこととする。

● 目黒区碑文谷体育館 (東京都目黒区)

[隔月連載]

スポーツマネジメントの時代 第16回 自治体におけるスポーツ施設イノベーション
スポーツによる地域活性化を進めていくには、組織体制のイノベーション実現が必要不可欠

● はじめに
● 自治体におけるスポーツ組織体制の改革
● 自治体における施策イノベーションの実態
● まとめ

指定管理者制度を斬る! 第16回 看過できない指定管理者に影響を及ぼす出来事


● スポーツと政治の微妙な関係
● 急がれる反社会勢力への適正な対応
● 重要度が高まる情報管理システム

[Column]

絵画に見るスポーツ施設の原風景

財団法人日本体育施設協会 資格にFocus on

ここはどこのスタジアム!?

フォトギャラリー

[Information]

News Plaza
日本体育施設協会だより
たいく堂書店
ロスタイム(編集後記)
Recommend BOOK&MOVIE

月刊体育施設の内容

日本唯一の体育・スポーツ施設の総合専門誌
スポーツ施設の動向をいち早く取り入れ、新設スポーツ施設の情報をはじめ、施設計画や管理運営に役立つタイムリーな情報を毎月お届けします。内容は体育館、水泳プール、陸上競技場、サッカー場などの各種施設別の整備や維持管理・運営のあり方。全国で建設される最新の施設やリニューアル・リフレッシュされた施設や海外の主要施設等の紹介、効果的な管理・運営を実現している施設や利用者に好評な施設をピックアップする事例紹介等です。「日本唯一のスポーツ施設専門誌」として、どこにも負けない専門性と情報量を携え、望ましい施設へのアプローチを続けています。

月刊体育施設の無料サンプル

2011年9月号 (2011年09月20日発売)
2011年9月号 (2011年09月20日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

月刊体育施設の目次配信サービス

月刊体育施設最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

月刊体育施設定期購読のプレゼント

増刊号2冊とスポーツ施設資材要覧をプレゼント!
対象購読プラン:1年
年間でご購読いただきますと、3月、4月(予定)の増刊号2冊と スポーツ施設資材要覧を無料でプレゼント! ※プレゼントの増刊号及び、スポーツ施設資材要覧は発行次第で お送りできない場合もございます。ご了承いただきますようお願いいたします。
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

月刊体育施設の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.