増刊 ゴルフダイジェスト 発売日・バックナンバー

全10件中 1 〜 10 件を表示
2023年シーズンも、究極の飛距離を求めた新モデルが次々登場するドライバー市場。ますます「どれを選んだらいいのか?」と悩んでしまう、というゴルファーに向けてお届けする最新版のドライバー選び方ガイド本です。特に今年は「性能分布に異変あり!…第4のカテゴリー『軽量』モデル登場」が大きなテーマ特集で、選ぶ基準が変化。総勢52モデルの試打と実測比較で42m/s・42m/sの各ヘッドスピード別に選ぶべきモデルを解説しています。他にも「最新レディスドライバー実力チェック」「ギア通ゴルファーに聞いた、私の『シャフトマトリックス』」「このドライバー名器『替える理由』が見つからない」「競技ゴルファーの勝負ドライバー」「プロのドライバー図鑑」など、幅広いテーマで情報を掲載しています。(紙雑誌と一部内容が違う場合があります。ご了承ください)



目次
【ギア探偵・金田一飛助の調査報告】テーラーメイド ステルス2
【ギア探偵・金田一飛助の調査報告】プロギア LS
性能分布に異変あり!…第4のカテゴリー「軽量」モデル登場
HS42m/sはどっち?「レギュラー」or「ドローバイアス」
HS42m/s女子プロはどのモデルを選んでいる?
HS40m/sは「ドローバイアス」?それとも「軽量」?
王国陥落か、逆襲か!? 外ブラvsゼクシオ いよいよ最終決戦!
ドライバー52モデル実測比較
なぜ、ドライバーは性能分裂したのか?
ヘッドデータを見れば自分に合う1本がきっと見つかる!
最新レディスドライバー実力チェック
ドライバー・オブ・ザ・イヤー2023 キャロウェイ ローグST MAX FAST
ギア通ゴルファーに聞いた 私の『シャフトマトリックス』
このドライバー名器「替える理由」が見つからない
これなら試合で使える!競技ゴルファーの勝負ドライバー
強い選手が選んだモデルは?プロのドライバー図鑑
ドライバーの『兄弟モデル』はどこまで増えるのか?
次々と進化モデルが投入されるゴルフギア市場。2023年も年頭からニューモデルが続々発表されている。そんな中でお届けする2023年最新版のギア選び方ガイド本です。「『パラダイム』『ステルス2』気になるドライバー大研究」に始まり、「70台が本気で狙える! 最新モデルの本当に使えるスペック」「当たる、つかまる、振り切れるドライバー」「ちょい飛びアイアンの本番力」に加え、「ロフト25~26度 打ちやすいUTを探せ!」「人気のパターは二極化…『ピン型』か、『浅重心マレット』か」「ツアーAD『DI』『PT』はなぜ消えない?」などあらゆる情報を網羅しています。(紙雑誌と一部内容が違う場合があります。ご了承ください)



目次
【ギア探偵・金田一飛助の調査報告】フォ―ティーン RM-α
【ギア探偵・金田一飛助の調査報告】テーラーメイド P700シリーズ
「パラダイム」「ステルス2」気になるドライバー大研究
70台が本気で狙える! 最新モデルの本当に使えるスペック
当たる、つかまる、振り切れるドライバー
ちょい飛びアイアンの本番力
ツアーAD「DI」「PT」はなぜ消えない?
これなら使える プロの「試合基準」のクラブ選び
練習場ではいいのに…「コース基準」のクラブ選び
「五刀流」も?ウェッジゾーン最強布陣
日本だけの独特マーケット プレミアムボールの存在意義
【GEAR COLUMN】表紙のドライバー ドローバイアスみんなが使えばスタンダード
200ヤードが狙える4Wが欲しい!
ロフト25~26度 打ちやすいUTを探せ!
クラブ選びも立派な技術…『クラブの目利き』の14本
人気のパターは二極化…「ピン型」か、「浅重心マレット」か
外ブラ軽量ドライバーVSゼクシオ メーカーの「3プラス1戦略」
常に進化を遂げているゴルフギア。その中でもバーディを狙ってグリーン上にボールを運ぶ重要な役を担っているのがアイアンとウェッジ。その2022年度版の最新ギアカタログ本です。アイアン選びに欠かせない「飛びよし!」「顔よし!」「打感よし!」の3つの条件をポイントに、アスリート向けやちょい飛び・激飛び・中空などのジャンルで最新53モデルを仕分け。どのモデルが自分に合うのかがわかります。ウェッジではプロのこだわりや「スコアメイクのヘソ、100Yウェッジ」の選び方、セッティングのポイントなどを指南。さらにリシャフトやセミオーダーの情報までを網羅した保存版の1冊をぜひ、お読みください。(紙雑誌と一部内容が違う場合があります。ご了承ください)



目次
【ギア探偵・金田一飛助の調査報告】ロフトをたてても、やさしくなければ「ゼクシオ」じゃない
【ギア探偵・金田一飛助の調査報告】ギアセッティング。はじめの一歩は「ボール選び」
アイアン選びの3条件「飛びよし!」「顔よし!」「打感よし!」
【ツアー・アスリートモデル】ゴルフは距離より操作性
【ちょい飛びモデル】アスリートテイストが楽しめる
【飛びキャビ・中空モデル】よりやさしく、より遠くに
【激飛びモデル】プラス2番手、飛びすぎ注意
掲載全53モデル「ロフト」一覧
1番手、飛びが変わる!アイアンのシャフト選び
やっぱりいいのかな?「工房系アイアン」の性能
女子プロはなぜ「飛びキャビ」を使わなくなったのか?
アイアン種別セッティングアドバイス
【表紙のアイアン】フォーティーンTB-7フォージド
日本の高麗芝には「ややグース」がいい
プロのウェッジにはこだわり機能がいっぱいだ
100Yウェエッジ 「あるか、ないか」で大違い!
名手のアイアン
コレが『ツアー支給品』の正体です
昨年に引き続き、2022年モデルの最新ドライバーカタログ本の登場です。今年も「最新ドライバーどれだけ飛ぶんだ、大調査!」からスタート。ヘッドの実測データと徹底試打から分析し、「スタンダード」「ロースピン」「ドローバイアス」に仕分けてどんなゴルファーに合うのか、アドバイスします。「強い女子プロのドライバー遍歴…『飛んで曲がらない』組み合わせ」「目指せ!ミート率『1.50』…女子プロが250ヤード飛ばせる理由」といったレポートや「シャフトはそんなに大事? 純正VSカスタム『真実の飛距離』」「2022モデルを考察『ドライバーの進化』ってなんなんだ?」などの考察、地クラブ研究、ドラコン戦士のクラブ紹介など、様々な角度から「最新ドライバー事情」を特集しています。(紙雑誌と一部内容が違う場合があります。ご了承ください)



目次
【ギア探偵・金田一飛助の調査報告】効果絶大!たかが“カーボンパーツ”と思うなかれ
【ギア探偵・金田一飛助の調査報告】軽くても高性能。待望の40グラム台
ドライバー・オブ・ザ・イヤー受賞「タイトリスト TSiシリーズ」
最新ドライバー「38モデル」どれだけ飛ぶんだ、大調査!
【ドライバー大調査】スタンダート「16モデル」…飛びも、操作性も
【ドライバー大調査】ロースピン「10モデル」…ぶっ飛び激戦区
【ドライバー大調査】ドローバイアス「12モデル」…さよなら!スライス
「38モデル」実測スペック一覧
強い女子プロのドライバー遍歴…「飛んで曲がらない」組み合わせ
シャフトはそんなに大事? 純正VSカスタム「真実の飛距離」
2022モデルを考察「ドライバーの進化」ってなんなんだ?
目指せ!ミート率「1.50」…女子プロが250ヤード飛ばせる理由
どこまで現役? 3年前のモデルはもう古いのか
芯を外しても飛ぶドライバー
地クラブ・ドライバーの魅力は 大手モノにはない「尖った飛び」
1ヤードを削り出せ!「ドラコニスト」のドライバー
GDギア殿堂 「神スペック」を授かったドライバー
最強ドライバーはコレだ!「D-1グランプリ2022」決勝トーナメント進出モデル
今年もゴルフの祭典「マスターズトーナメント」の季節がやってきます。2021年は松山英樹のアジア人初制覇で大きな話題になりました。2022年は松山が史上4人目の連覇に挑みます。この臨時増刊は注目の2022年大会をTV観戦するための徹底ガイドBOOKです。松山はじめ金谷拓実、中島啓太と、参戦する3人の独占インタビューやTV解説でもおなじみの中嶋常幸プロが語る松山連覇の可能性、舞台となる「オーガスタナショナルGC」18ホールの解説、全出場者リストと識者たちによる試合展開予想、プロのギア紹介、マスターズの歴史と名勝負・名場面のプレーバック企画など、まさに「マスターズを楽しみ尽くす」コンテンツ満載の1冊です。(紙雑誌と一部内容が違う場合があります。ご了承ください)



目次
マスターズを連覇を達成したのは過去3人
マスターズってなんだろう…他のメジャーとは何かが違う
ニッポンの三銃士 いざ、マスターズ!…松山英樹・金谷拓実・中島啓太
オーガスタナショナルGC「18ホール」詳細解説
松山英樹の「やりぬく力」解説・中嶋常幸
松山のライバルは誰だ? パワーランキング
86thマスターズ出場者リスト
伊澤利光が考える「勝者の条件」
サンデーバック9の悲劇から…マキロイ、スピース、シャウフェレ、モリナリ
タイガー・ウッズの出現とオーガスタの進化
宮本卓のお「マスターズ・ラボ」
マスターたちは何を握るのか?ドライバー勢力図
プレーバック・マスターズ 語り継がれる名勝負!名場面!
本格的なゴルフシーズンを前に、メーカーからの新製品が続々発売。「1ヤードでも遠くへ飛ばしたい!」「1打でもいいスコアでラウンドしたい!」と願うゴルファーに、2022年最新版のギア図鑑をお届けします。今年大注目のドライバー「ローグ」「ステルス」の比較企画を筆頭に、「ドライバー28モデル70スペック史上最大の打ち比べ」「この6番アイアン打てる?『ロフト29度の壁』」「『UT必須』となったクラブセッティング」「プロフェッショナルウェポン」「『純正』VS『カスタム』シャフトの評判」「ボールフィッティング『第三の選択』」「『一番止まるウェッジ』はどれだ?」「最新パター番付」など、幅広いジャンルを網羅して最新モデルを分析。ギア選びをサポートします。 (紙雑誌と一部内容が違う場合があります。ご了承ください)



目次
【ギア探偵・金田一飛助の調査報告】ゴルフが熟成すると「ピンの良さ」を感じる
【ギア探偵・金田一飛助の調査報告】ステルス、ローグの「カスタム」大本命!
春の覇権争い 新生「ローグ」VS新種「ステルス」
最適スペックで飛ばそう!ドライバー史上最大の打ち比べ
「純正」VS「カスタム」シャフトの評判
この6番アイアン打てる?「ロフト29度の壁」
「12代目ゼクシオ」は飛ぶの?やさしいの?
【PROFESSIOAL WEAPON】渋野、金谷、今平…注目3選手の14本
【PROFESSIOAL WEAPON】ベテランも舌を巻く 星野陸也のギアへのこだわり
ドライバーの「重さ問題」を考える 重めがいいの?軽めがいいの?
ボールフィッティング「第三の選択」
1990年代から見る クラブセッティング進化論
何本入れる?「UT必須」となったクラブセッティング
わずか数ヤードのために 3番ウッドを入れますか?
S-1グランプリ「一番止まるウェッジ」はどれだ?
最新パター番付! 東野横綱は「トラス」
レギュラーは9本。「残り5本」は何入れる?
「150ヤードは7番アイアンで打ちたい」「気持ちよい弾道でグリーンをとらえたい」「強烈スピンでピンそばに寄せたい」…近年のアイアン・ウェッジは、そんなゴルファーの想いに応えて大きく進化している。そこで、ゴルファーのギア選びのために、2021年最新の愛アイン・ウェッジのカタログ本が誕生です。アイアン編では最新の59モデルをそのジャンルごとにわけて完全比較。ヘッドの計測データはもちろん、シャフトとのマッチングなども考察し、モデル選びをサポートします。ウェッジ編ではそれぞれのスピン性能を実際の試打で明らかにします。他にも進化の歴史をたどるコラム、トッププロの番手別飛距離や使用ウェッジのトレンドを取材した特集など、ゴルファー目線で徹底的に研究、編集した保存版の1冊です!(紙雑誌と一部内容が違う場合があります。ご了承ください)



目次
【ギア探偵・金田一飛助の調査報告】DGと何が違う?「モーダス」の基礎知識
【ギア探偵・金田一飛助の調査報告】軟鉄鍛造の飛びキャビは希少な組み合せ!
僕らゴルファーのプライド 150ヤードは7番アイアンで打ちたい!
【アイアン59モデル完全比較】チョイ飛び16モデル
【アイアン59モデル完全比較】飛びキャビ・中空16モデル
【アイアン59モデル完全比較】ツアー・アスリート16モデル
【アイアン59モデル完全比較】激飛び11モデル
ギアスクープ! この秋発売予定の新製品
【大人の工場見学】世界が認めた日本シャフト「モーダス」
【大人の工場見学】名器を生み続ける「遠藤製作所」
ゴルフダイジェスト・ギア殿堂 アイアン&ウェッジ部門
アイアンの“ストロング化”は正しかったのか?
トッププロの「番手別」飛距離
【ギア探偵・金田一飛助の調査報告】新標準になる?PRGR「05」の“2レングス”
「TA588」から始まった! ティアドロップ物語
「止まる」って安心! 人気ウェッジのスピン性能
【ギア探偵・金田一飛助の調査報告】新標準になる?PRGR「05」の“2レングス”
行列ができる!「地クラブ」ウェッジ見本市
2021アイアン「59モデル」ロフト一覧 総合得点ランキング
ゴルフダイジェストアワード2021【アイアン部門】【特別賞】
「どこまでも遠くへ、気持ちよく飛ばしたい」…ドライバーは日々進化し続け、ゴルファーは『最高の1本』を追い求める。そんなゴルファーに贈る、2021年最新のドライバーカタログ本が誕生。20年来の進化の歴史を紐解くとともに、「2つの強弾道 ドローバイアスとロースピンモデル」「『CT値257』へ真っ向勝負! 反発争いヒートアップ」「球筋はどう変わるのか?『動くウェート』の進化を探る」など最新技術をレポート。最新モデルのライバル対決や、新旧ヘッド比較、フィッティング最前線、純正シャフトの進化調査など、実際に打って試した企画が満載。話題のスウィング理論「シャローイング」レッスンに最新56モデルに及ぶヘッドデータ計測値公開など、「本気」「本音」で徹底編集した保存版です!(紙雑誌と一部内容が違う場合があります。ご了承ください)



目次
ドライバー・オブ・ドライバー~ドライバークロニクル
2つの強弾道 ドローバイアスとロースピンモデル
「CT値257」へ真っ向勝負! 反発争いヒートアップ
「新旧ヘッド」を同じシャフトで打ち比べ
みんなも一緒に「シャローイング」…ゼロから学ぶ“世界の常識”スウィング
世界基準の戦い! チームスリクソン ZXシリーズ開発物語
「慣性モーメント」ってそんなに大事なの?
球筋はどう変わるのか?「動くウェート」の進化を探る
ゼクシオ11代相伝 ガラパゴス進化
ギア探偵・金田一飛助「2022年、ドライバーはどこへ向かう?
フィッティング最前線!飛距離アップをめぐる大冒険
「長尺は飛ぶ」は本当? 立ちはだかる“46インチの壁”
もはやセミカスタム!「純正シャフト」の本気度が凄い
クラブデザイナー松尾好員が仕分け「56モデル」の基本性能
最強ドライバー、今年は?「D-1グランプリ」2021の見どころ
ついにその日がやってきた。日本のゴルフファン悲願の男子メジャー優勝。それを松山英樹は、マスターズでやってのけた。ゴルフダイジェスト誌では、マスターズ開幕前からアメリカで同行取材を敢行。今シーズンからコーチとなった目澤秀憲をはじめとする「チーム松山」の挑戦を追いかけ、さらにマスターズ4日間の「優勝への軌跡」をつぶさにレポートする。ゴルフ写真家・宮本卓による「マスターズ・グラフィティ」の感動的な写真もふんだんに掲載。他にもライバルプロたちの言葉、マスターズを制したクラブセッティング、松山の原点・東北福祉大学ゴルフ部で取り組んできた練習の数々などをお届けする完全保存版です。 (紙雑誌と一部内容が違う場合があります。ご了承ください)



目次
松山英樹 マスターズ2021グラフィティ
優勝記者会見 一問一答
“278打”を振り返る 偉業達成の4日間
誇り高きルーザー ザンダー・シャウフェレ
マスターズ直前 密着!フロリダ同行記
コーチ目澤秀憲を挑んだ「3か月間」…松山のカラダに“感覚”が宿った
いざッ!オーガスタへ What's in the bag?
すべては2011年のローアマから始まった
松山とオーガスタ全記録 10年の積み重ねが栄冠に導いた
Who is him. 松山英樹
松山英樹の原点 東北福祉大ゴルフ部
メジャーの頂に挑んだ「侍」列伝
「涙の惜敗」から4年後の快挙 メジャー全成績
2021マスターズグッズ プレゼント
440円
ゴルフダイジェストから、新たなゴルフ誌が誕生 今度は、「コミック」です

「カラッと日曜」
作・かわさき健
画・古沢優

「雑巾伝説」
原案・武市悦宏
作画・馬場民雄

「サラゼンの魂」
作・中原まこと
画・やまさき拓味

「ぼくのマグノリアレーン」
原案・上杉隆
作画・秋本尚美
監修・中井学

「ぜんごん」
作・平岡陽明
画・安堂ミキオ

「キンイロショートゲーム」
監修・金田久美子
石井忍
作画・姫野よしかず

特別付録BookinBook
「江連忠モダンゴルフ」

「たまつちはじめちゃいました」
作画・真島悦也

「マンデーの星」
作・摂津鹿之助
画・渡辺敏

「ギアの男道」
取材・中田薫
作画・北村永吾

「トールとトミー」
作・小池倫太郎
画・さかいゆうすけ
技術考証・永井延宏

「あ・うんのゴルフ」
作画・政岡としや
監修・廣戸聡一
横田真一

増刊 ゴルフダイジェストの目次配信サービス

増刊 ゴルフダイジェスト最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

増刊 ゴルフダイジェストの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.