《骨盤を整える8つのメリット》見た目・機能・不調も改善の鍵は骨盤でした

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

上の画像の2人は、身長も体重も性別も同じ2人ですが、

片方は背すじが伸び、腹は凹み、お尻は上がっています。

そしてもう一方は、猫背で、出っ腹、お尻も垂れています。

見た目の良し悪し、カラダの機能に不調の有無と、2人を分ける差とはなんでしょうか?

 

それは『骨盤』の状態に起因している可能性があります!

 

日常動作や何気ないクセが悪影響を及ぼしているかもしれません。

それならば骨盤を本来あるべき正しい場所へ整えるほか、手はないはず。

 

Tarzanでは、『骨盤の整え方』が紹介されています。

今回は骨盤を整える8つのメリットをピックアップします!

 

骨盤を整えるメリット

 

 

見た目のメリット

 

『出腹が凹む』

 

正しい位置にある骨盤とは、極端な「前傾」や「後傾」が見られないこと。

前傾とは文字通り、骨盤が前に向かって傾いている状態です。
後傾は骨盤が後ろに向かって傾いている状態。

 

悪い姿勢の典型はどちらかというと骨盤後傾タイプ。
腹を下から抱え上げるような姿勢になるおで、太ってなくても下っ腹が出ているように見え、
見た目でとても損してしまいます……。

 

骨盤前傾タイプならいいかといえば、それもNGです。

骨盤が前に傾くと背骨の反りが強くなって前に押し出されるので、こちらは上腹部がぽっこり出て見えます。
やはり見かけ上、こちらも損。

太ってないのにお腹ぽっこりという人、ダイエットよりまずは骨盤を整えてみることもひとつの手です!

 

カラダの機能面のメリット

 

『筋トレの効果が得られやすい』

 

キング・オブ・トレーニングのスクワットの標的はお尻の大臀筋、太腿前の大腿四頭筋、
太腿裏のハムストリングス、ふくらはぎの筋肉、背骨の脊柱起立筋と数多くあります。

 

お尻を後ろに突き出し、フィニッシュでは膝下と上体が平行になるのが基本フォーム。

骨盤は終始、骨盤がニュートラルな位置にあれば、このフォームは正しく行えるはず。
でも、これを骨盤後傾した人が行うとどうなるのでしょうか。

 

上体を沈めるときに膝が前に出るので、大臀筋にはほとんど刺激が入りません。
腰が反らないので脊柱起立筋にも効きません。
負荷のほとんどは大腿四頭筋に集中し、せっかくのスクワット効果は半減してしまいます。

 

いずれの筋トレ種目でも同様、正しいフォームで効果を得たければ、まずは骨盤を整えることから始めることが良さそうです。

 


 

本誌では他にもメリットが掲載されています。

そして、骨盤がズレていないかのチェックや、リセット術も紹介されています!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。