【BTSインタビュー】世界を魅了する7人が語る「いまの僕」

  • 更新日
  • 有効期限 2023.10.03

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。

 

2013年にデビューをして以来、韓国やアジアのみならず、世界のハートを鷲掴みにしているBTS。

2021年10月に韓国版『GQ』では、コロナ禍で約2年ぶりとなったオフライン・コンサートに向けて
準備をするメンバーたちに話を聞きました。
(そちらは2021年12月30日発売の2022年1月号に掲載)

 

オフライン・コンサートを終えた後、メンバーたちはしばしの休み期間に入りました。

そして2022年3月、戻ってきた彼らにGQがインタビュー!

 

 

本インタビューではそれぞれの日常や喜び、葛藤について語っています。

今回は、メンバーそれぞれのスペシャルグラビアとともに、インタビューの一部をピックアップします。

 

RMがきらめくモーメント

 

 

Q. 最近、日常がきらめくように感じる瞬間はありますか?

 

「あぁ……(目をキラキラさせながら)きらめくという表現をどう解釈すべきかよくわかりません。

僕なりに表現すると、こんな感じです。自分に忠実な瞬間。作業をする時、日課の運動をしながらルーティンを守っている時、僕は元気に生きているなと思えます。

いい人と会って会話する時も、そうですね。

時計を見る暇もなく、時間が流れるのがもったいない瞬間があるじゃないですか。そんな時に輝いていると感じます」

 

JINが飛び上がるほど喜んだプレゼント

 

 

Q. コールドプレイのボーカル、クリス・マーティンにギターをプレゼントしてもらいましたよね?
憧れの人からもらったプレゼントだから嬉しかったでしょう。

 

「とても嬉しかったです(笑)。コラボレーションをしたあと、アメリカでマーティンともう一度会う時間がありました。スタジオにマーティンと僕、たった2人でいたのですが、マーティンを見て『ギターがカッコいい』と言ったんです。僕はマーティンのファンだから……彼のすべてがかっこいいんですよ。

すると突然『プレゼントだよ』と言いながらそのギターを僕にくれました。僕はそんな意味で話したわけではなかったので、戸惑いながらも嬉しくて、どうしようもなかったですね

 

SUGAと音楽の不思議な距離感

 

 

Q. SUGAさんは感情の波が安定した感じがします。
落ち着いて、心を安定させる方法はなんですか?

 

ただ一歩後ろから状況を見守ればいいんです。当然、感情的で激しくなる瞬間もありますが、少し我慢して一歩後ろから俯瞰すれば、より広い視点で状況が見えます。

僕は感情的になると、すべてをストップさせてしまう。ちょっと考える時間をつくるためにね。だから他人と喧嘩することがないんだとおもいます」

 

J-HOPEが自らを受け入れるタイミング

 

 

Q. J-HOPEさんといえばポジティブで明るい人というイメージですが、
悲しいときや大変なときもありますよね?

 

「レベルアップをしようとするときは一番大変ですね。そういうときは自分をJ-HOPEではなくチョン・ホソク(本名)として考えるようにしています。つまり、自分自身を受け入れるタイミングですね。

『J-HOPEだから明るくてポジティブだ』というのはあまりにも無理な気がします。僕はチョン・ホソクというひとりの人間で、落ち込んだり泣いたり、苛立ったりすることがある、と受け入れています。そうすれば困難を乗り越えられるんです」

 

JIMINが走る理由とは?

 

 

Q. 世に出した作品が人々にポジティブな影響を与えています。
その事実もジミンさんの人生になにかしらの影響を与えますか?

 

自分の思考、言葉、行動などほとんどの部分に影響を受けます。もちろんポジティブな影響です。自分の意見を発する前にもう一度考えたりしますし、ファンのみなさんからの素敵なお話は自分のまわりの人と共有したりもします。

2021年に行った国連での演説の準備では、環境問題についてもっと深く考えることができました。僕より若いファンの人たちが環境問題について多くの関心を持っていることに刺激を受けたんです。

自分は普段、環境保護のためになにをしているか、ゴミの分別などきちんとやっているのか……自分自身の行動を振り返るきっかけになりました」

 

Vが大切にしている価値観

 

 

Q. VさんがVさんらしくいられるようなものはなんですか?
時間が経っても決して失いたくないと思うものです。

 

自分の価値観は失いたくありません。いつも、かならず正しく生きることはできませんが、少なくとも自分の行動に関しては恥じたくありません。

たとえば舞台に立つとき、曲づくりをするとき、自己紹介をするときなど、自らの道義にかなった行動をしていれば、それが自信として現れます。そうやって自分の進む道を磨いていけると思います」

 

JUNG KOOKは止まらない

 

 

Q. ジョングクさんは自分に厳しいですよね。
パフォーマンスに満足しないと涙を流したり、自分に鞭打ったり…。
それは『やり抜く力(Grit)』だと思います。

 

「そう言ってもらえるとありがたいのですが、僕はじっとしていられないんですよ。長く休むと、心がつらくなります。何かしなければならないんです。

『今日は何も気にせず、自分のために過ごそう』と思っても、いつのまにか何かをしているんです。そういう性格なので、とりあえずがんばればいいと思うようになりました。

そんなに運動が好きじゃなくても運動して、メロディーが思い浮かぶとすぐに録音して、突然『歌詞が書きたい』と思うと、歌詞を書いては消しての繰り返しです。目の前に英語の本があると、とりあえず適当に読んでみたり……。

つねに何かを、深くは入り込まないのですが、やっていますね。本当は深掘りしたいんですけど。そんなふうに生きています。無我夢中という感じですね」

 


 

本誌では、メンバーそれぞれのインタビュー全文をお読みいただけます。

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。