「どうやって建てたの?」世界に存在するびっくり建築3選

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

どうやって建てたの?と思っちゃうような、びっくりな建築が世界中から大集合!

奇抜なデザインにはちゃんとした理由があった…!?

子供の科学では、世界の珍しい建築や、建築に欠かせないものを解説しています。

 

陶朱隠園(台湾)

 

 

地上21階、高さ93.2mの陶朱隠園(タオヂュインユェン)は台北にある超高級マンションで、全40戸。

1戸の広さは600平方メートルもありますが、奇数階には柱がないので見晴らしが最高!

免震・鉄骨構造でつくられています。

免震とは、地盤と建物の間にゴムなどの免震部材を設置して、
地震の揺れを直接建物へ伝わりにくくすることです。

 

モード学園スパイラルタワーズ(愛知)

 

 

愛知のモード学園スパイラルタワーズは地上36階、高さ170m。

建物を覆う三角形のガラスは、すべて形状が異なります。

 

制震・鉄骨構造で作られています。

制震とは、建物に重りやダンパーなどの制震部材を組み込み、
地震のエネルギーを吸収して揺れを抑制することです。

 

F&Fタワー(パナマ)

 

 

パナマにあるF&Fタワーは、地上53階、高さ232.7mのオフィスビル。

高さもねじれ具合も、ねじれビル中トップクラス!

鉄筋コンクリート造はコンクリートに鉄を入れてお互いの補強したつくりのこと。

 

そもそも建築ってなに?
『建物』と『建築』の違いって?

 

私たちの身の回りには、家や学校、駅、オフィスビル、ショッピングモールなど
たくさんの建物が建っています。

建物があることで、私たちは雨や風などの自然環境から身を守りながら、
さまざまな活動ができます。

 

建物の中には、美しい見た目や奇抜な装飾、変わった素材などで人目を引くものがあります。

優れたものは“名建築”と呼ばれたりもしますが、『建物』と『建築』は何が違うのでしょうか。

子供の科学の特集にて掲載されています!

 


 

本誌では、建築に欠かせない『用・強・美』が解説されています。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2023

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。