《危険生物に注意!》身近にいる毒を持った魚や貝、植物を見分けて避けよう

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

春が過ぎ、夏が近くなると生き物の活動も活発になり、人も薄着になって野外の活動が増えます。

そんなとき、刺されたりかまれたりすることで、毒の被害にあってしまうことも…。

 

そこで今回は、私たちの身近にいる、毒のある生き物たちを紹介します。

案外すぐそばにいたりするので、自分の身の周りを注意してみてみましょう。

 

身近な有毒生物ガイド

 

 

まずは食べてはいけない有毒生物を紹介します。

必要な処理をして加工したものは食用として流通していますが、
自然にあるものをそのまま食べることはできません。

 

クサフグ

 

目・科・属:フグ目・フグ科・トラフグ属

大きさ:10~25cm

毒の役割:不明

毒の部位:内臓と皮膚、特に肝臓、腸、卵巣は毒性が強い

 

釣りでとれることがあるというクサフグ。

猛毒テトロドトキシンを含んでいます。

ふぐ調理師が処理したもの以外は食べてはいけません。

 

バラムツ

 

目・科・属:スズキ目・クロタチカマス科・バラムツ属

大きさ:最大で2m以上

毒の役割:不明

毒の部位:全身(油脂成分が有害)

 

主に新海域に生息する大型の魚。

流通・販売は禁止されていますが、釣れることがあります。

ヒトには分解できない油脂成分ワックスエステルがあり、食べるとひどい下痢を起こします。

 

ツブ貝(ヒメエゾボラ)

 

 

目・科・属:吸腔目・エゾバイ科・エゾボラ属とエゾバイ属の巻貝の総称

大きさ:8~9cm

毒の役割:捕食

毒の部位:唾液腺

 

ツブ貝の唾液腺には、テトラミンという毒が含まれます。

視覚異常、吐き気などの食中毒がしばしば発生します。

食べるときは唾液腺を取り除きます。

 

ドクウツギ

 

 

目・科・属:ウリ目・ドクウツギ科・ドクウツギ属

大きさ:1.5m

毒の役割:防御

毒の部位:木全体、特に果実

 

日本の三大有毒植物の1つ。

中毒症状はめまいや頭痛。

ひどい場合には激しいけいれんや全身まひ、死に至ることがあります。

 

テンナンショウ類

 

 

目・科・属:オモダカ目・サトイモ科・テンナンショウ属

大きさ:40~50cm

毒の役割:防御

毒の部位:全草、特に球茎と果実

 

シュウ酸カルシウムの針状結晶が含まれます。

中毒症状は、唇や口内のしびれ、腫れなど。

腎機能に障害が起こることもあります。

 


 

 

本誌では、毒のある危険生物遭遇マップも掲載されています。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2023

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。