新たな『甘くない生姜焼き』レシピ!手慣れた料理こそ自己流ではなく教わった通りにつくってみよう

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

長年つくってきただけに、なんとなく手を動かして仕上げている、おなじみの一品。

固くなった頭をほぐし、少し手順を変えたなら、“いつもの味”が新たに生まれ変わります。

 

天然生活にて掲載されている、料理研究家・瀬尾幸子さんの『甘くない生姜焼き』レシピを紹介します!

 

日々、料理を続けるために
手間ひまかけずにコツを知る

 

登場回数の多い定番料理は、これまでの“なんとなく”の手順や材料を見直すと、新たなおいしさに出合えます。

たとえば、落としぶたを使って弱火で煮込むと思い込んでいた肉じゃがは、強火で一気に。

甘辛味が当たり前だと思っていた豚のしょうが焼きは、あえて甘味を入れずにつくります。

 

「ちなみに甘辛味は、しょうゆと砂糖、さらに酒とみりんまで加える人も多いですが、みりんは“甘味のある酒”なんです。砂糖、酒を入れているなら、みりんを入れる必要はほとんどありません

 

定番料理に新たな味わいを与える第一のコツは、“調味料の種類と量を減らすこと”と、瀬尾さん。

 

「実は、今回の肉じゃがと煮魚は、しょうゆと砂糖の割合が2:1で、味つけ自体は同じ。でも、味わいはしっかり別ものです。それは、素材の味が前に出ているから。

たとえ同じ調味料の組み合わせでも、量や火入れを加減し、素材を生かす仕上がりを意識すれば、味わいは素材ごとに変えられるんです」

 

そして大切なのは、手慣れた料理こそ、自己流ではなく、まずは教わった通りにつくってみること。

 

「今回のレシピは、むだなものを一切省いただけに、どの工程も不可欠。それぞれの作業に意味があるので、ぜひこの通りにつくってみてくださいね」

 

甘くない豚のしょうが焼き

 

 

【材料】

 

豚ロース肉、薄力粉、しょうが

〈たれ〉酒、しょうゆ、植物油

〈その他〉キャベツ、スナップえんどう、マヨネーズ、こしょう

 

詳しい分量はこちらからご覧いただけます。

 

【作り方】

 

(1)豚肉は、包丁の先で赤みと脂肪の間の筋を切ります。

肉たたき、もしくはうろこ取りで、ふたまわり程度大きくなるまでよくたたき、
両面に薄力粉をはたきます。

 

(2)フライパンを強火で十分に熱します。

植物油をひいて1を並べ入れます。

肉の表面に肉汁がにじんできたら裏返し、全体にかかるようにしょうがをすりおろして入れます。

 

(3)肉の両面が焼けたら、たれの材料を混ぜ合わせて入れます。

よく煮立てながら全体にからめます。

 

(4)器にキャベツを盛り、全体にマヨネーズを細くしぼります。

3とスナップえんどうを盛り、フライパンに残った焼き汁をかけます。

好みでこしょうを振ってできあがり。

 

・ポイント

 

 

豚肉の表面に、うっすらと汗をかいたように肉汁が出てきたら、裏返すタイミングです。

 


 

本誌では他にも『新しい定番家庭料理とコツ』を活かしたレシピが紹介されています。

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。