転換期を迎えたGoogleビジネスモデル「生成AIと検索広告のビジネスをどう融合させるか」

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

創業から四半世紀で世界のトップ企業へと成長したGoogle。

 

AIでも世界をリードしていますが、その一方でビジネスの大きな転換点にあると指摘する声もあります。

彼らは今何を考え、どこへ向かおうとしているのでしょうか。

 

DIMEにてGoogleを超研究している特集から、ビジネスモデルについて
Google出身で、京都大学経営管理大学院客員教授の山本康正さんのコメントを紹介します。

 

Googleはなぜ生成AIで出遅れたのか?

 

 

Googleは8月30日から、Google検索の実験的な機能を先行体験できるプログラム『Search Lads』日本でもスタート。

生成AIでユーザーの知りたいことにダイレクトに答える、新しい検索機能の試験提供を開始しました。

 

生成AIを用いた情報検索は、
すでにMicrosoftがOpen AIの『GPT-4』をベースとするサービスを『Bing』で提供しています。

見方によっては、検索はもちろん、AIでも世界をリードしてきたGoogleが後塵を拝したようにも見えます。

 

山本康正さんは
「GoogleのAI技術は、テックジャイアントの中で依然トップ群を走っている」と断言します。

 

「Microsoftは巨額を投じてOpenAIの力を借りましたが、GPTのTは『Transformer』のTです。

Transformerは2017年にGoogleが発表した、自然言語処理のための深層学習モデル。今のところこのモデルでは、学習をさせればさせるほど、つまり投資をすればするほど精度が上がるとされています。

その意味では、責任やしばりがある大企業より、調達した資金をダイレクトにつぎ込める、スタートアップのほうがやりやすい。ゆえに優秀なエンジニアが、テックジャイアンとからOpenAIのようなスタートアップに流れているのは事実です。

しかしGoogleは遅れているわけではない。政府対応もあり、慎重さが足枷になっている」

 

Googleが慎重になるのは、同社の屋台骨ともいえる広告事業が、生成AIによって
大きな岐路に立たされようとしているからだと、山本さんは言います。

 

同社の検索広告は、検索結果に関連するスポンサーのリンクを表示するなど、
ユーザーをサイトに送客することで成り立っています。

生成AIの回答から知りたいことがダイレクトにわかるようになれば、
ユーザーはそのソースであるサイトに、アクセスしなくなるかもしれません。

 

現在、『Search Labs』にて試験提供されている検索機能では、
生成AIがその答えをどのように導き出したのか、ソースとなったサイトが参照できるよう工夫されています。

また関連するスポンサーのリンクが最初に表示されるのも、従来の検索結果と同じです。

 

生成AIという新しい波と検索広告のビジネスをどう融合させるか。Googleは今、苦悩しているのではないかと思います。

彼らはこれまで、ユーザーが知りたいこと、その情報を提供するサイトをマッチングし、橋渡しをすることでビジネスをしてきた。独自のアルゴリズムで、マッチングの精度を高めてきた一方で、自分たちはマッチングをするだけで、その先の情報には関与しないというスタンスだったわけです。

生成AIではその線引きが崩れてしまう。苦悩しつつ、新しいビジネスを模索しているというのが現状ではないかと思います」

 


 

 

本誌では、さらに詳しくAIや広告ビジネスについて語られています。

また、Google純正の人気デバイスやGoogleマップとYouTubeなどについても特集しています。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2023

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。