【知られざる古代メキシコ呪術文明】アカンバロ『怪物』土偶は異星神信仰の遺物だった!

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

メキシコはグアナファト州郊外の街『アカンバロ』

こちらはオーパーツ『恐竜土偶』の産出地として著名ですが、
現地を訪れたムー旅一行は驚愕の事実を目の当たりにします。

そこには、恐竜土偶に勝るとも劣らない、謎の奇妙な遺物が大量に並んでいたのです!

 

今号のムーに掲載されている『知られざる古代メキシコ呪術文明』についてピックアップします。

 

アカンバロ『怪物』土偶は異星神信仰の遺物だった!

 

2023年7月8日。

こちらの記事の筆者・遠野そら氏は『ムー旅メキシコ』行程で、
メキシコ・グアナファト州南部に位置するアカンバロへと向かっていました。

そこにある『恐竜土偶』を取材するためです。

 

恐竜と人類の共存を示す常識を逸した文明の残像が世界のあちらこちらで見つかっていますが、
数量、クオリティともに最も謎めいた遺物が集まっているのが
アカンバロのヴァルデマール・ユルスルート博物館なのです。

 

 

首都メキシコシティから北西に約200キロ。

高速道路で3時間半かけて到着したのは、のどかな景色が広がる美しい田舎町。

 

目的のヴァルデマール・ユルスルート博物館は、町から少し離れた倉庫街の一角にありました。

発見者のユルスルートが生涯をかけて収集したアカンバロ土偶がここに展示されているのです。

 

われわれが訪れた日は平日にしても来館者は数名で閑散としていました。

日本では広く知られる恐竜土偶ですが、
わざわざここまで来るのは
「よほどのモノ好きしかいない」といいます。

 

おかげでこの日は貸切状態。

オーパーツ説も囁かれる土偶がこんな郊外でひっそり展示されていることにも驚きましたが
「自由に撮影してください」というありがたい申し出を受け、
展示室に入ると、すぐに膨大な数の恐竜土偶が目に飛び込んできました。

 

プレシオサウルス、ティラノサウルス、ステゴサウルス、プテラノドンを思わせる像が並んでおり、
同じ時代を生きているはずのないラクダやクマ、リャマ、猿、馬といった生物と並んでいます。

どれも見事に特徴を捉えており、現代を生きるわれわれが見ただけで“それ”とわかる再生力は、
想像だけではとうてい不可能なほど。

 

黄土色や赤茶色の素焼き風の粘土細工がほとんどですが、
南米ペルーのカブレラ・ストーンのように固く平たい石に彫刻したものや、
石を掘り出し作った石彫、また青緑色で表面が滑らかなものもあります。

大きさも5センチほどの小さいものから1メートルぐらいとさまざまです。

 

しかし、何より驚きだったのは、異形の怪物たち。

 

 

翼を大きく広げた犬顔のモンスターや、2本足のツチノコのような生物、尻尾が生えた獣人など、
実在した絶滅種なのか、魔除けや守護神のような神獣を模したのかはわかりませんが
恐竜ではなく、かといって既知の生物でもなく、
メキシコの古代文明の表現ともまた異質な
『怪物』としかいいようのない土偶が多く展示されていたのです。

 


 

記事の続きは、本誌にてお読みいただけます。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2023

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。