《美しい改良ベタ》日々改良・試行が進むキャンディカッパー

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

ドレスのようなヒレがとても優雅で美しいベタ

2022年に登場したニューカラーのキャンディカッパー

今年もじわじわと改良、試行が進み意欲的・魅力的な改良ベタが続々登場しています。

そこでアクアライフでは、気になる個体を厳選して紹介しています。

 

各品種にニューカラーが浸透

 

現在のタイの市場ではノーマルのキャンディよりもカッパーを乗せた個体の方が多い印象。

 

ニューカラーはプラカットから始まりハーフムーンなどその他の品種に波及していくのが常ですが
現状ではプラカットのクラウンテールなどマイナーな品種にもカッパーを乗せたキャンディが現れており、
幅広い品種にニューカラーの影響が及んでいることがわかります。

 

ニューカラーの移植初期はどうしてもカラーを取り込むことが最優先されることで
フォルムが今一つという個体が多いですが、

時間と共にフォルムのクオリティも上がってきます。

そこで今回は、フォルムが美しく、さらに特徴的なカラー表現を持つ魅力的な個体を中心にピックアップ。

 

フルムーン・キャンディ

 

 

ヒレを覆うキャンディカラーのマーブル模様が秀逸!

背ビレとしりビレも白く縁取られれば完全なトリバンドとなり、逆に尾ビレの縁取りがなければ素晴らしいバイカラーのようなパターンとなります。

とんでもないポテンシャルを秘めた個体です。

 

ハーフムーン・キャンディ

 

 

キャンディのハーフムーンではなかなか尾ビレの表現に満足のいく個体が少ないですが、
ご覧のようにこの個体はかなりのクオリティが高く全体のシルエットも美しい。

 

ハーフムーン・キャンディスカイブルー

 

 

メタリックなスカイブルーとキャンディカラーを融合させたおもしろい表現。

上の個体のようにキャンディでは濃いブルーのメタリックが被りやすいですが、
淡いブルーとの取り合わせは新鮮な印象を与えてくれます。

 

ハーフムーン・ファンシーマーブル

 

 

カラーは青と黄色のマスタードガスパターンですが、白が乗ることでカスタードガスが崩れて愛らしいマーブル表現に。

尾ビレが大きく美しいフォルムに仕上がっています。

 

ハーフムーン・キャンディ

 

 

キャンディーカラーのボディがパールホワイトに覆われるハーフムーン。

新しいパターンではありませんが、繊細で好印象。

腹ビレが黒一色なのもおもしろいです。

 


 

本誌ではさらに詳しくキャンディカッパーについて紹介しています。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2023

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。