《2023年のヒットは?》クリエイティブな作業を激変させるメガトレンド『生成系AI』

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

新型コロナの5類引き下げ決定で幕を開けた2023年。

#脱コロナ のムードが高まる一方で、物価上昇が消費意欲に水を差しました。

 

今年を象徴するトレンドとは何だったでしょうか?

DIMEでは、編集部員による分析とともに #ヒット商品 を一挙紹介!

今回はその中から『  #生成系AI 』をピックアップします。

 

クリエイティブな作業を激変させる
メガトレンド『生成系AI』

 

 

誰もがうなずくヒット商品が出にくくなった時代、
久々の場外ホームランとなったのが、
人の問いかけにAIが自然に答えてくれる #生成系AI です。

何といってもOpenAIが開発したチャット生成AI『 #ChatGPT 』がもたらしたインパクトはすごいものでした。

 

最大の魅力は誰もが使え、ユーザーが投げかけた質問や命令に、高精度に答えてくれること。

さらに業務書類の生成やビジネスのネタだし、大がかりな論文も手間なく作る有能ぶりを発揮します。

 

今年3月、生成精度が大幅にアップした『GPT-4』がリリースされると活用も本格化。

大手企業だけでなく、中央省庁まで積極的な活用を開始しました。

 

安全性や権利、倫理面などの問題もありますが、
この革命的な利便性を知るともう後戻りはできません。

 

史上最速でユーザー数1億人突破『 #ChatGPT 』

 

プログラマーが人気の火付け役に!

 

ChatGPTはプログラム生成を得意としています。

この有用性にいち早く気づいたプログラマーは、競うようにChatGPTと連携したアプリやサービスを開発。

LINEで友達登録をするだけでChatGPTを利用できるpiconの『AIチャットくん』は、
リリース2ヶ月で登録者数が150万人超。

 

1日あたりのユーザー数が1億人を突破『Bing』

 

『GPT-4』搭載で有用性が拡大!

 

今年2月に行ったアップデートでマイクロソフトが検索エンジン『Bing』『GPT-4』を搭載したことが話題に。

ChatGPTの弱点であるリアルタイムでの検索機能を有し、
ChatGPTと遜色ない文章生成能力を兼ね備えた、チャットAI搭載型の検索エンジンへと進化しました。

 

今年5月よりついに日本語に対応!

 

検索に誘導する仕組み作りが普及のカギ

 

『Bard』は、Google検索で用いる各Webサイトのコンテンツを認識・登録したインデックス情報を使って、
質問に対する回答を生成します。

言語モデルを『LaMDA』からパラメーターの数が2.5倍多い『PaLM』に置き換える計画が噂されており、
今後のアップデートに期待です。

 


 

 

本誌では他にもポケモンや野球など2023年にヒットしたモノ・話題が紹介されています!

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2023

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。