駒木根葵汰と最高のおむすびレッスン「5回握って完成するのがベター」

  • 更新日
  • 有効期限 2023.11.30

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。

 

新米で作るおむすびは格別の味わいですよね。

婦人画報では、農業高校出身で、授業で毎日田植えや稲刈りを経験したという俳優の駒木根葵汰さんが
今年初めての田植えに挑戦した料理研究家・松田美智子さんからおむすびの極意を教わっています。

 

新米で美味しいおむすびを作ろう

 

 

松田:今日は新米を『おむすび』で楽しむレッスンです。駒木根さんは普段、お料理はなさるんですか?

 

駒木根:はい。子どものころ、食べ物の好き嫌いが多くて自主的に料理をする習慣がつきまして、一人暮らしの現在も自炊しています。でも、なぜかおむすびはきちんと作ったことがありませんでした。

 

松田:教えがいがありますね(笑)。

今回使うのは、私が今年初めて田植えをお手伝いした滋賀県『うねの農園』さんのササニシキと夢ごこちを6対4でブレンドした無農薬の新米です。

まず、お米を研いで浸水させます。新米は普通のお米よりも水分を含んでいるので10分弱でOK。次に、水がうまく切れるよう、ざるに15分置き、お米の中心に水をしっかり浸透させます。新米では、時間がないときは浸水よりも“15分置く”ことを優先してください。

 

駒木根:おむすびということで、炊き方のコツなどはありますか?

 

松田:これは私流ではありますが、炊く前にグレープシードオイルを、お米2カップに対し大さじ1を回しかけます。お米の周りにオイルが馴染むので、時間が経ってもそれほど硬くなりません。お米の甘味や旨みも封じ込めてくれます。

 

駒木根:へえ!どんなオイルを使ってもいいのですか?

 

松田:味に影響しない無味無臭のものがいいですね。火加減はまず強火、蒸気が見えたらすぐ極小の弱火にします。炊き時間は約10分、蒸らしを約10分です。

 

駒木根:土鍋でご飯を炊くのも初めてなのですが、炊き上がりが早くていいですね。甘くていい香り!

 

松田:ほんとに!では、三角形の塩むすび、円盤型の梅干しと海苔結び、俵形の胡麻むすびを作ってみましょう。

どの形でも、上手なおむすびの条件は、お米がつぶれていないことと、時間が経ってもふっくらしていること。

1、2と数えて形を作り、3、4、5回で握って完成すると極上の仕上がりになります。

 

土鍋で新米を炊きましょう

 

 

(1)優しく研いできゅっと止める

 

猫の手のように手を少し丸めて。優しく、手首できゅっと止めるように、
米1カップにつき10回研ぎます。

白濁した水が透き通るまで水を流します。

 

(2)新米は普通より短い時間で浸水

 

ボウルにざるを重ね、たっぷりの水を張ります。

新米は水分が多いため、通常の浸水時間の10分よりやや短くてOK。

 

(3)ドーナツ状で、水切り効率がアップ

 

ざるの中央を空けておくと、水気が均等に切れ、
浸水でお米の表面から吸った水分が中心部に届くようになります。

 

(4)火加減は最大→沸騰→極小

 

水は通常と同量か少し多めに。

そして炊く前にオイルをひとさじ。

最初は強火で、3分程度で蒸気が上がったら極小の弱火に。

土鍋は蓄熱性が高く遠赤外線の効果もあり。

火が強いと焦げてしまうので注意。

 

(5)炊飯中、蓋を開けてもいいんです

 

鍋底と鍋上の温度が違うので、弱火にした直後、
蓋を開けて一度大きくしゃもじで混ぜておくと芯ができません。

再び蓋を閉じたら弱火で約7分で炊きあがります。

 

「よくご飯を炊くときは蓋を開けちゃいけない“赤子泣くまで蓋取るな”といいますが、それは蒸らしているときを指します」と松田さん。

約10分蒸らして完成です。

 

塩むすびを三角で作ってみましょう

 

(1)握りやすい量は人それぞれ

 

自分の手に対して小さすぎるとゆるくなり、
大きすぎるとぎゅうぎゅう握ってしまうことに。

手に収まる適量を見極めてボウルに取ります。

 

(2)熱々のご飯の熱はまな板で取る

 

炊きたてのご飯はそのまま手にのせると火傷してしまいます。

まな板の上に一度出して熱を冷ましましょう。

 

(3)手水を付けて、手塩にかけて

 

米粒がくっつかないよう、多すぎない程度の水を手に付け、塩はお好みの量で手に馴染ませます。

 

(4)1、2、3、4、5回で握って完成

 

片手を三角に、もう片方を受け手として固定。

5回で握って完成するのがベターですが、難しい場合は1、2、3、4で形を作り、
5、6、7で整えて、8回で極上を目指しましょう。

 

(5)美しいおむすびが完成しました

 

力を入れ過ぎず、優しく握ることで、きれいな三角形に仕上がります。

 


 

本誌では、梅干し入りのおむすびや黒胡麻たっぷりの俵おむすびの作り方なども紹介しています。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2023

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。