《DASSAI BLUE》NYに『獺祭』の蔵が完成!会長自ら移住し、陣頭指揮

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

2023年9月、ニューヨーク州に『獺祭』の蔵が完成しました。

GOETHEでは、アメリカに日本酒の新たなムーブメントを起こすべく誕生した
『DASSAI BLUE SAKE BREWERY』を訪れています。

 

新ブランド『DASSAI BLUE』
日本の獺祭を超えたい想い

 

「青は藍より出でて藍より青し」

 

この諺は藍で染めた青は原料の藍よりも青いことから、弟子が師を超えるたとえです。

 

2023年9月、アメリカ・ニューヨーク州にオープンした日本酒『獺祭』の酒蔵
『DASSAI BLUE SAKE BREWERY』

 

日本でつくられるオリジナルの『獺祭』を超えるものを目指すという想いから
新ブランドは『DASSAI BLUE』と名付けられました。

フルーティで、コクと深みが感じられる味わいは、早くも現地で人気を集めています。

 

「日本とは、水も違えば環境も違います。『獺祭』を基盤としながらも、また違った酒ができていくでしょう。ここで生まれた酒が、アメリカの地で発展していけば、それは『獺祭』を超えた新しい酒になるんです

 

ニューヨークに酒蔵を作り、新たな『獺祭』を生み出す。

このミッションのため、4月からアメリカに移住した旭酒造・桜井博志会長はそう語ります。

 

マンハッタンから130km、ハドソン川に沿って北上し、
ハイドパークより少し手前でクルマを止めれば、桜井氏がすべてを懸けるその蔵は見えてきます。

 

日本酒を本当の意味で国際化するには、海外でつくらなければいけないとずっと考えていました。

多くのアメリカ人にとって、日本酒はたまに日本食レストランに行った際に嗜む、ミステリアスな存在。まだまだ酒としては『よそ者』だと感じています。けれどこの地で日本酒をつくり、土地に根ざしたものにしていけば、もっとアメリカで愛されて、日本酒そのものが成長できるはず

 

麹をつくり、もろみを管理し、酒を搾る、設備は日本から運びこみ、蔵人も山口から呼び寄せたそう。

蔵内はまるで日本かと見紛うほど。

 

ニューヨークで作られる『獺祭』、味わってみたいですね。

 


 

本誌では世界で飲まれる日本のウイスキーについても紹介されています。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2023

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。