【疫病?超能力?】少女の左目からこぼれ落ちる小石の涙の正体とは

  • 更新日
  • 有効期限 2024.01.08

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。

 

目から次々と湧いてくる小石、瞳からあふれるダイヤモンド状の物質、
まぶたを埋めるかのような真っ白い粘膜。

ムーでは、現代医学でもいまだ解明できない目による謎の物質化現象を紹介しています。

 

少女の左目からこぼれ落ちる小石の涙

 

アメリカの人気ニュースサイトとして知られる『COAST TO COAST』(2021年9月30 日)が
『小石の涙を流す』15 歳の少女について報じました。

 

少女の名はチャンドニ

インド北部、ウッタル・プラデーシュ州カナウジに住んでいます。

 

家族によると、目から石が出るという異変が起きたのは2021年7月17日から。

それ以来、毎日10~15回もの小石の落涙が起こり、わずか2ヶ月間で計70個もの小石が収集されています。

 

 

公開されているビデオ映像で確認すると、チャンドニが左まぶたの小さなしこりを見せてから
母親が手でマッサージを行い、まぶたを押しあげると目じりから石が現れてポトリと落ちる様子がわかります。

またその後もすぐに、別の小石が現れては落ちます。

そして公開された動画を見た医師は、こう断言します。

 

「医学的にありえない現象だ」

 

暗にフェイクだといっているのでしょうが、チャンドニの家族は貧困のため、
彼女を医療専門家に診せることもできず、原因はつかめていないといいます。

 

ちなみにチャンドニは、朝6時ごろから目から出てくる石の除去作業を行い、
夕方までそれに没頭するといいます。

なぜか夜間には石は形成されないのです。

 

わずか2~3時間で両手いっぱいの小石が

 

同様の現象は、過去にイエメンでも起きていました。

2014年1月、大手メディアが報じたニュースでは、中東のイエメン共和国西部に暮らす12歳の少女に、
涙の代わりに小石が湧いて出てくるというのです。

 

少女の名はサディーア・サラ

健康状態は良好で病気知らずなので、医師らも家族にどう説明すればいいのか、困惑しているのだといいます。

 

公開されている動画では、石が出てくる様子をはじめ、彼女を診察する医師も登場しています。

 

 

また両手いっぱいになった小石が映しだされていますが、
これがわずか2~3時間で少女の目から排出された量だそう。

 

彼女について村人たちは、「悪魔がとりついた」「恐ろしい疫病が流行る前兆だ」などと噂しました。

一方、視覚および超能力と密接な関係がある、脳の松果体がおりなす神秘ではないかという説も浮上しましたが、
石が湧き出るメカニズムに関しては、医学的見地からの解明は難しいと結論されています。

 


 

本誌では他にも結晶化した涙を流す少女、ダイヤモンドのような涙を流す少女、綿花の涙を流す少女と
その奇妙な涙の原因について追究しています。

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。