《DIMEトレンド大賞》2023年の爆売れ商品を分析してわかった、ヒットの方程式

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

新型コロナの5類引き下げ決定から始まった2023年。

DIMEでは、世間をにぎわせたヒット商品・ヒットコンテンツを振り返り、
市場を席巻する商品はどう生まれたのか大分析。

そこから導かれた『ヒットの方程式』を一挙公開!

 

読者投票をもとにした編集部員による1次先行で、各部門3点ずつ部門賞を選出。

最終選考会では、選考委員4人が各部門の金賞、そして大賞を決定しました!

 

今回は、選考委員による評価の一部始終をピックアップします。

 

市場を席巻した商品を総ざらい!
4人が考えるヒットの背景

 

 

最終選考委員の4名はこの方々!

  • DIME編集長 石﨑寛明さん
  • タレント 山崎怜奈さん
  • 音楽クリエイター ヒャダインさん
  • 早稲田大学ビジネススクール教授 入山章栄さん

 

2023年11月上旬、最終選考会を小学館にて開催。

『ライフスタイル部門』『IT・ビジネス部門』『家電部門』
『食品部門』『エンタメ・カルチャー部門』の金賞を選出しました。

 

石﨑:『ライフスタイル部門』から選考したいと思います。部門賞は『chocoZAP』『VARON』『エスコンフィールド』。この中から金賞を決めていきます。

 

ヒャダイン:僕は『chocoZAP』ですね。24時間・365日通い放題で月3278円と、ジムの利用料としては安価で、しかも、普段着のまま通えることも新鮮でした。

 

山崎:着替えがいらないのは魅力ですね。会社帰りにパンプスで入れるジムはありませんでしたから。店舗も一気に増えましたね。

 

入山:2023年の初め、ライザップの瀬戸社長に、「夏には『エニタイムフィットネス』を抜きます」と聞いた時は、到底信じられませんでしたが、会員数で本当に抜いてしまうとは(笑)。無人化で人手がいらないので、1日に3~4軒開店した時期もあったそうです。

 

石﨑:すべてアプリで完結することで『無人=不安』から『無人=気軽』に置き換えたことも集客につながりました。

 

入山:“街の寄り合い所”にしたいというのが『chocoZAP』の戦略。激安で運動を習慣化するという狙いは、ライザップと真逆の発想です。ライザップの成功体験を引きずることなく経営の新たな柱を築きました。

 

石﨑:寄り合い所にしたいから、セルフエステやコワーキングスペースも追加したわけですね。

 

ヒャダイン:正直、エステや脱毛を始めた時、それはいらないのではと思いましたが(笑)。

サントリーウエルネスの『VARON』は、なじみのあるサントリーの商品で、シルバーと黒のおしゃれデザインが、「男がスキンケアなんて」と考える40代以上の男性に響いたと思います。

 

入山:ただ、トレンド大賞の選考として、これをサントリーではなく、例えば資生堂が作ったとして、目新しさがあるかが評価軸になるかと。

 

ヒャダイン:おっしゃるとおりですね。

対する『エスコンフィールド』は、うまくいった街づくりの見本。ほかも見習うべきだとは思いました。

 

山崎:観光、ショッピング、食事をひとまとめにして、野球ファン以外も球場に足を運べる楽しみを用意したのはとてもすてきですね。

 

入山:球場を中心に街をつくる発想はすばらしく、未来型です。

 

石﨑:いずれも、その分野の“ガチ勢以外”を取り込むことで、ヒットに結びつけたと言えそうですね。

 


 

本誌では、他ジャンルの選考会の様子もとりあげられ、
各ジャンルのDIMEトレンド大賞が発表されています!

 

フジサンタから ~あなたとあなたのみんなへ~
クリスマスプレゼントキャンペーン!

 

 

タイガー魔法瓶のコーヒーメーカーや、Vascoの音声翻訳機バルミューダのホットプレートなどが当たるチャンス!

上のバナーをタップし、『応募する』ボタンを押し、ログイン後にご希望のプレゼントを選択&応募してください。

新規で定期購読(一括払い・月額払い)をお申し込みの後に 「応募する」と抽選券が5倍に…!

 

<キャンペーン期間>
2023年12月14日(木)~2023年12月31日(日)

※応募はお一人様一回限りとさせていただきます。

ぜひご応募ください♪

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。