島田秀平がおすすめする2024年開運につながるスポット『龍に関連する神社』

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

来年を笑顔の年にしたいもの。

クロワッサンでは、2024年、特にお詣りするとよい神社仏閣、
行くべきパワースポットを島田秀平さんと訪ねています!

 

2024年は『龍に関連する神社』が開運スポット

 

全国の開運スポットを訪ねてきた芸人の島田秀平さんによると、
辰年に当たる2024年は、龍神を祀っていたり、龍の彫刻や天井画があったりと、
龍に関連する神社が開運スポットになるそう。

 

龍は機運上昇の象徴であり、干支の動物に触れると運が開けるといわれるからです。

プライベートでもよく参拝するふたつの神社を紹介してくれました。

 

馬橋稲荷神社/阿佐ヶ谷

 

 

龍の鳥居に願いごとを託すと、天に昇って届けてくれる

 

鎌倉時代末期の創建との言い伝えがある馬橋稲荷神社。

主神は宇迦之魂神(うかのみたまのかみ)大麻等能豆神(おおまとのづのかみ)で、
商売繁盛、家内安全、災難除けなど多岐にわたるご利益があります。

樹齢400年のヒバ材を使った一の鳥居を通ると、龍の彫刻が施された二の鳥居が現れました。

龍の巻いた鳥居は珍しく、東京ではおかに品川神社と高円寺内稲荷社のみのため、
東京3鳥居とも呼ばれています。

 

「芸人仲間がこの神社の近くに住んでいて、まさに昇り龍のごとき勢いで売れていったんです。この神社すごいっ!僕もあやかりたいっ!と思い、お詣りするようになりました」

 

お願い事をするのではなく、決意表明をして叶えよう!

 

昇り龍が天に願いを届け、降り龍がご利益を授けてくれると考えられている双龍。

祈りを捧げる際は、決意表明をするといい、と島田さん。

 

幸せになれますようにとお願いしても、神様にはその人にとって何が幸せなのかわかりませんよね。ですからどういう状態が幸せか自分で考えて目標をお伝えしたほうがいい。

たとえば、仕事が充実するように今年は新しいことに3つ挑戦しますから、どうか見守ってください。こんなふうに決意表明すると、願いも叶いやすいと思います」

 

境内には稲荷神社の使いとされるお狐様や、直径75cmと都内最大の開運鈴が吊るされた随神門も。

塵どころか落ち葉ひとつない掃き清められた空間で、心あらわれるひとときを過ごしてください。

 

小網神社/人形町

 

 

都内最強の運気で知られる
向拝の昇り龍・降り龍は強運厄除けのシンボル

 

島田さんが長年通い、『奇跡の強運神社』と呼んでいるのが小網神社です。

第2次世界大戦で東京の下町に破滅的な被害をもたらした東京大空襲では、
社殿を含む境内建物が奇跡的に戦災を免れました。

戦地へ赴く際、お守りを受けた氏子の出征兵士たちは、みな生還したといいます。

 

日本橋地区で唯一残った戦前からの木造社殿の向拝には、
昇り龍、降り龍のダイナミックな彫刻が施され、強運厄除けの象徴となっています。

 

向拝の双龍に強運を願い
銭洗弁天で金運アップ

 

「参拝時に龍を見上げれば、不思議とエネルギーを感じますし、きっといいことが起きると信じられるんですよ。

成功している人に話を聞くと、自分は運がいいってみなさん言います。日々の出来事をどう受け取るかは自分次第。新幹線で寝ようと思っていたのに、隣におしゃべりなおじさんが座って『あぁ、運が悪い』と不機嫌に過ごすのか、『お、ネタになりそうだ。運がいいぞ』と思うのか。

どちらがチャンスを掴めるのかは一目瞭然ですから、日頃から自分は運が強いと信じることが、強運になるために必要だと思っています」

 

小網神社の御祭神は倉稲魂神(うがのみたまのかみ)市杵島比賣神(いちきしまひめのかみ)
福禄寿様などで、商売繁盛や金運アップのご利益も。

社殿向かって左側には、弁天様とともに銭洗いの井があり、巳の日などには大変な行列に。

 

都内屈指のパワースポットにお詣りし、強運と金運を味方につけましょう。

 


 

 

本誌では、島田さん流の開運行動も紹介されています!

 

フジサンタから ~あなたとあなたのみんなへ~
クリスマスプレゼントキャンペーン!

 

 

タイガー魔法瓶のコーヒーメーカーや、Vascoの音声翻訳機バルミューダのホットプレートなどが当たるチャンス!

上のバナーをタップし、『応募する』ボタンを押し、ログイン後にご希望のプレゼントを選択&応募してください。

新規で定期購読(一括払い・月額払い)をお申し込みの後に 「応募する」と抽選券が5倍に…!

 

<キャンペーン期間>
2023年12月14日(木)~2023年12月31日(日)

※応募はお一人様一回限りとさせていただきます。

ぜひご応募ください♪

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。