《最上級主義》世界一のペントハウスから眺める世界一贅沢な眺望

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

『男たるもの常に最上を求めるべきだ』

 

GOETHEではこのスローガンを掲げ、2022年以来、毎年恒例で『最上級』をテーマに特集していました。

 

最上級とは何か?

その答えは、決して価格で測れるものではなく、人それぞれの思いであり、
熱狂し、偏愛する度合いの強さである、とGOETHEは考えます。

 

人生を変えるような物や経験を徹底的に求め続ける姿勢こそ『最上級』なのです。

 

今号では、経営者の人生で出会って最上の時を感じたものから、
弩級のペントハウスに日用的な砥石などGOETHEが独断と偏見で選んだもの、
目利きによる音楽・本・映画・漫画までを特集しています。

その中から今回は、GOETHEが選んだベスト・オブ・ベスト『最上級コレクション』より
ニューヨーク、セントラルパークタワーのペントハウスを紹介します。

 

世界一の自宅から眺める世界一贅沢な眺望

 

 

なにごとにおいても、『世界一』という称号には、人を惹きつけてやまない魅力があります。

誰もが子どもの頃に、それを手にすることを夢見たことでしょう。

 

しかしスポーツ競技の世界一は、必ずしも努力だけで掴み取れるものではありません。

ただそれが、例えばお金で買えるようなものであれば、一気に話は現実的になってくるのではないでしょうか。

 

ニューヨークの世界一高い住宅用ビル
最上階の特別なペントハウス

 

ニューヨークの世界一高い住宅用ビルの最上階にある特別なペントハウスが、
アメリカで最も高価な住宅として1億9500万ドル(約286億円)で販売されています。

物件はセントラルパーク南側に位置する『ビリオネアーズ・ロウ(億万長者通り)』に建ち、
1630平方メートルもの居住空間を有する3階建てのペントハウスには、
巨大なボールルームやグランドサロンなどに加え、
7つのベッドルーム、8つのバスルーム、3つのパウダールームを備えています。

 

この物件を購入するだけでも、それこそ世界的な名声を手に入れることになるでしょう。

 

ペントハウスのオーナーが使える施設も多数

 

ペントハウスのオーナーは、3層構造の居住空間とは別に、タワー内のさまざまな施設を利用可能。

その一部には、複数のプライベートラウンジや、プライベートクラブ、映画館、
ジム、バスケットボールコート、屋内外のプール、居住者専用の公園などがあります。

 

世界一というだけある眺め

 

地上430メートルの高さにあるペントハウスからの眺めは、肉眼でも地球の丸さを実感できるほど。

セントラルパークの緑が目に優しいです。

 

また、8つもあるバスルームからは、それぞれ異なる景色が楽しめます。

この夜景を眺めながらの長風呂なら、何時間でも楽しめそう。

 


 

本誌では、ペントハウスだけでなく、他にもさまざまな『最上級』を紹介しています。

 

フジサンタから ~あなたとあなたのみんなへ~
クリスマスプレゼントキャンペーン!

 

 

タイガー魔法瓶のコーヒーメーカーや、Vascoの音声翻訳機バルミューダのホットプレートなどが当たるチャンス!

上のバナーをタップし、『応募する』ボタンを押し、ログイン後にご希望のプレゼントを選択&応募してください。

新規で定期購読(一括払い・月額払い)をお申し込みの後に 「応募する」と抽選券が5倍に…!

 

<キャンペーン期間>
2023年12月14日(木)~2023年12月31日(日)

※応募はお一人様一回限りとさせていただきます。

ぜひご応募ください♪

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。