ワイン町長・齋藤啓輔が描く北海道の未来『ワインで一点突破』

  • 更新日
  • 有効期限 2024.02.02

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。

 

北海道余市町。

 

人口2万人に満たない町が大きく変わろうとしています。

2018年、町長に当選を果たした齋藤啓輔氏ワインを戦略物資として捉え、海外に照準を合わせた政策で、
世界へと歩みを進めています。

齋藤氏が見据える未来には、小さな町のジャイアントキリングが描かれています。

 

GOETHEでは、ワイン町長』こと齋藤啓輔町長が描く北海道の未来を特集しています。

 

ワインは余市町を活性化させる
最大で最強で唯一無二の武器

 

 

小高い丘の緩やかな斜面を歩く。

10月半ばになると冬の気配が漂い始める北の大地も、
この日は穏やかな陽の光が葡萄畑に降り注ぎ、
朝露に濡れた地面が光ります。

齋藤町長は羽織っていたジャケットを脱いでTシャツ姿になると、一面に広がる葡萄棚の中へと姿を消しました。

 

北海道余市町にとって、10月はワイン葡萄の収穫期。

町内に点在する16のワイナリーは慌ただしい時間を過ごします。

この日、齋藤町長が尋ねた平川ワイナリーも御多分に漏れず、収穫の真っ只中。

 

広大な葡萄畑では、あちこちでボランティアの面々が熱心に葡萄をもぎ取っています。

齋藤町長の姿を見つけた醸造家の平川敦雄氏も、挨拶がわりに軽く右手を上げると「後ほどに!」と言って
笑顔で彼方へ駆けていきます。

小春日和は、収穫日和でもあるのです。

 

齋藤町長は葡萄棚の間隙にしゃがみこんで、
目の前の完熟した果実をもぎってはコンテナの中へと仕舞う作業を繰り返しています。

 

「2022年は当たり年ですよ、きっと」

 

嬉しそうに齋藤町長がつぶやきます。

 

『ワインは余市町を活性化させる最大で最強で唯一無二の武器』、齋藤町長がそう発信し続けて4年。

『余市=ワインの街』の萌芽は開花の季節を迎えようとしています。

 

ワインで一点突破
その先にある未来

 

 

2018年、36歳の時、齋藤町長は北海道余市町の町長に就任。

「縁も所縁もなかった土地ですよ」と笑います。

 

生まれたのは北海道の北東に位置する紋別市渚滑

余市からは300km離れたオホーツク海に面する小さな町で、少年期を過ごしました。

 

「町には同じ世代の子どもが10人くらいしかいなくて、僕は誰とも話が合わなかった。早くここから出たい。ずっとそう思って暮らしていました。もっと言えば、北海道から飛び出したいという思いを持っていました」

 

義務教育を終えると齋藤町長は故郷を離れます。

函館ラ・サール高校で寮生活を送り、高校卒業後は早稲田大学への進学を機に、東京へと居を移しました。

「早くここから出たい」という思いを15歳の時に、「北海道から飛び出したい」という願いを18歳でかなえました。

 

「自分で決めたことは、どんな些細なことでも実現に向けて突き進んでいく。そんな性分なんですよね。子どもの頃から、ずっと変わらないです」

 

今、齋藤町長が突き進んでいる先に見える景色は、『余市町の未来』です。

 

ワイン、ワイン、ワインと言い続けているのは、この町の未来を明るくするためです。10年先、20年先、もっと先を考えた時に、きちんとした像が思い描けない町にはしたくない。子どもたちが希望を持てる町じゃなければいけない。魅力のない町だったら、人は出ていくしかないわけです。

余市はそんな町じゃないでしょ、こんなにポテンシャルのある素敵な町ですよ、だからワインで一点突破しましょう。ずっとそう言ってますね」

 

そもそも余市町は、齋藤町長が町長の職に就く7年前にワイン特区の認定を受けている、北海道初のワイン特区でした。

ワイン葡萄の産地として長きにわたって国内のワインメーカーに良質な葡萄を提供し続けてきたものの、
当時、町内にワイナリーはふたつしかなく、盛り上がっているとは言い難いものでした。

 

2014年にNHK連続テレビ小説『マッサン』がスタートしたこともあり、
どちらかと言えば、ウイスキーの町としての顔が前面に出ていた時期でもありました。

 

「あの当時、戦略も政策もないなかで、町にワイナリーが増えた要因として特区の成果はもちろんあります。でもそれ以上に、ドメーヌ タカヒコの存在が大きい。

僕自身も曽我さんが余市にいなければ、大きな旗を振れなかったかもしれないし、マーケティングやブランディングの方法も変わっていたと思います」

 


 

本誌では、曽我貴彦氏のことや、齋藤町長のインタビューの続きもお読みいただけます。

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。