『ペットと隣の席で一緒に搭乗できる飛行機』スターフライヤーにて全路線・全便がサービス対象に!

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

ペットを飼う方にとって、空の旅はハードルが高いもの。

それはペットが飛行機に乗る場合、飼い主の目が届かない貨物室に預けなければならず、
到着空港まで離ればなれになってしまうからです。

 

しかしそんな不安を和らげることができるのが、ペットと一緒にキャビンに搭乗できる
スターフライヤーの『FLY WITH PET!』です。

1月15日からは羽田~北九州線だけでなく、同社の全路線・全便がサービス対象となりました。

 

航空旅行では、スターフライヤー『FLY WITH PET!』を細かく紹介しています。

 

ペットが隣にいる安心感

 

かわいいペットと一緒に旅をしたい。

 

そう思っても、これはなかなか大変です。

自宅から目的地までの移動手段をはじめ、レストランホテルもペット可のところでなくてはならず、
出発前のリサーチに苦労している飼い主は少なくないでしょう。

 

移動で飛行機を使う場合も、ペットを同乗させることはできますが、
受託手荷物と同じ扱いになってしまうので、チェックインカウンターで預けた後は
到着空港のバゲージクレームまで離れ離れです。

貨物室は温度調節され、エアラインのスタッフも丁寧に取り扱ってくれるはずですが、
目の届かない場所に預けるのは、多くの飼い主にとってストレスに違いありません。

 

その点、スターフライヤーの『フライ・ウィズ・ペット』は、そんな不安を軽減してくれるサービスです。

 

直接抱き上げたり、餌を与えたりすることはできませんが、自席の横にケージを置いておけるので
貨物室に預けられる通常のペット輸送からすると安心感は天と地ほどの差があるでしょう。

 

とはいえ、実際のところはどうなのでしょうか?

本誌では、カニンヘンダックスフンドのティノくんと、飼い主の高村さんによる
羽田~北九州線の旅とともに紹介。

 

ウェブで予約し電話でも確認

 

今回の記事では、搭乗者が人ではないので、予約するところから解説しています。

 

スターフライヤーのホームページにある『空港・チェックイン』をクリック、
『ペット』を選択すると、そのトップに『フライ・ウィズ・ペット』のバナーが現れます。

さらに『詳しくはこちら』をクリックすると、
『フライ・ウィズ・ペット』のサービスの出発から到着までの流れや詳細が出てくるので、
まずはここをしっかり読みましょう。

 

 

予約はこの画面にある指示に従って進めていけばOKですが、
『フライ・ウィズ・ペット』の対象となるのは長さ50cm×横40cm×高さ40cm程度のケージに入る小型犬と猫です。

また混合ワクチン(3種以上)と、犬の場合は狂犬病予防ワクチンも接種済みであることが
搭乗の条件となってきます。

 

予約が進むと、スターフライヤーのコールセンターから電話がかかってきます。

改めて予約内容の確認が行われますが、もし疑問に思うことがあれば、ここで直接質問もできます。

 


 

この先の『FLY WITH PET!』の詳細については本誌にてご覧いただけます。

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。