【中東のノストラダムス】有名な予言者ミシェル・ハーイクによる2024年に起こること

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

 

『中東のノストラダムス』と呼ばれるミシェル・ハーイク氏が今年も2024年の出来事を予言しました。

はたして今回は何が語られたのでしょうか。

ムーでは、その詳細を掲載しています。

 

世界の未来を毎年予言し続ける男

 

2023年12月31日、レバノンのテレビにまたあの男、ミシェル・ハーイク氏が姿を見せました。

ハーイクは『中東のノストラダムス』とも異名をとる有名な預言者で、
毎年大晦日に限ってレバノンのテレビ画面に登場し、翌年の出来事を予言するのが常です。

 

さながらNHKの紅白歌合戦のごとく、レバノンでは彼の予言を放映する番組が、
今や年末の風物詩ともなっています。

ハーイクの名はレバノンだけではなく、他のアラブ諸国にも知れ渡っており、
予言が公開されると周辺諸国のメディアがこぞってその内容を報道します。

 

彼の予言のやり方は、事前にメモした数百もの項目を
テレビカメラの前で1時間以上にわたって読みあげるというものですが、
なかには単なる単語の羅列のような内容で、にわかには判然としないものもあります。

 

しかしいざ事件が起きてみると、彼の言葉がかなり正確であったと判明することも多いです。

過去にはこんなに多くの事件を予言し、的中させました。

 

  • 1985年 スペースシャトル・チャレンジャー号の事故
  • 1995年 ダイアナ妃死亡
  • 1999年 トルコでのイズミット地震
  • 2019年 新型コロナウイルスの発生
  • 2021年 アメリカで起きた連邦議会議事堂乱入事件
  • 2022年 ロシアによるウクライナ侵攻
  • 2023年 アルツハイマー病の治療薬の開発

 

ハーイクは今回も、レバノンのテレビ局MTVに登場し、
1時間以上にわたって
レバノンや中東諸国、さらには世界の他の地域で予想される出来事について
約400もの予言を列挙しました。

とてもその全部をとりあげるわけにはいきませんが、
中東のメディアや公開された動画に従い、
注目されるものを紹介します。

 

報復によって始まったイスラエルのガザ侵攻

 

ハーイクの予言はその大部分、具体的には300件以上が、彼の母国レバノンをはじめとする中東諸国に関わるものです。

その中東では年が明けた今でも、イスラエルによるガザ侵攻が継続中です。

 

昨年10月7日、ユダヤ教の律法の祭典であるシムハット・トーラーの祝日にあわせ、
パレスチナ自治区の一部、ガザ地区を実力で支配している武装勢力ハマスが
イスラエルに対する大規模な攻撃を決行しました。

 

ハマスの軍事組織は、計5000発ともいわれる大量のロケット砲をイスラエル領内に発射しただけでなく、
ガザとイスラエル領を隔てる壁を一部破壊、さらには複数の国境検問所を攻撃するなどしてイスラエル国内に侵入。

祝日で浮かれていたイスラエルのいくつもの集落を襲撃して、婦女子を含む1400人以上を無差別に殺害、
外国人を含む約240人を人質として連れ去りました。

 

イスラエルはただちに、大規模な反撃を開始しました。

 

もともとイスラエルという国は、自国の生存が脅かされると極端なまでに神経質な反応を示します。

ハマスは過去にも何度か、ガザからイスラエルに攻撃をしかけたことがあります。

これに対しイスラエルは、常に過剰ともいえる反撃を行い、
自国の被害者の数十倍にも及ぶパレスチナ住民の命を奪ってきました。

 

たとえば2008年のガザ侵攻では、イスラエル軍の死者13人に対し、
パレスチナ側には1300人以上の犠牲者が出ています。

このときイスラエルはハマスの攻撃に対し、100倍返しの強烈な報復を行なったのです。

 

今回の1400人もの死者数は、アラブ側の奇襲を許した1973年の第4次中東戦争に次ぐ
多大なものであるので、イスラエル国民の反応も過激です。

今回の惨劇に対し、イスラエルは即座に戦時内閣を結成、
ハマスの排除を目的としてガザへの大規模な空爆を開始、地上侵攻にも乗り出しました。

 


 

ミシェル・ハーイク氏による予言の内容はぜひ本誌にてご覧ください。

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。